すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

スポンサーリンク

1年間で航空券の値段が高い時期・安い時期はいつなのか。ハワイ行きの価格調査をしてみた。

海外旅行はどのシーズンが安いのか、本当にゴールデンウィーク・盆休み・年末年始は高いのか。ハワイ行きの運賃を徹底価格調査・比較。

みなさん、海外旅行に行く際の時期はどのようにして決めていますか?

f:id:bmwtatsu:20170501225609p:image

・仕事の休み合わせてゴールデンウィーク・盆休み・年末年始

・旅行先のイベントに合わせて(海外でWカップを観戦したいなど)

・旅行先の季節に合わせて(雨季は外して選ぶ)

等々、様々な要素で決めているとおもうのですが、

値段が安い時期

というものを選んでいけたら嬉しいですよね。

そこで、この記事では海外旅行が安い時期・高い時期を調査してみたいと思います。

一般的には大型連休に重なると高いと言われています。

それは本当なのでしょうか。

また高いと言っても、安い時期とそれくらいの差があるものなのでしょうか。

「目次」

 

ハワイ行きの値段を比較してみる

自分の調査の対象は、

・ANAの羽田発ホノルル行き

・4泊6日の旅程

・往復のエコノミークラス運賃の最安値

を調べて比較することにしました。

 

同じエコノミークラスでも、航空券の種類により運賃には差があります。

f:id:bmwtatsu:20170501211903p:image

上記にはエコノミークラスの運賃が同日で3種類出ています。

・Basic:予約変更・払い戻し手数料あり、アップグレード不可

・Basic Plus:予約変更・払い戻し手数料あり、アップグレード可

・Full Flex Plus:予約変更・払い戻し手数料なし、アップグレード可

となっていて、条件が厳しい航空券ほど値段が安いです。同条件での運賃比較もしたいところですが、時期によっては販売が終了していたりして評価困難なので、実際に販売されている運賃の中での最安値の比較を行います。

【5・6月】ゴールデンウィーク後は高くもなく、安くもない 

本当はゴールデンウィークの価格も調査したかったのですが、すでにゴールデンウィークに突入しており調査できませんでした。まだ、来年のゴールデンウィーク分は販売されていません。

そこでゴールデンウィーク明けの運賃を調べました。

  値段
5月25日 172780
6月15日 172780

5月でも6月でも実は値段に差はほとんどありません。全日程を調べたわけではないのですが、大きな差はないと思います。1年を平均して見ると、この価格がハワイ往復運賃の標準的な値段くらいかなという印象です。

【7・8月】7月上旬に値段が安くなり、8月になると上がる

ハワイ行きは、家族連れも多いので子供の休みに合わせて旅行に行く人も多いでしょう。となると、まず人気なのが夏休みです。その時期の運賃は、

  値段
7月13日 141280
8月3日 186280

7月上旬の夏休み直前は値段が5・6月より安いんです。1人あたり3万円ほど値段が安くなります。が、8月に入ると値段は上がり、5・6月に比べて1人あたり1.5万円ほど値段が上がります。

【8月】お盆休みは一年のピーク。そもそも取れない。

そして、盆休みに突入です。知らないうちに登場した祝日「山の日」もあるので、連休も更に取りやすくなったでしょう。運賃は、

  値段
8月9日 653780
8月10日 販売なし

この時期のハワイ往復エコノミークラス運賃は、なんと1人65万円!!!ひょえー。

そもそも8/10発の便なんて、すでにANAのサイトではチケットに空席がないと表示されます。

8/9なら、航空券はありますが65万円。

ちょっと高すぎるでしょ。

実は、この運賃はFull Flex Plusという一番値段の高い運賃の航空券です。もっと早い時期ならBasic等の販売もあり安いのかもしてませんが、すでに盆休みはこの運賃しかありません。

【8月】盆休みの翌週もまだまだ高いが、8月末には一気に落ちる

盆休みの翌週もまだまだ値段は高く、

  値段
8月17日 245280
8月31日 126280

1人245280円。高いですねー。

が、8/31発の夏休み最終頃になると値段は一気に下がり、126280円!一気に半額になりました。この時期、なかなか狙い目ですね。

【9・10・11月】シルバーウィークもやや高い値段設定

9月にも、シルバーウィークがあり、連休がとりやすい時期があります。

10月上旬も体育の日を含めた連休。

11月上旬も文化の日を含めた連休。

秋も連休がとりやすい時期です。連休の関係ない時期を運賃比較をします。

  値段
2017/9/15(シルバーウィーク周辺) 190280
2017/10/5(体育の日周辺) 152780
10月19日 111280
2017/11/2(文化の日周辺) 152780

 やはり、連休の周辺は値段が上がっています。連休を外すと値段は下がり、10/19発だと111280円となり、かなりコストパフォーマンスがあがります。

【12月】年末年始は再び一年のピーク

12月に入ると、クリスマス付近で値段はいったん落ちますが、年末年始は盆休み同様に1年のピークの価格に高騰します。

  値段
12月7日 162780
12月21日 131280
12月29日 652780

また、65万円に上昇。うーむ、高い。

実は、この年末年始の運賃もFull Flex Plusです。だいぶ先の日程なのに、Basicはありません。盆休みや年末年始は、Basicの販売そのものがないかもしれませんし、あっても少ないようで売り切れています。安い運賃で旅行するには、早期から探すことも大切な要素ですね。

【1・2・3月】年明けに一気に値段は落ちて、2月は最安値

年が明けると、値段は一気に落ちます。うまく休みが調節できる人は、年明けに旅行の計画をするのがいいかもですね。

  値段
1月4日 172780
2月1日 99780
3月29日 104780

そして、2月は1年間の最安値を記録します。

年度末の3月末も特別値段が高いわけではなく、むしろ安いくらいでした。

 

1年間の航空券価格の推移まとめ

以上の年間の運賃の推移をグラフにしておきます。 

f:id:bmwtatsu:20170501210039p:image

最安値は99780円

最高値は653780円

なんと、6.5倍も値段に差があります。

グラフで見ると、盆休みと年末年始が高すぎて、他は同じに見えてしまいますね。

盆と年末年始を除くと、値段は99780~245280円。それでも2.5倍も差があることがわかりました。よく2月は安いと言われるのですが、これもある程度真実ということがわかりました。

 

実際には、仕事の都合で高いとわかっていながらも、盆や年末年始にしか休みが取れずに、仕方なく大金を投入せざるを得ない状況も多いと思います。

もし、仕事等の都合を調整できるようなら、運賃には大きな差が出るので、是非安い時期を探して見て下さい。今回の記事はハワイの運賃を比較していますが、他の場所に行くとなると行き先の気候や、行き先の祝日事情等でも値段は大きく変動します。是非、自分の行きたい場所の運賃がいつ安いのか調べて見てください。

スポンサーリンク

 

マイルはいつ使うのがお得なのか

最後に少しおまけを。

運賃の比較ではなく、マイルを利用した特典航空券に関して、どの時期にマイルを利用するとお得なのか比較しておきます。

 

ANA国際線の特典航空券はシーズンにより、必要マイルが異なります。

ハワイの場合は往復エコノミークラスの場合で、

・ローシーズン(L)35000マイル

・レギュラーシーズン(R)40000マイル

・ハイシーズン(H)43000マイル

となっています。運賃はシーズンでの差が最大6.5倍ありましたが、マイルの場合は1.2倍しか差がないことが特徴です。

シーズンと必要マイルは下記公式サイトで確認できます。

概要│ANA国際線特典航空券│マイルを使う│ANAマイレージクラブ

また、ハワイ行き特典航空券はブラックアウト期間が存在して、現地発1/1および1/2の便に関しては特典航空券が予約できないようになっています。

 

結果を一覧表にします。

マイル単価は、運賃÷必要マイルで計算して、1マイルあたりいくらの価値があるのかという意味です。

  運賃 シーズン マイル単価
5月25日 172780 L 4.9
6月15日 172780 R 4.3
7月13日 141280 R 3.5
8月3日 186280 H 4.3
8月9日 653780 H 15.2
8月17日 245280 H 5.7
8月31日 126280 R 3.1
9月15日 190280 R 4.7
10月5日 152780 R 3.8
10月19日 111280 R 2.8
11月2日 152780 R 3.8
12月7日 162780 R 4
12月21日 131280 R 3.3
12月29日 652780 H 15.2
1月4日 172780 H 4
2月1日 99780 L 2.8
3月29日 104780 R 2.6

 全然どうでもいい話ですが、不思議と運賃の下二桁は80円に統一されてました、、、。意味あるのかな、、、。

 

・Lが2.8~4.9円

・Rが2.6~4.7円

・Hが4~15.2円

となっています。ローシーズンは必要マイルは少ない時期なのですが、運賃も安いため、実はレギュラーシーズンとマイル単価は大きな差がありません。

ハイシーズンになるとマイル単価は上がります。

つまり、ハイシーズンこそ貯めたマイルを利用して特典航空券で旅行すべきということになります。

が、ハイシーズンは、そもそも旅行客が多いからハイシーズンなわけで、なかなか特典航空券が取れないのが現実です。。。

マイルの使い方は、非常に難しいですが、どんな形で利用しても非常にお得なものであることは間違いなので楽しんで貯めて、楽しんで使ってください。

www.sukesuke-mile-kojiki.net