【前代未聞の大改悪】ダイナースクラブカードのマイル交換レートが半分に。

スポンサーリンク

クレジットカードの還元率が突然半分に。ポイントの価値が突然半分に。ダイナースクラブカードから、ユナイテッド航空・デルタ航空・大韓航空・アリタリア航空へのマイル交換レートが半減の大改悪。

あなたの所有しているクレジットカードの還元率が、ある日から突然半分になったらどんな気分ですか?

あなたの所有しているポイントの価値が、ある日から突然半分になったらどんな気分ですか?

実際に、価値が半分になるという大改悪のニュースが飛び込んできました。

今回はダイナースクラブカードの改悪です(公式リリースはこちら)。けっこう衝撃的なレベルの内容な感じがします。では、詳細の解説と、ダイナースクラブカード保有者の次の候補になりそうなクレジットカードの紹介です。

 

ダイナースクラブカードのユナイテッド航空・デルタ航空・大韓航空・アリタリア航空へのマイル移行レートが2020/2/1より2,000ポイント=1,000マイルに

今回の改悪(改定)の対象になっているクレジットカードは、

  • ダイナースクラブカード
  • ダイナースクラブプレミアムカード
  • ダイナースクラブビジネスカード

です。提携カードのANAダイナースカードやJALダイナースカードなどは改定の対象にはなっていません。

 

ダイナースクラブカードのマイル交換先および交換レートは、

ダイナースクラブカードは通常100円=1ポイントが付与され、1,000ポイント=1,000マイルの単位で上記の5つの航空会社にマイル移行が可能です。ANA以外にも外資系のマイルが貯まるという特色があり、非常に人気のあるクレジットカードの一つになっています。経営者の方も、ダイナースクラブビジネスカードなら、会社の経費でポイントが貯まるので、所有している方も多数いると思います。

が、そのうちの4社へのマイル移行レートが変更になります。変更にならないのは、ANAへのマイル移行で、これは1,000ポイント=1,000マイルのままです(年間移行上限は4万)。

 

ANA以外の航空会社へのマイル移行がどうなるのかいうと、2020/2/1より下記のように変更になります。

対象マイレージ ユナイテッド航空・アリタリア航空・大韓航空 デルタ航空
マイル移行レート 2,000ポイント=1,000マイル 2,000ポイント=1,000マイル
年間移行上限 12万マイル 14万マイル

1,000ポイント=1,000マイルが、なんと2,000ポイント=1,000マイルに交換レートが半分になります。ちょっと前代未聞の大改悪と言ってもいいレベルなのではないでしょうかね・・・。ポイントの価値が半減ですよ・・・。ANAへの移行レートは変更なしとは言え、上限は年間4万マイルですしね・・・(こちらも改悪で上限が厳しくなったばかりです)。40,000ポイント以上の分はどうすればいいんだという話ですよね。。。

ポイントやマイルは、企業側がかなり自由に制度を変えることができるという代表例だと思います。あなたが所有しているポイントやマイルの価値もいつ大きく減るかわからない(いつ改悪があるかわからない)ので、原則としてポイントやマイルは、どんどん貯める&どんどん使うが重要だと再認識できますね。

 

ANAダイナースカードならANAマイル移行上限なく、100円=1マイル貯まる

では、ダイナースクラブカード保有者が次の候補にしてもいいようなカードの紹介です。まず、ダイナースブランドが好きな人なら、「ANAダイナースカード」にするのはありかもしれません。

外資系の航空会社へのマイル移行は不可能なのですが、ANAマイルへの年間移行上限もなく、好きなだけ移行でき、100円=1マイルが貯まるので悪くない選択肢だと思います。

入会キャンペーンで大量ANAマイルが獲得できるのも見逃せません。

【激熱】2019/12版のANAダイナースカードの入会キャンペーンで73,000ANAマイルがもらえる!

2019-12-01



スポンサーリンク

 

個人カードで外資系のマイルが貯まる次の候補は??

外資系のマイルを狙う人なら、アメックス系のクレジットカードに変更がいいかもしれません。

  • アメリカン・エクスプレス・カード(グリーン・ゴールド・プラチナ):ANAを含む15社に移行可能。ANAマイルなら100円=1マイル、他社は100円=0.8マイル。
  • SPGアメックス:40以上の航空会社にマイル移行可能。最大100円=1.25マイル相当。

外資系マイルが貯まりやすいクレジットカードナンバーワンといえば、「SPGアメックス」で間違いないでしょう。ANAやJALを含む40社以上にマイル移行が可能で、100円=3ポイント貯まりますが、60,000ポイント=25,000マイルでのマイル移行が可能なクレジットカードです。マイル還元率は1.25%になります。ポイント有効期限も実質なし(加算か減算があるたびに延長)、マイル移行上限も実質なし(1日10万マイル)なので、非常に人気があります。

このカードをメインにしてもいいと思います。

【SPG AMEX/アメックスカード】最強クレカの全貌。メリットから入会キャンペーンまで徹底解説。

2018-09-02

 

法人カードでマイルが貯まる次の候補は??

まずは、やはりアメリカン・エクスプレス・ビジネスカード(グリーン・ゴールド・プラチナ)でしょうね。

マイル還元率は、ANAマイルなら100円=1マイル相当、ANAマイル以外の14社(シンガポール航空、ブリティッシュエアウェイズ、キャセイパシフィック航空、デルタ航空など)なら100円=0.8マイル相当です(ポイントプログラムの詳細はこちら)。ダイナースクラブカードの100円=0.5マイル相当よりはかなりいい条件だと思います。

今なら初年度年会費無料&大量ポイント獲得の入会キャンペーンも開催中

【初年度年会費無料かつ68,000マイル】アメックスビジネスゴールドの紹介入会キャンペーンを解説。

2019-10-13

 

それからひそかに狙い目な法人カードは、ANAマイルだけを貯めるなら、移行上限もない「ANAダイナースコーポレートカード」なら、今回のダイナースの改悪対象外なので、そちらでもいいかもしれません。100円=1マイル貯まります。

また、

ANA JCB法人カードもいいと思います。こちらも移行上限なく、100円=1マイル貯まります。

 

ダイナースの改悪のニュースを整理しましたが、ダイナースの次にアメックスが来たら・・・悲惨ですね。アメックスは、ダイナース以上にマイルとの相性がいいクレジットカードなので、改悪が来ないことを祈ります。ダイナースを所有していない人も、ポイントやマイルはどんどん利用しないととんでもない事態になる可能性があることは十分に知っておきましょう。

おすすめ関連記事

8 件のコメント

  • スケスケ様。いつも貴重な情報をありがとうございます。ダイナース入会キャンペーンに乗るか乗らないかは全て読者の自己責任であります。ダイナースについて知り尽くした上で読者自身が判断して行動するに越したことはありません。たとえ、入会して不利益があったとしてもそれはスケスケ様の責任ではありません。ただ言えるのは大盤振舞いの前後には改悪の可能性ありきです。表も有れば裏も有る。知力を尽くして切り抜ければマイルを貯めるのも面白いものです。なんてね。

  • 記事拝見しました。有益な情報をありがとうございました。
    実は、前回の入会キャンペーンでダイナースに入会しました。
    8月に申し込んだにもかかわらず、カードが届いたのはなぜか10月(発行まで2か月もかかった)
    有効期限は11月なので、キャンペーンで得たボーナスポイントは、入会当初の還元率で交換することができなくなりました。
    そして、入会金は22000円かかると。。。。これは詐欺に近い内容だと思います。

    こういうことは、上の書き込みのように、皆さん分かっていた事なのでしょうか?
    それなら私は入会しなかったのに。。。全く使えないダイナースなんて。。。
    ダイナースひどすぎます! そのうちanaも対象になるのでしょうね。

    • もっちさん
      大変ですよね。。。ANAマイルを検討がいいかもしれません。
      ANAカードは、どのカードでも100円=1マイルをANAが売りにしているので、ここはそんなに簡単には変わらないかなとは思っているのですが。。。

  • まだ、ダイナースプレミアムにしがみついている人は、先読みをしていない人と思います。
    ここ数年良いないようになったのは、皆無と思います。、ポイント%からしても、改悪でお話になりません。プレミアムカードの継続しない人が続出しています。そして、インビといいながら乱立して初年度だけでも入会させて、なんとかやっている状況がよくなるわけありません。会員の質もおちていますし、ダイナースブランドはここから先、真っ暗な道をあゆむのは間違いありませんので、ここは、一旦解約して、静観するのが最善の策と思います。アメックスプラチナもそこまで優位性を感じませんので、時代の流れです。

    • クレジットカードマニアさん
      そうですね。そこも苦しそうですが、ダイナースは特に会社が変わってから辛そうですよね。。

  • いまさら何を騒いでいるのですか?
    騒ぐような内容ではないと思います。
    みなさん、わかっていますよ!

  • すけすけ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください