当サイトでは運営上、記事内に各種広告を含んでおります。

三井住友「Vポイント」からANAマイルへの交換方法・移行レートまとめ。

スポンサーリンク

三井住友カードのVポイントからANAマイルへの交換方法や交換レートがけっこう複雑なので総整理!ANA VISA/Masterカード保有者や、三井住友カードNL保有者は必読!

すけすけ
どうも、陸マイラーを始めて約20年、このブログを2016年から運営している「すけすけ」です。マイル・ポイント・クレジットの情報を日々提供しているのが当サイト「すけすけのマイル乞食」です。

今回の記事ではANA VISAカード・ANA Masterカード・三井住友カードNLなどの三井住友カード保有者が保有しているVポイントをANAマイルに交換する交換レートなどを総まとめします!

ANA VISAカードやANA Masterカードといった三井住友発行のカードを保有している方は三井住友のアカウント内にVポイントが貯まっていると思います。このVポイントですが、ANAマイルに交換する際の交換レートがけっこう複雑で、保有してカードの状況により、

  • 1ポイント=3マイル
  • 1ポイント=2マイル
  • 1ポイント=1マイル
  • 1ポイント=0.6マイル
  • 1ポイント=0.5マイル

などなどがあります。複雑ですよね・・・。ということで、この記事ではVポイントをANAマイルに交換する際の交換レートを総まとめします。

最大限お得にANAマイルに交換するために必読ですよ!!まずは記事の前半でANAマイル以外に交換する方法を紹介します。その後、ANAマイルへの交換方法を総整理します。

 

三井住友Vポイントからの各種ポイントの交換レートが1ポイント=0.8円が基本。

三井住友カードが採用しているポイントプログラムは「Vポイント」ですが、VポイントはANAマイル以外にも各種ポイントに交換が可能となっています。

  • dポイント
  • Pontaポイント
  • 楽天ポイント
  • nanacoポイント

などなど主要ポイントに交換が可能なのですが、ここで注意しておきたいのは、1ポイント=0.8円相当の交換になるので、交換レート80%となってしまい、お得度がかなり低いんですよ・・・・。ここは要注意です。

 

では、1ポイント=1円で利用する方法があるのかというと、実はあります。

三井住友Vポイントを1ポイント=1円で充当・キャシュバックが可能、Vポイントアプリにもチャージ可能。

1ポイント=0.8円は損なので、せめて1ポイント=1円で利用したい!という方もいると思うのですが、Vポイントは非常に簡単に1ポイント=1円で利用できます。

上記のようにカードの利用分に充当・キャッシュバックをするという方法があり、この方法で1ポイント=1円で利用が可能です。

 

また、

Vポイントアプリにも1ポイント=1円でチャージすることができ、アプリ内にはVポイントアプリにチャージしたマネーを利用するためのカード番号が記載されており、そのカード番号でネットショッピングなどが可能となります。この方法でも1ポイント=1円で利用は可能です。

 

三井住友Vポイントを1ポイント=1円でTポイントには交換ができる!

先ほど、ポイントへの交換は0.8円になるので損ですよと書きましたが、1つ例外があります。

2024年春にVポイントとTポイントがついに統合!新Vポイントに一本化!」という記事でも書きましたが、2024年春にVポイントとTポイントは統合されます。その統合の過程において、各種ポイントに交換する際は交換レート80%が基本でしたが、Tポイントに関しては1:1(1ポイント=1ポイント)で交換できるようになっています(2023/10より)。

ちょっと嬉しいですよね。この話は、後程また登場します。


スポンサーリンク



 

三井住友VポイントからのANAマイル交換レートは1ポイント=0.5マイル・0.6マイル・1マイル・2マイル・3マイルと複雑なので、わかりやすく解説!!!

ここからは肝心のVポイントからANAマイルへの交換レートがどうなっているのか整理しておきます。

まずはANAカード保有者(ANA VISAカード・ANA Masterカード)の話です。ANA VISA/Masterカードの保有者は、ANA提携カードということもあり、ANAマイルへの交換レートが超優遇されます。ANA VISA/Masterカードでショッピングをすると、200円=1ポイントのVポイントが貯まりますが(自動移行の人はVポイントが直接ANAマイルに交換されます)、そのANA VISA/Masterカードで貯めたVポイントに関しては、

  • 1倍コース:1ポイント=1マイル(ANA一般カード)
  • 2倍コース:1ポイント=2マイル(ANAゴールドカードおよびANA一般カードで2マイルコースに加入)
  • 3倍コース:1ポイント=3マイル(ANA VISAプラチナプレミアムカードのみの特典)

という超高レートで、ANAマイルに移行が可能になっています。先ほども説明しましたが、Vポイントは、1ポイント=0.8円や1円で各種ポイントに交換して利用できるものですが、そのVポイントがANAマイルに交換する際には1ポイント=1マイル~3マイルでマイル交換ができるということなので、いかに優遇されているのかがわかりますよね。これが、ANAマイラーの中でANAカードが人気の理由です。Vポイントは200円=1ポイントたまるので、還元率0.5%ですが、ANAマイルに交換すると、マイル還元率は

  • 1倍コース:1ポイント=1マイルなら0.5%還元
  • 2倍コース:1ポイント=2マイルなら1%還元
  • 3倍コース:1ポイント=3マイルなら1.5%還元

となります。ANA VISAプラチナプレミアムカードは年会費が8万円オーバーという高額なクレジットカードだけあり、さすがにマイル還元率が高いですね。

 

では、次にANAカード以外の三井住友カード(三井住友カードNLや三井住友ビジネスオナーズなど)で貯めたVポイントをANAマイルに交換する際に交換レートをチェックしておきましょう。これは優遇が一切ないので、

Vポイントは1ポイント=0.5マイルでのマイル交換となっています。やはり、ANAカードの優遇がすごいことがよくわかりますよね。

 

そして、少し話がややこしいのですが、ANA VISA/Masterカードを保有していても、ショッピング利用ではない分で貯まるVポイントもあったりするんです。

自分のVポイントの残高を確認すると、ANAマイレージ移行可能ポイントというのが12,432ポイントあります。これは自分の場合にはANAゴールドカードの分は1ポイント=2マイルでANAマイルに移行できます。が、合計Vポイントは15,674ポイントになっており、ANAカードで貯めたわけではないVポイントも3,242ポイントあります(通常Vポイントと呼ばれます)。このポイントは何で貯めてポイントなのかというと、

  • ANAカード以外の三井住友カードNLなどで貯めた分
  • 各種ポイントサイトなどから移行してきた分
  • 各種キャンペーンで付与された分
  • SBI証券の投資信託積立分(ANAカードで積立をしてもANAカード移行可能ポイントには集計されません)

などがあります。これらは、ANAマイルに移行する際には、1ポイント=1マイル・2マイル・3マイルで移行はできないようになっています。では、通常の三井住友カードのように1ポイント=0.5マイルなのかというと、それも違っており

少しだけですが、ANAカード保有者には優遇があり、通常VポイントもANAカードを保有している方は1ポイント=0.6マイルでANAマイルに移行できるんですよ!!

 

以上が、三井住友のVポイントをANAマイルに交換する際の基本となります。

  • ANAカードの決済で貯めたポイントは1ポイント=1マイルか2マイルか3マイル(保有しているANAカードのランクによる)
  • ANAカードの決済以外で貯めたポイントは1ポイント=0.5マイルか0.6マイル(ANAカード保有者は0.6マイル)

ということでANA VISA/MasterカードがANAマイルを貯める上でかなり優遇されているのがわかりますよね。やはり、ANAカードはANAマイルを貯める上では非常にいいカードです。

【2024/2版】「ANA VISAカード」新規入会キャンペーン&ポイントサイトでのお得な入会方法まとめ。

2023-07-07

【2024/2】ANAマスターカードの新規入会キャンペーン&ポイントサイトまとめ。

2023-05-28

 

通常Vポイントを1ポイント=0.6マイルではなく、0.7マイルにする技もある!!!!

最後におまけとなるも紹介しておきましょう。この方法を知っておくと、通常Vポイントを1ポイント=0.6マイルではなく、0.7マイルでANAマイルにすることも可能なんですよ。

ここで重要になるのが、最初に紹介したTポイントへの交換です。

Vポイントは、Tポイントには1ポイント=1ポイントの1:1で交換できるようになりました。ここまで書くと、ANAマイルに精通した陸マイラーの方なら、どうすれば最大限お得なのかわかるかもしれません。Vポイントを一旦Tポイントに交換して、TポイントからANAマイルにすればいいです。が、TポイントからANAマイルのへ交換は基本は2ポイント=1マイルの交換レート50%なので、お得ではないのですが、実は交換レート70%になる技がありますよね!!!

それが「みずほルート」ってやつですね。

少し複雑な方法で、JQ CARDセゾンとみずほマイレージクラブカード/ANAという2枚のカードが必要になるのですが、この2つのカードがあればTポイントは交換レート70%でANAマイルにできるんです。通常Vポイントは、みずほルートが利用できる方は利用してANAマイルにするのが一番お得ということになります。みずほルートはポイントサイトのポイントを最高レートでANAマイルに交換するために利用する重要な方法なので、まだ知らない方は是非チェックしておきましょうね!!

「みずほルート」とは。ANAマイル交換レートが70%となる「みずほマイレージクラブカード/ANA」の特典・メリットは大きい。

2021-05-29

 

ということで、このブログでは今後も様々なマイル関連情報を紹介していきます。是非、ANAマイル貯めて特典航空券で旅行楽しんでくださいね!!!

【徹底解説】陸マイラーのANAマイルの貯め方を大公開!陸マイラーを始めたい人はこれを読め!!

2022-03-29

 

おすすめ関連記事

26 件のコメント

  • はじめまして。詳細情報ありがとうございます。
    ANAマイルへの移行について教えていただきたいのですが。

    ●三井住友カード発行のANAカードを保有していると、
    「ANAマイル移行可能ポイント」が1P=1マイル以上になり、
    カードの種類(一般・ゴールド等)により、そのマイル数が異なる。

    ということは理解したのですが、これらは、ANAカードが家族カードの場合でも可能でしょうか?

    • 修行の修行中さん
      ご質問ですが、ちょっと意図がわからずに何を答えればいいのかわかっておらず、具体的にどうしたいのか教えていただけますでしょうか。
      家族カードというものは、本人カードの付属品なので、家族カードを利用した場合でもポイントは家族に付与されるわけではなく、あくまで本会員にポイントは付与されます。

      • ご返信有難うございます。非常に初歩的な質問で恐縮です。

        以前投稿させて頂いた質問は、VポイントをANAマイレージに移行する際、
        家族カードのANAカード保有者でも1マイル以上に移行可能なのでしょうか?
        ということをお聞きしたかったのです。

        Vポイント交換できるのが本会員のみなのでしたら、家族でも各々が本会員として
        ANAカードを保有したほうが良いのでしょうか。

        • 修行の修行中さん
          自分の認識ですと、家族会員はVポイントを保有していないような気がします。カード利用分のポイントは全て本会員に付与されるので、家族会員にはポイントがないという認識です。

          • なるほど、そもそも家族会員にはVポイントが付与されないのですね。
            (本会員に付与される為)

            ご返信有難うございました!

  • すけすけ様
    ANAカードを保有者は一般ポイントを1ポイントをANAの0.6マイルに移行が継続されるのですね?
    ちなみにANAカードを所有し三井住友NLカードでコンビニやマクドでタッチ決済すると5%分一般ポイントがもらえるので200円利用で10ポイント=6マイルとなりANAプレミアムカードより還元率が高くなるので使い分けてみます

    • タピオさん
      はい、4/1になったので、サイトで確認したところ0.6のままでした。
      5%還元が使えるところは大きいですよね!

  • いつもお世話になっております。
    とてもとても基本的な質問ですが、通常ポイントのVポイント以外のポイントがあるのでしょうか?
    例えばVポイントが80000ポイントあると表示されている場合、単純にその全てがVポイントだという解釈で大丈夫ですか?
    すいません、この改悪にあたって交換を急ごうと思っているのですが、ワールドプレゼントポイントからVポイントに変更されて以来、ついていけていないもので。。。

    • マッチャーさん
      ANAマイルに2マイルで移行できるANAカードのVポイントと、ANAマイルには0.6マイルでしか移行できない通常ポイントがあります。
      どちらなのか確認の上、移行してください。VpassからANAマイルに移行する画面を見れば、おちらが何ポイントあるのかわかると思います。

  • すけすけ先生
    いつも有難うございます。レート改悪に際して、通常ポイントは3/31までに交換しておいた方がよさそうということですね。
    Vポイントの交換について、ANA WIDE GOLD所持なのですが、3/31までに通常ポイントのみをマイレージ移行させておけばとりあえずその分は改悪の影響を受けないという理解で間違っていないでしょうか。Vポイント残高画面の下段に表示されている「内 ANAマイル移行可能ポイント合計」の分は4/1移行も今現在と同レート(2倍コース)で交換可能ですよね?
    長々すみません。よろしくお願いします。

    • まりこさん
      はい、1ポイント=2マイルで移行できるANAカード専用ポイントは問題ありません。
      通常の1ポイント=0.6マイルで移行できるポイントですが、こちらも噂だとANAカード保有者はそのままの可能性もあるという話もありまして、4月にならないと正確なところがわからないのですが、3/31までにANAマイルに移行しておくのが一番確実かなとは思っております。

      • 公式にメールで問い合わせをしてみましたところ、ANAカードの場合は4/1以降も通常ポイントのレートは0.6マイルのままだそうですよ!

        いつもお世話になってるので情報提供させていただきますm(._.)m

        • まりこさん
          はい、自分も聞きました。
          オペレーターの言うことがコロコロ変わることがよくあるので、、、、気になっているところです。

          • なんと…!そうなんですね…それは困りますね…。
            ありがとうございます。。

      • お返事ありがとうございます!!
        4月以降もそのままだとありがたいですね…
        とりあえず移行しちゃいます!

  • 改悪に驚きました。まとめありがとうございます。現在マイ・ペイすリボも利用して、ANA VISA GOLD利用しているのですが、ANAのマイルを引き続き貯めたい場合、カード乗り換えた方がいいでしょうか?足元で海外に行けなくなりましたが、買い物は年間500万円くらい利用します。

    • まゆねーずさん
      ANAカードを持っている場合には、今まで通り1ポイント=0.6マイルになるという噂もあり、また4月に確定しましたら、情報UPさせていただきますが、そのが正確にわかってから判断でいいかなと思います!

      • 早速のお返事ありがとうございます。4月以降のアップデートお待ちしております。

  • すけすけ様

    こんにちは。
    いつも有益情報をありがとうございます。
    Vポイントの20%増量キャンペーンが行われていますが、ANAVISAで貯まっていたポイントがあり、ANAかソラシドへ移行しようと思ってます。
    ワールドプレゼンからVポイントにかわったからか、何ポイントがANAVISAで溜まったポイントか分からなくなりました。
    増量キャンペーンより、マイル移行した方が良いと思っているので、3点質問です。
    1、ANAVISAで溜まったポイントの見分け方はご存じでしゃうか?
    2、増量キャンペーンよりマイルに交換した方が、まだお得でしょうか?
    3、2021年4月には改悪してしまうので、まだソラシドカード作成していないので、急いで作成しようと思いますが、ソラシドも改悪になっていますか?

    他のブログも拝見しましたが、質問に該当するものが見付けられず、長々と質問してしまい、すみません。

    • mcmさん
      1、ログイン後に確認できます。ANAマイルに1マイルか2マイルで移行できるので、その移行画面に行くと、何ポイントがANAカードからANAマイルに移行できる分なのか表示されます。
      2,基本的にはANAカード分のポイントに関しては、マイルの方がお得です。20%増量で1ポイント=1.2円ですが、マイルの場合には1ポイント=2マイル=2円相当の楽天ポイントやTポイントとなります。通常ポイントに関しては、20%増量でもいいと思います。
      3,ソラシドに関しては移行レートは特別な変更は発表されていません。

      • すけすけ様

        早速にご返信ありがとうございます!
        mileとポイント移行、それぞれ分けて行います!
        ソラシドは、どちらにしても早めに移行しようと思います
        (^_^)

  • いつも楽しく拝見してます
    VISA プラチナでそこそこたまってますが
    この微妙な改悪でカードを変えてもいいかと
    悩んでおります。
    スケスケさんならどのカードで攻めますか?
    新規でマイル貰うのか
    このままプラチナで、またまたダイヤを目指すのか
    JALも行っちゃうのか悩みます。

    • 万太郎さん
      プラチナは相対的に、一番影響が少ない(元々年間ステージボーナス対象外で、基本マイルが1.5マイルと多い)ので、今後プラチナにする人が増えるかもしれないなと個人的には思ったりしています。
      自分は、SPGアメックスをメインにしながら、ANA VISAゴールドをサブという今年と変わらない感じになりそうです。
      ステータスはANAダイヤかJALのJGCプレミアどちらか取りたい気もしていますが、海外旅行に行けない状況が続きそうなので悩みどころです。。。。

      • 海外に行けないのが痛いですよね。
        来年はダイヤかJGCを考えてみます。
        有難うございました
        良いお年をお迎えください

  • いつもお世話になります。
    ANA VISA/Masterカードが第一カードなのでこの改悪は残念ですね。
    ということは通常ポイントのVポイントに関しては2021の3月までにマイル移行したほうが良いのでしょうか?

    • ろばとプラントさん
      そういうことになりますね!自分もさっそく移行しました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください