読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

JALがマイレージ新制度開始。「どこかにマイル」で国内線特典航空券が往復6000マイル。

国内旅行 特典航空券

JAL国内線特典航空券が往復でなんと6000マイル。新制度を12/12より開始。名前は「どこかにマイル」。

これは非常に面白いニュースが入ってきました。

JALもマイルに関するニュースです。自分はANA陸マイラーでJALマイルはまったく貯めていないのですが、このニュースを見た自分は非常にJALマイルに興味が出ています。

JALがマイルに関する新制度「どこかにマイル」を開始です。「どこかに参る」と掛詞ですね。現在わかっている範囲の情報を整理しておきます。

f:id:bmwtatsu:20161129224349p:image

 

「どこかにマイル」ポイント①国内線特典航空券が往復6000マイル

f:id:bmwtatsu:20161129231136p:image

なんと、国内線特典航空券が往復で6000マイルで予約できてしまいます。これはめちゃくちゃお得ですね。

通常だと、羽田那覇は往復で15000マイル必要なので非常にお得です。

「どこかにマイル」ポイント②行き先は何処になるか不明

f:id:bmwtatsu:20161129231222p:image

えっ?と思われるかもしれませんが、そういう制度です。

詳しく説明しておきます。

まず、出発は羽田空港と決められています。羽田発の往復便しか利用できません。(そのうち、制度が広がる可能性はあると思います。)

そして、行き先が不明なんです。

申し込み時には、四つの行き先が出てくるようです。

f:id:bmwtatsu:20161129230102p:image

上記のような画面が出てくるようで、この場合は山形・札幌・石垣島・高知の4つの行き先が出ています。

この画面で申し込みをすると、この4つの内のどこかに行き先が決まります。これはJAL側に勝手に決められます。自分で決める権利はありません。この4つに行きたいところがなければ、再検索すると別の4つが出てくるようです。

そして、申し込み後3日以内に行き先決定のメールが来るようです。

「どこかにマイル」ポイント③友人と同時に申し込み可

これ大切ですね。一つのサイトから友人の分も同時に申し込みできるようです。別々に申し込みしたら、行き先違うところになってしまうので、困りますもんね。そのあたりも対応済みなようです。

行き先はいっしょになるが、マイルは個別に精算ってことができるようです。

 

上記の3点が主な特徴です。非常に面白いですよね。特に行き先は決めていないけど、マイルでお得に旅行したいなーって時は、かなり使える制度なのでは?と個人的に思っています。

今後は、羽田だけではなく伊丹等にも適応を広がてほしいと思うと同時に、ANAでも面白いマイルの利用方法を開発してもらって、消費者に選択肢が増えるといいなと思います。

 

その他、注意点

下記が公式リンクです。

www.jal.co.jp

何個か細かい注意点があるようです。

対象路線は東京(羽田)発着便の路線に限ります。

現状は、羽田発のみです。

申込完了後の変更はできません。また、キャンセルによるマイルの払い戻しはいたしません。

キャンセルは不可です。行けなくなったら、マイルはドブに捨てるしかないです。

下記ご搭乗日は対象外となります。
羽田発:2016年12月26日(月)~2016年12月31日(土)、2017年3月17日(金)、3月18日(土) 、3月24日(金)、3月25日(土) [ご搭乗日]
羽田着:2017年1月1日(日)~2017年1月5日(木)、3月20日(月)、3月21日(火)、3月26日(日)、3月27日(月) [ご搭乗日]

 利用できない日程があります。

 

非常に面白いマイルの使い方です。6000マイルで国内旅行はかなりの魅力を感じますね。

 

■関連記事

・ANA陸マイラーとして、年間30万マイル貯める方法

www.sukesuke-mile-kojiki.net

・JAL国内線wi-fi利用について

www.sukesuke-mile-kojiki.net

・JAL国内線当日アップグレードの経験談

www.sukesuke-mile-kojiki.net