こんなポイントサイトはマジで危険・詐欺寸前?!利用しない方が無難なポイントサイトとは。

スポンサーリンク

危険・詐欺?!倒産・破産寸前?!そんなポイントサイトを見極める方法はあるのか。ポイントサイト利用する際に注目しておくべきポイントの出口について。

陸マイラーの皆さんとポイントサイトは、非常に相性がよく切っても切れない関係になっています。

どのポイントサイトを利用するのか悩み所ですが、利用をさけた方が無難なポイントサイトもあるでしょう。この記事では、どんなポイントサイトを自分は避けているのか、ポイントの出口という視点から整理しておきたいと思います。

過去には消滅してしまったポイントサイトもありますし、ポイント交換が不可になったポイントサイトもあります。そんなポイントサイトを避けるために参考になればと思っております。

 

ポイントサイトが倒産?破綻?その目安になるのは?

利用を避けた方がいいポイントサイトには複数の種類があると思います。

  • 自分にとってサイトがわかりにくい
  • 自分にとって魅力的なポイント交換先がない
  • ポイント還元率が低い
  • 問い合わせ時の対応が好ましくない
  • いろんな意味で自分に相性がよくない

などなど様々だと思うのですが、このあたりは個人個人の好みで好き嫌いも分かれそうなので、まあいいとしましょう。

最大の問題になるのは、倒産・破産しそうなポイントサイトではないでしょうか。そのようなポイントサイトにいくらポイントを保有していても、ポイントの価値が一瞬にして0になる可能性があるからです。

とは言うもののこういったポイントサイトを、財務の素人でもあり、裏事情まで把握しているわけではない自分も含めた皆さんは判断が難しい面もあると思います。なので、素人でも、初心者でも、こんなポイントサイトは危険?!詐欺?!で倒産・破産寸前???と思っておいた方がいいポイントをピックアップしておきます。

 

①ポイント還元がやたら高還元はやばい?

基本的に広告利用をする際には、ポイント還元は高い方がいいに決まっています。が、高すぎるのはおかしいと思うんですよね。ポイントサイトは広告代理店から、クレジットカードの申込1件につき5,000円のような条件で報酬をもらっています。このうち4,000円を我々ユーザーに渡し、残りの1,000円を自分たちの収益にしています。つまり、その広告に関して、ポイントサイトが5,000円より高い還元になっている場合には、基本的に赤字なんですよね。そりゃ、たまにはプロモーション費用として、赤字を出している広告案件もあるでしょう。が、毎回還元率が高いポイントサイトは何か怪しい可能性があります。たまにポイントサイトの人から「あのポイントサイトの広告還元は、また赤字ですよ。」なんて話を聞かせていただくことも実際にあるんです。

ポイント還元が低いサイトは、もう少し頑張ってほしいとも思うのですが、ある意味健全な経営とも言えるかもしれませんよね。

高還元すぎるポイントサイトは危険かもしれない。



スポンサーリンク

 

②ポイント交換に突然高額手数料が発生する

ポイント高還元にしておいて、そのままユーザーがポイント交換をしてしまうと、そのポイントサイトは大赤字になるので、何か手を打ってきます。代表的な一手が、突如高額なポイント交換手数料が発生するという例だと思います。

1万円分のポイントを所有していて、自分では1万円の価値があると思っていたのに、ある日からポイント交換に20%の手数料が発生する。こんなことがあったら自分のポイントの価値は8,000円に目減りしますよね。これはポイントサイト側がユーザーの資産価値を減らすためにやっている可能性もあるのではないでしょうかね。本当にポイントサイトとポイント交換先の契約内容が変更になり、手数料が数%必要になることによる改定もあるでしょう。また、もともとはプロモーションとして、ポイントサイト側が手数料を負担してきたが、プロモーション終了で交換手数料が発生するなんてケースもあるでしょう。ただ、高額な手数料があったら、それは自分にとっては危険なサインに見えます。しかも、そのポイント交換先が、他のポイントサイトからは交換できないような人気ポイント交換先だと、なんか怪しい感じがします。個人的な意見ですが。

ポイント交換に高額な手数料があるポイントサイトは危険かもしれない。

 

③ポイントの有効期限が突如短くなる

ポイントサイトは、広告で高還元にして赤字だとしても、企業として赤字にならない可能性があるんです。要は、ユーザーがポイント交換できないような状況にしてしまえば、自分たちのところに入ってくる広告代理店からの報酬は、全額自分たちのものです。が、これをあからさまにやりすぎるとユーザーにばれるので、倒産・破産寸前のポイントサイトは全力で、ここを隠そうとします。

その代表的な手段だと思われるのが、ポイント有効期限の短縮です。

今までポイントの有効期限が1年あったのに、告知もなく半年になったりしたら、ユーザーのポイント消失を狙っているように自分には思えます。また、こういったユーザーの資産価値に関わることは、変更する場合には周知することが大切だと思いますが、周知なく突如変更になったら、それは自分にはかなり怪しいポイントサイトに見えてきます。

ポイント有効期限が突如短くなるポイントサイトは危険かもしれない。



スポンサーリンク

 

④ポイント交換に突如制限が付き始める

ポイントサイトには、ポイント交換の上限というものがあるケースが多いです。ここはポイントサイト側に様々な事情があったりします。例えば、Amazonギフト券への交換なんかは、ポイントサイトがすでに所有しているAmazonギフト券の在庫からユーザーに提供しているケースなんかもあります。なので、大量に交換されると、次のユーザーが交換できなくなるようなケースもあったりします。なので、ユーザーがある程度平等に交換できるように、1日あたりの交換制限があったりします。もちろん、ポイントサイト側も、一瞬での大量キャッシュアウトを防ぐ目的もあるのだと思います。

ポイント交換が厳しいポイントサイトとしては、ハピタスの月に3万円(別途プリペイドカードPolletに30万円チャージ可能)でしょうが、33万円を月にポイント交換できるので、厳しいとは言うものの問題のあるレベルはないでしょう。他のポイントサイトも1日1万円が交換限度のことがあり、月に30万円まで交換というレベルは標準的なレベルでしょう。

問題になるのは、今までポイント交換ができていたのに、突如交換ができなくなることです。

過去には実際にそんなポイントサイトも多々あったりするんです。最近で言うと、PONEYというポイントサイトが月に500円しか交換ができない状況になったり、ポイント交換そのものが不可になったりしました。実例もあるんです。

ただ、ポイントサイト側が、交換制限を始めると、ユーザーは危険性に気づき、そのポイントサイトから離れていきます。誰も広告利用をしなくなり、一瞬で倒産の危機になるでしょう。なので、巧妙に隠しながら制限をしてくる可能性があると思います。

どんな巧妙な手を使うのか考えてみたのですが、

ポイント交換レートアップキャンペーン!!

ポイント交換のレートアップキャンペーンを開始します。下記のポイント交換先への交換は、期間限定で10%増量されます。

  • Tポイント
  • nanaco
  • WAON
  • Gポイント
  • ドットマネー

ただし、キャンペーンに参加登録の上、当選者のみとなります。

(注)キャンペーン期間中は、通常のポイント交換を停止しております。当選者のみの交換となります。

こんなキャンペーンを見たら、皆さんどう感じますか??ぱっと見た目では、非常にいいキャンペーン!!!と思うかもしれません。ポイントが10%増えますからね。が、なんか不自然感があるんですよね。なんか、ポイント交換先が、人気なところばかり。つまり、ユーザーがポイント交換しようとしているものに強い制限を掛けているように見えるんですよね。しかもですよ、小さな文字で「キャンペーン期間中は、通常のポイント交換は停止」とか書いているではないですか・・・。これ、やはり自分には怪しく感じます。

 

他にも、考えてみました。

ポイント定期預金で利子がもらえる!!

みなさんのポイントを「ポイント定期預金」で預けてみませんか?1年間で2%の利子をつけてポイントバックします。銀行に預けるよりも、ポイントのまま保有して「ポイント定期預金」を利用する方が金利が高くてお得です!!

これ、ぱっと見た目はユーザーには非常にいいキャンペーンのように見えます。が、見方次第では、これもユーザーにポイント交換制限をかけているように見えなくもないんですよね。

この2つは、1例にすぎませんが、単にキャンペーンでお得のように見せかけて、実はポイント交換に強い制限かけるようなことは、悪質といえば、悪質とも言えるのではないでしょうかね。

もっと単純なケースだと、ポイント交換しようとすると、どの交換先も「在庫切れです。」のようなわかりやすい表示の交換制限が出ることもあるかもしれません。本当に在庫が足りなくなっているだけで、翌月の1日になると問題なくポイント交換ができるようになるケースも多々あるので、ただ在庫切れというだけで倒産するのでは??と思うのは少し飛躍があると思いますが、交換先の大半の在庫がない場合には「キャッシュ足りなくて在庫の仕入れができないんじゃないのか?」なんて自分なら疑ってしまいます。

ポイント交換に制限があるポイントサイトは危険かもしれない。

 

以上、あくまで一般論的な話です。

自分が今まで利用してきたポイントサイトが、突如こんなことを始めたら今後は二度と利用しない(少なくとも早急にポイントを可能な限り交換し、当面の利用はしない)だろうし、いくら広告還元額が高くても、自分のサイト上で読者の皆さんにオススメしないだろうなと思います。世の中には、何十ものポイントサイトがあり、自分も全ポイントサイトを把握しているわけではないので、上記の①~④にあてはまるようなポイントサイトがどれだけあるのか把握しきれていません。現状、自分がサイト上で紹介しているサイトは、そのようなケースに該当していなものを紹介していますが、それらの陸マイラー人気ポイントサイトたちも3年後にどうなっているのかなんて誰にも分らない面もあります。なので、どんな予兆が出てきたら、そのポイントサイトは避けるべきなのか、自分の視点で整理してみました。上記の①~④のうち、1つだけを行っているポイントサイトなら、本当にキャンペーン的な感じの可能性も非常に高いと思います。が、複数該当するようになったら、全力で避けますね。自分の場合は。

入口は大きいのに、ポイントの出口がない・狭いとかマジ危険なポイントサイトの匂いがしませんか??

あくまで一般論であって、現状で特定のポイントサイトの話をしているつもりはありませんが、今みなさんが利用しているポイントサイトが、出口を絞ってきたら・・・・信頼できますか??そんなポイントサイトがあったら、本当に倒産間近なのかどうかの真偽は倒産するまで不明ですが、少なくとも自分は信用できなくなってしまうので、利用しなくなるでしょう。これが自分にできる最善ですからね。

 

ちなみに、この1年間のポイントサイトの流れを見てきて、個人的に安心して利用できるポイントサイトといえば、

といったあたりかなと感じています。なので、必然的にサイト上での紹介も多くなっています。自分の判断が正しいのかどうかなんてわかりませんが、自分がどのようなことに気をつけて利用するポイントサイトを決めているのかという1例を紹介しました。参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

19 件のコメント

  • コツコツ貯めた16万mileが消えそうです
    サイト名を出してもらえたら、対応できたのですが。
    まさか、のアンテナが低かった
    ポイ活に心が折れました。

      • そうですね。すみません、愚痴ってしまってわざわざ返信ありがとうございました

        • 中村さん
          気持ちはわかります。。。。
          自分もAmazonギフト券に交換しておきましたし・・・
          次回の交換先の入荷日が告知されているようなので、是非確認してみてください。

  • すけすけさん、いつも情報ありがとうございます。
    タイムリーなこの記事を見まして、すけすけさんが比較的安心して使っておられるポイントインカムなんですが、実は私も一番信頼して利用していたサイトなんですが今困った状況になっています。
    8月にセゾンゴールドアメックス、9月にAOYAMAカードを2か月続けてインカムから申し込んで、どちらも承認条件はクリアしているのですが一向に承認も却下もされない状態が続いています。
    インカムには11月上旬に問い合わせたところ、広告代理店で承認中でストップしていましたので承認作業をしてもらうよう依頼しました、とのことですぐの対応でしたので安心していましたが、10日ほどたっても何も動かなかったため、11月19日にもう一度問い合わせをするとやはり引き続きご不便をおかけして・・・代理店側で承認待ち状態でしたので催促をいたしました。との回答が・・。しかし12月5日時点でも全く動きが無い状態でや」す。
    すけすけさんが紹介されていたハッピー動画やゲーム、その他小学ポイントは何の問題もなく付与されており、ポイント交換も全く問題ないのですが、承認に時間がかかるクレジット案件だけが異常事態になっている次第です。
    考えられる状況としては以下の3つかなと思うのですが、もしよろしければすけすけさんの見解を頂けるとありがたいなと思いまいsてコメントさせて頂きました。
    ①インカムの提携代理店の経営状況が厳しい
    ②インカムの経営状況が厳しいため、比較的承認までタイムラグがあって付与額の大きいクレジット案件の承認を送らせてしのいでいる。
    ③たまたま私のクレジット案件だけがひっかかっているだけ
    サイト名を記載しているため、この私のコメントはオープンにして頂かずに削除頂けても全くかまいませんん。何か少しでも気になるすけすけさんのところに情報が集まってきていれば教えて頂けますと助かります。
    金曜日の早朝には、12月12日の木曜日で期限を切って対応頂けるようインカム側へは連絡していますので、さすがに今度は何かしら動きはあるのではないかと考えているのですが。

    • ねこさん
      ポイントサイトはハピタスでもモッピーでもポイントインカムでも、似たような広告代理店からの案件を利用しています。ポイントインカムだけの代理店というものはないと思います。インカムさんは自分の知る限りでは、最近はかなり調子がいいと思います。他のポイントサイトの方もそのように言っております。
      なので、今回のことはたまたまなのかなという気が個人的にはしております・・・

      • すけすけさん、早速ありがとうございます。
        他にそういった例がなければ、そこまで心配せずに来週の回答を待ってみることにします。
        今まで付与漏れも無くメール対応もよかったので、取り越し苦労であればそれに越したことは無いですしね。

  • いつも楽しみに見ています。ありがとうございます。
    ところで,すけさん的には「ちょびリッチ」は推薦できないサイトなのですか?
    なぜでしょうか?

    • 村蔵さん
      ちょびリッチも悪くはないと思っております。
      細かいことを言うと、IT企業なのにシステムは外部委託をしているなど、経営母体にはやや難ありなのかなと勘繰るところもなくはないのですが、自分だけの思い込みな面もあると思います。

  • すぐたまですね!
    ボンヌで大量購入したのですが意味不明に未承認にされたのでただいま問い合わせ中です。多大なポイントが付く予定だったのでほんとうに困ります

  • こんばんは、いつもお世話になっています。

    別のポイントサイトからの紹介で見かけたポイントサイトが、嫌な予感がするものでした(とりあえずもとのポイントサイトでの入会特典はもらえるかなと思って、入会だけして放置中です)。

    ・入会だけでもらえる特典が高すぎる

    ポイントサイトは会費を取るわけではないので、幽霊会員が増えてもあまり嬉しくありません。数百円程度の入会ボーナスや、アクティブ会員を作るための「期間内に5000円分稼いだら追加で1000円還元」のようなものならともかく、入会だけで1000円分以上出すとなれば、「そのお金はどうやって捻出するのだろう?」と逆に不信感を抱いてしまいます。

    ・ティアが深い

    紹介された人が入会すれば紹介者にもポイントが入る、というのはよくありますが、さらに紹介された人からの紹介で入った人のポイントに対して自分に還元がある、というようなサイトもあります。「それだけしないと人が集まらないのかな?」と思うとともに、ポイント原資のうち上位会員の取り分が多いとなれば、自分のもらえるポイントも減ってしまう計算になるので、仮に経営が順調だとしても(自分が紹介で稼ぐのでなければ)メリットの薄いサイトとなりそうです。

    • すんぶさん
      そうですね・・・闇が深そうなサイトもありますよね・・・

  • そもそもの話、稼いだポイントはどう使えばよいのか?それが、一番に問われている。このなかでは自分にあうような換金先がない。なんていうか、ポイントを稼ぐのも、使うのも、哲学ではなかろうかと、思います。

  • ドットマネーは「キャンペーン中のため通常ポイント交換不可」、dポイントは「在庫切れ」、やむなくスタバカードに入金しようとしたら、「交換する」のボタンが消えてました…数日前に交換申請したGポイントが無事に交換されるか不安です。。。

    • はなさくこさん
      自分もAmazonに交換中のものがあるので、それは確定してほしいなと思っているところです・・・

  • いつも貴重な記事、質問の返信ありがとうございます。
    面白い切り口の記事ですね、自分は倒産とかあまり考えてませんでした、、
    すけすけさんの紹介されてる所二つ、モッピーとハピタスしか使ってないからかもしれませんが笑
    ポイント、マイルは仕様変更が多いですよね、自分でも気をつけて行きたいと思います。
    今後も様々な記事楽しみにしていますね!

    • よしさん
      是非、ご自身のご利用中のポイントサイトにも今後変化があった場合にはご注意ください!

  • 「キャンペーン中は交換できません」は最近見ましたね〜(平仮名4文字?)

    停止する理由がまったくないので、怪しいですよね〜
    このキャンペーンを見て、急遽、ポイントを全部引き出すことにしました。

    • びわごんさん
      はい、自分も全額をAmazonに交換できたのでしておきました。こわいですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください