ANAハワイ行きA380プレミアムエコノミー搭乗記。エコノミークラスより広く食事も豪華、ラウンジも利用可能!

スポンサーリンク

ANAのホノルル行き専用機材A380のプレミアムエコノミーでホノルルから成田まで9時間弱のフライト。幅広い席、大型モニター、豪華な食事で超快適なフライトだったので詳しくレビュ―。

すけすけ
どうも、陸マイラーを初めて約20年、このブログを運営して4年の「すけすけ」です。マイル・ポイント・クレジットの情報を日々提供しているのが当サイト「すけすけのマイル乞食」です。

今回は家族4人でANAマイルを利用した特典航空券でハワイに遊びに行ってきました!利用した機材はANAのホノルル行き専用機材A380のプレミアムエコノミーです。エコノミークラスより一歩ランクが上のプレミアムエコノミーってどんなシートや機内食が用意されているのか、気になる人も多いと思うので、徹底的にレビューします!

ANAが成田=ホノルルで利用している機材はA380という総2階建ての世界最大の旅客機で、2019年よりホノルル路線専用機材として利用されています。搭乗可能人数は520人という超巨大機材で、ハワイに行くなら、このANAのA380に乗りたい!!!という声は飛行機マニアだけでなく、ごくごく一般的な方でも多数いるようです。

今回、ホノルルから成田への復路便で、このANAホノルル路線専用機材A380のプレミアムエコノミーに搭乗してきました。これが、めちゃくちゃ快適だったんです。

この記事は、そのプレミアムエコノミーの搭乗記になります。まずは、プレミアムエコノミーの料金や、ANAマイルを利用した特典航空券の話を少しして、その後に実際の搭乗レビューを詳しく画像付きで紹介していきます!

 

ANAホノルル行きA380のプレミアムエコノミー往復運賃はいくら?

プレミアムエコノミーはエコノミークラスに比べるとかなり快適なシートであることは間違いありません。ANAのA380に搭載されている最新型のプレミアムエコノミーにもなると、10年前のビジネスクラスと大差ないレベルにまでなっているとも言われます。

プレミアムエコノミーはシートは広いのも当然ながら、搭乗の前には豪華なANA LOUNGEも利用できるなど、エコノミークラスより一歩上のシートであることは間違いないと思います。

さて、このプレミアムエコノミーってホノルルまでの往復でいくらくらいするのかご存じですか?

ANA A380プレミアムエコノミー値段

往復の運賃が12万円、諸税込みで143,120円となっています。これは閑散期の2月の料金で、ゴールデンウイークや年末年始などの繁忙期では2倍以上にもなったりします。

ちなみにエコノミークラスは同日程で調べると、93,120円です。つまり、5万円の追加料金を支払いさえすれば、往復ともにプレミアムエコノミーに搭乗可能なわけです。

この5万円という金額が、コストパフォーマンス的には価値が高いのか、価値がないのか、妥当なのか、この記事でANAのA380プレミアムエコノミーをしっかりレビュ―しておきたいと思うので、5万円の価値がある!!と感じた方は是非積極的にプレミアムエコノミーを選択してみてください。

 

ANAホノルル行きA380のプレミアムエコノミー特典航空券必要マイル数は?

さて、自分は今回は家族4人でホノルルに行ってきたのですが、プレミアムエコノミーは1人5万円を追加すればエコノミークラスからランクアップできるとは言え、4人にもなると非常に高額であることは間違いありません。

が、自分が搭乗したのは、ANAマイルを利用した特典航空券です。マイルを利用すると、かなりお得に搭乗することが可能なのですが、何マイルでホノルルまで行くことができるのか整理しておくと、

L R H
エコノミークラス 35,000 40,000 43,000
プレミアムエコノミー 53,000 58,000 61,000
ビジネスクラス 60,000 65,000 68,000
ファーストクラス 120,000 120,000 129,000

となっています。

2月はローシーズンなので、往復で53,000マイル(+諸税)でホノルルに行くことが可能です。運賃が12万円だったので、1マイルあたりの価値は2円強ですね。それくらいの価値でマイルを利用していることになるので、まずまずかなとは思います。

ただ、ANAマイルの場合には、あと7,000マイル追加すれば、ビジネスクラスに搭乗できるのも事実です。7,000マイル差で、ビジネスクラスに搭乗可能なら、個人的にはビジネスクラスに搭乗したいところです。

が、ホノルル行きのビジネスクラス特典航空券は取るのが非常に難しいです。人気が高く一瞬で売り切れますし、そもそもホノルル行きのANAビジネスクラスの特典航空券は、一般会員には1便につき2席(SFCなら3~4席)しか開放していません。自分も、復路はその競争に負けたのもありプレミアムエコノミーになっています。

プレミアムエコノミーの特典航空券は、実はA380の場合には、1便につき9席以上も開放されており、ビジネスクラスに比べると取りやすさが格段に違います。特典航空券を検索している人も、ビジネスクラスは空席がないけど、プレミアムエコノミーはある、う~~~ん、、、、どうしよう・・・なんて悩んだこともある人もいると思います。そんな人も是非、この記事でプレミアムエコノミーの魅力も知ってもらいたいと思います。個人的には、ANAのA380プレミアムエコノミーは満足度が高かったので。



スポンサーリンク

 

ANAホノルル専用機材A380プレミアムエコノミー搭乗記。快適な空の旅を徹底レビュ―!

では、ANAのホノルル行き専用機材A380のプレミアムエコノミー搭乗レビュ―です。ホノルルから成田まで9時間弱のフライトになります。

ANA A380プレミアムエコノミー

こちらが復路で搭乗したANAのホノルル行き専用機材A380。A380は総2階建ての世界最大の旅客機で、ANAは現在2機を導入済で、最終的には計3機をホノルル路線に導入します。エンジンも4発のバカでかい飛行機です。

ペイントはカメの絵になっており、3機のA380はブルー・グリーン・オレンジとカラーが異なり、実はカメの表情も異なります。乗る機会があれば是非、カメの表情もチェックしてみてください。グリーンのこちらのカメは笑っている表情になっています。

 

A380のシートマップですが、計520人乗りで、

ANA A380 プレミアムエコノミーシートマップ ANA A380 エコノミークラスシートマップ

1階は全席エコノミークラス、2階に前からファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミーとなっています。プレミアムエコノミーは2階席の最後尾に73席用意されています。ここに家族4人で搭乗してきました。

 

プレミアムエコノミーに搭乗すると、まず楽しみなのがラウンジの利用です。航空会社のラウンジというと、ビジネスクラス向けという印象があるかもしれませんが、ANAのプレミアムエコノミーに搭乗した場合には、ANAのビジネスクラスラウンジ「ANA LOUNGE」が利用可能です。

ANA A380プレミアムエコノミー ANA LOUNGE

こちらはホノルルのANA LOUNGEの様子です。ホノルル空港には海外唯一のANA LOUNGEが用意されているので、ホノルル行きプレミアムエコノミーなら往路でも復路でも、どちらでもANA LOUNGEの利用が可能になっています。このホノルル空港のANA LOUNGEがまたいい感じなんです。日本とハワイの融合がテーマになっており、食事はおにぎりや生姜焼きといった和のものもあれば、ハワイアンバーベキューチキンのようなハワイ食のものもあります。下記の記事にホノルル空港のANA LOUNGEは詳しくレビューしているので、プレミアムエコノミーに搭乗を検討している方はどんなところなのかチェックしておきましょうね!

ホノルル空港「ANA LOUNGE」は海外唯一。日本らしさもハワイらしさもあり。全貌をレビュ―。

2020-02-28



スポンサーリンク

 

ANAホノルル行きA380プレミアムエコノミーのシートレビュ―

では、搭乗して機内の様子をじっくり見ていきましょう!

ANA A380プレミアムエコノミー

こちらがANAのA380プレミアムエコノミー。2階席の後方にあります。

座席配置は2-3-2の横に7席。この2-3-2というのがなかなかよくて、2人でも3人でも4人でも5人でも6人でも利用しやすいんですよね。4人なら2席ずつ前後に、5人なら2と3で横に5席というような感じで。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

こちらが窓際の2席。我が家は4人で搭乗したので、最後尾の2席2席を確保して4人の家族スペースとしました。ちなみにこの写真の前にもプレミアムエコノミーの席はあるのですが、写真には写っていないですよね。プレミアムエコノミーのシートはそれくらい前後幅があり非常に広いのが魅力です。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

こちらは最前列になるようなバルクヘッドシート。バルクヘッドシートは、足元のスペースがかなり広く一般的にはかなり人気です。自分も国内線搭乗の際にはバルクヘッドシートを選べるなら選びますし、国際線のエコノミークラス搭乗の時にも選べるなら選びます。

が、プレミアムエコノミーに搭乗する場合にはバルクヘッドシートのデメリットも気になり、あえて空席はありましたが選んでいません。

自分が考えるバルクヘッドシートのデメリットは、

  • モニターが離着陸時に利用できない
  • モニターが小さい
  • フットレストがない
  • 前方の収納がない
  • 前を人が横切る

といったあたりです。プレミアムエコノミーなら、元々シートピッチはかなり広いので、自分としてはデメリットも目立ってしまう印象があり、バルクヘッドシートは選んでいません。実際にこの日も、たまたまかもしれませんがプレミアムエコノミーに3席の空席がありましたが、2席は隣合わせのバルクヘッドシートが空席という状況でした。エコノミークラス搭乗時なら、バルクヘッドシートは超人気だと思うのですが、プレミアムエコノミーになるとちょっと好みがわかれるというのが面白いですね。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

シートを最大限リクライニングした状態がこちら。ビジネスクラスのようなフルフラットには負けますが、レッグレストもあり、これだけリクライニングできるとかなり快適です。

なお、自分の席は最後尾。最後尾は後ろに人がいないので、席を倒すのも遠慮がいらないという気持ち的な面でも好みの人もいると思います。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

横からみると、これだけのリクライニング。数年前までのANAのホノルル行きは、ビジネスクラスでこんな感じのシートだったので、A380のプレミアムエコノミーは一昔前のビジネスクラス同等のレベルと言ってもいいような水準にまでなっています。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

実際に座ってみても、前の席には全然届かない。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

足を組んでも届かない。プレミアムエコノミーのシートピッチは97センチで、エコノミークラスより11センチ広いんですよね。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

フットレストもあります。ちなみにエコノミークラスでもフットレストはあるようです。バルクヘッドシートにはフットレストがなくて、個人的にはあった方が足が楽で、9時間近いフライトになると、ありがたい存在です。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

モニターは15.6インチの大型。昔の一人暮らしの家にあるテレビくらいの大きさにはなってきていますね。

それから、このモニターではちょうど安全ビデオが流れているのですが、ANAのホノルル路線だけは他の路線とは違うムービーが用意されているんですよね。今のANAは歌舞伎をテーマにしたムービーが流れるのですが、ホノルル路線はA380に描かれたカメが主役のムービーになっています。是非、じっくり見て下さいね。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

それからこのモニター、少しだけですが、角度を変えることができるんです。わかりますかね?プレミアムエコノミーだと前の席が後ろにけっこう倒れるので、倒した状態だとモニターが少し下を向いてしまうんですよね。それを調整しているわけですね。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

アームレストもご覧の通り。隣の人と肘がぶつかることもありません。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

テーブルはアームレストの中から出てきます。このテーブルを出したままの状態でも、奥の人は前を通り通路に出ることも可能です。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

コンセントは足元にUSBタイプとユニバーサルタイプ。有料ですが、機内WIFIも利用できます。スピードはちょっと遅いですが、インターネット環境もばっちり。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

それから、最初からオシボリを用意してくれているのも好印象です。ビジネスホテルのように布のオシボリを手渡しというわけではないですが、いいサービスです。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

リモコンはANAの他の機材とは違うタイプの新型のものになっていましたが、モニターがタッチパネル式なので、リモコンは客室乗務員さんを呼ぶときだけの利用でした。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

それから、前方の足元にもカップホルダーがあるので、ペットボトルの水なんかを置いておくことも可能です。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

あと、充実度が非常に高かったのが、収納です。プレミアムエコノミーの窓際席限定ですが、かなり大きな収納がついており、パソコンや化粧品などなど機内で利用したいものを入れておくことができるようになっています。窓際席限定の特典で、この収納に関してはプレミアムエコノミーはビジネスクラスより上でした。

そして、収納を閉めた状態で10センチほどの空間があるので、自分のスペースがさらに広く感じられ、非常に贅沢な空間のように感じます。

ANAのA380プレミアムエコノミーのシートは、かなり快適です。ホノルルから日本への復路は、ホノルルを昼に出て、日本に夕方前に到着する便で、ずっと昼間というフライトになっています。機内でぐっすり寝るわけでもないので、ビジネスクラスのようなフルフラットも全然なくても快適なんですよね。逆に往路のホノルル行きは深夜便の早朝着なので、ベッドで寝たい人はビジネスクラスがいいとは思います。

エコノミークラスから一歩贅沢をして、片道だけプレミアムエコノミーにするならフライト時間も長くなる復路が個人的にオススメです。起きている時間も多いので、大型モニターで映画も満喫できるでしょうね。自分も連続ドラマ10本を往復で完結することができました。

 

ANAホノルル行きA380プレミアムエコノミーのアメニティレビュ―

次はプレミアムエコノミーのアメニティも紹介です。

ANA A380プレミアムエコノミー アメニティ

機内に入ると、ビニール袋に入って何個かのアメニティがシートの上に用意されています。まずは、毛布と枕。

 

ANA A380プレミアムエコノミー アメニティ

そして、ヘッドホンとスリッパ。

 

ANA A380プレミアムエコノミー アメニティ

あと、A380ホノルル行きプレミアムエコノミー専用のエコバッグまで用意してくれているんです。往路でプレミアムエコノミーに搭乗した方は、ハワイで使いたくなりますね。

 

ANA A380プレミアムエコノミー アメニティ

あとは、機内食のあとに手渡しで歯ブラシ・アイマスク・耳栓も配ってくれました。

 

ANA A380プレミアムエコノミー アメニティ

そして、こちらはアメニティというか、子供にくれたプレゼントで、スプーン&フォークセットです。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、スプーンの先端にはA380のカメ、フォークの先端にはANAの飛行機がついており、子供が非常に喜びそうなプレゼントになっています。



スポンサーリンク

 

ANAホノルル行きA380プレミアムエコノミーの機内食レビュ―

プレミアムエコノミーは機内食もエコノミークラスとは違うものが用意されているのも魅力です。

ANA A380プレミアムエコノミー 機内食

シートポケットにメニューが入っているのですが、メニューはこちらのANAのホームページでも事前に確認しておくことが可能です。

プレミアムエコノミーの機内食メニューを見ておきましょう。

ANAホノルル路線プレミアムエコノミー機内食メニュー

メインディッシュは2種類から選べます。ハワイ系の料理か、和食。これが離陸直後に提供されます。

あとはフライトの途中で、軽食のオーダーもできるようになっています。往路は深夜便の6時間フライトので、軽食を頼む人は少ないとは思いますが、復路は8時間以上にフライトで昼便なので、軽食があるのはありがたいですね。

 

ANAホノルル路線プレミアムエコノミードリンクメニュー

こちらはドリンクメニュー。ホノルル路線限定のドリンクがあるのも見逃せません。

 

ANA A380プレミアムエコノミー 機内食

離陸後に安定飛行に入ると、まずはドリンクとスナックが提供されます。子供にはホノルル路線限定のパイナップルジュースをオーダーしてもらいました笑、自分が飲んでみたいので笑。

 

ANA A380プレミアムエコノミー 機内食

こちらが1回目の機内食。ANAの短距離路線のビジネスクラス同等レベルの機内食が提供されてきてビックリ。プレミアムエコノミーの機内食は豪華です。器もプラスチック製ではないんです。

 

ANA A380プレミアムエコノミー 機内食

こちらは自分が頼んだ、ハワイアンチキンとガーリックシュリンプ。帰国時に和食で日本を感じてもOK、最後までハワイの雰囲気を満喫してもOKです。自分はガーリックシュリンプが好物なので、もちろんこれ。味もなかなかハイレベル。前菜の皿のマリネとサラダもけっこう旨いし。

 

ANA A380プレミアムエコノミー 機内食

子供たちは魚を選んでしました。

なお、バルクヘッドシートのデメリットを先ほど書きましたが、メリットにもなるのが、機内食が先に選べるという点です。後方だと1種類しか残っていないこともありますからね・・・。この日も自分でガーリックシュリンプはラスト1つと言われました。危ない・・・。

 

ANA A380プレミアムエコノミー 機内食

食後にはマンゴーのシャーベットとコーヒー。ドラマを見ながら快適すぎます。

 

ANA A380プレミアムエコノミー 機内食

3時間ほどしておやつの時間には、軽食のスープパスタがどんなものなのかオーダーしてみました。よくコンビニに売っているタイプのやつですね。小腹が空いたときに是非オーダーしてみてください。

 

ANA A380プレミアムエコノミー 機内食

んで、子供がトイレに行き帰ってくると、こんなものをもらっていました。ANAホノルル路線限定のパイナップル味のポッキーです。これは魅力あり!パッケージもGOOD!!!もらえたらラッキーですね!

 

ANA A380プレミアムエコノミー 機内食

離陸前には2回目の機内食も提供されます。こちらはエコノミークラスと同じ内容のようです。

 

ANA A380プレミアムエコノミー 機内食

サンドイッチですね。

 

ANA A380プレミアムエコノミー 機内食

そのあとには、ハワイアンクッキーを配ってくれました。

プレミアムエコノミーの機内食の満足度けっこう高いです!日本から中国・香港などの3~4時間フライトのビジネスクラス機内食と同等かそれ以上の内容の食事が提供され、本当に不満もなく、いい機内食でした。次回もホノルルからの帰国便はプレエコにしようかな。

 

ANAホノルル行きA380プレミアムエコノミーまとめ

ANA A380プレミアムエコノミー

8時間半ほどのフライトもプレミアムエコノミーのおかげで超快適でした。シートは広いし、モニターは大きく映画も満喫できるし、食事もけっこう旨い。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

そして、最後にはポラロイドカメラで写真撮影のサービスつき。往路はビジネスクラスに搭乗していたのに、こんなサービスなかったぞ。復路のプレミアムエコノミーの満足度高しです。

もちろん、ビジネスクラスの方が快適なのは間違いないとおもいます。特に特典航空券で搭乗する場合なら、必要マイル数も大きな差がないので、できたらビジネスクラスに搭乗したいと思う人も多いとは思います。でも、プレミアムエコノミーしか空席がない。そんなときはプレミアムエコノミーでも全然いいんじゃないですかね。想像以上にホノルル路線のA380のプレエコは快適でしたよ。次回もプレエコに搭乗したいなと思いますし。

また有償航空券だと、ビジネスクラスは値段がどうしても高いです。エコノミークラスに5万円追加で、往復ともプレミアムエコノミーという贅沢はありだと思います。せっかくのハワイですし、ちょっと贅沢したいな~なんて考えている人は、選択肢の一つとして参考にしてみてください。

 

ANA A380プレミアムエコノミー

ANAホノルル路線A380のプレミアムエコノミーは楽しいフライトでした。7色の天井がハワイらしさ全開で、最後までハワイを感じることができ満足です。また家族でハワイ旅行に行けたらいいなと思います。そのためには、ANAマイルを貯めねば・・・。

「陸マイラー」が「年間30万ANAマイル」をどう貯めたのか。【ANAマイルの貯め方 完全公開】

2016-07-29

 

おすすめ関連記事

7 件のコメント

  • すけすけさん
    いつも楽しい記事ありがとうございます。
    自分も夏にハワイ行く予定で、ウミガメに登場予定です!
    ANAだとビジネスとプレエコ半々ができず、値段的にプレエコで予約したため、とても参考になります。
    今から搭乗が楽しみです。
    マイルが溜まったらビジネストライしてみたいですね、ビジネスの記事も参考になりました。余談ではありますが、エアカランに乗られたことありますか?ビジネスでの食事がとても美味しくて、もし行かれることあればおすすめです!

    • すぬさん
      プレエコも非常に楽しく搭乗できたので、是非とも満喫してきてください!!!
      エアカラン、機会あればいつか搭乗したと思っている航空会社の一つです!!!楽しみにしておきます!!

  • すけすけさん、コメントありがとうございます。自分も同意見です。調整がつけば行こうかと思っています。

    • いちさん
      色々な考えや、色々な価値観があるので、自分の判断を大切にしてください。
      自分としては、職業柄コロナウイルスがどのようなものなのか、なんとなく判断しやすい状況にあることや、極度の自粛は経済面でも多くの方に迷惑になるとも考えているので、現状だと普段の行動をする分には特別な制約は必要ないとは思っています。過剰な人が集まる範囲や、本当にリスクの高い地域へは自粛、そして手洗いなどの基本はしているつもりではあります。

  • いつも楽しく拝見&参考にさせてもらっています。自分がANAマイルを本格的に貯め始めた目標がビジネスクラスでハワイに行くことだったので、とても興味深く読みました。ただ、ビジネスは1-2-1のレイアウトが多いですよね?自分は子供がいないので、行くときは二人になると思います。窓際が大好きな自分としては悩み所で、プレエコがどんなんだろ?と思っていたのでとてもタイムリーでした、ハワイに行くならA380で行きたいし。今年、SFC修行していてプレエコの良さは味わっています。これで十分だなあ、と。早くコロナ肺炎が終息してマスク無しでCAさんの笑顔を見れるようになりたいですね。

    • ほりさん
      はい、プレエコかなり快適ですよね!!近々、ビジネスクラスの様子もアップするので、また遊びに来てください!!!
      本当にコロナ関連は落ち着くことを祈るばかりです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください