【ANAマイル交換レート86.25%】モッピーが「エクスプレスキャンペーン」も開催!!

【恒久化決定!】モッピーがANAマイルへの交換キャンペーンも開始。注目のTOKYUルートの利用で、ANAマイル交換レートが86.25%に。「エクスプレスキャンペーン」開催。

すけすけ
モッピーの人気キャンペーン「エクスプレスキャンペーン」が恒久化し、当面継続されることになりました!!!!これはマジで朗報!!JALマイルが貯まる「ドリームキャンペーン」と合わせて、モッピーは陸マイラーには最高のポイントサイトです。

TOKYUルート」を利用したANAマイル交換レート86.25%のキャンペーンです。

では、モッピーがスタートしたANAマイル交換レートがソラチカルートを超える86.25%になる「エクスプレスキャンペーン」の紹介です。エクスプレスキャンペーンの公式ページはこちら

 

モッピーの「エクスプレスキャンペーン」とは。TOKYUルートでANAマイル交換レートが86.25%。

まず、今回紹介するキャンペーンは人気ポイントサイト「モッピー」が開催するものです。

まだアカウントのない方は、下記よりアカウント作成でボーナスポイントがもらえる入会キャンペーンを開催しているので、今のうちに作成しておきましょう(ボーナスポイント詳細は下記バナー内にて)。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

入会キャンペーンの詳細はこちらの記事でもご確認ください。

モッピーポイントの使い方

モッピーのポイントは1P=1円で複数のポイントに交換も可能です

  • 1pt=1円で銀行振込、Amazonギフト券、楽天スーパーポイントなど
  • ANAマイルは、TOKYUルートで交換レート75%。例えば20,000P=16,200ANAマイル
  • JALマイルは、モッピーキャンペーンで交換レート最大で80%。例えば20,000P=16,000JALマイル

ポイントの使い方が超魅力的なのが、モッピーの強みです。現金で受け取りもOK、ANAマイルやJALマイルにも交換可能です。JALマイルにも高レートで交換できるポイントサイトはモッピーしかありません

 

さて、今回ANAマイル交換レートが86.25%になる「エクスプレスキャンペーン」という名称のキャンペーンの概要をまず説明しておくと、

  1. モッピーの10,000Pをドットマネーに交換(スマホからのポイント交換でリアルタイムに交換完了)
  2. ドットマネーから10,000マネーをTOKYU POINTに交換
  3. 後日モッピーのアカウントに1,500Pが付与

というものです。キャンペーン期間は恒久的に継続予定で終了日は未定です。

つまり、このルートを利用すると、1,500Pが付与されるので、モッピーのポイントが事実上10,000Pから11,500Pにアップします。そして、この11,500PをTOKYUルートの交換レート75%でANAマイルに交換すると、8,625ANAマイルになります。

ただし、このモッピーの「エクスプレスキャンペーン」を利用してANAマイル交換レートを86.25%にするには、条件があるので、その条件だけしっかり確認しておいてください。

 

条件①「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」をお持ちの方

こちらの「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を保有していないと、TOKYU POINTを交換レート75%でANAマイルに交換することができないので、当然保有が必要になります。

先月すでに発行された方も多いかもしれませんが、まだの方は是非発行しておきましょう。今後も各ポイントサイトが、このカードを利用したキャンペーンを利用する可能性があるので、発行しておいた方がいいと思います。モッピー経由での発行で、300P~1,500P程度(在庫切れでポイントサイトに出ていないこともあります・・・)ですがポイントがもらえます。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードってどんなカード?

年会費が安く、ポイント還元率も高く、ANAマイル交換の中継地点にもなる非常に優秀な陸マイラー注目のカードです!!

【2020年版】ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのメリット・デメリットとは。

2020-01-23

 

条件②モッピー公式プリペイドカード「POINT WALLET VISA PREPAID」をお持ちの方

モッピーの公式プリペイドカード「POINT WALLET VISA PREPAID(年会費永久無料)」も保有していないと、この「エクスプレスキャンペーン」は利用できません。

なので、発行してあげてください笑。

 

条件③「ドリームキャンペーン対象」マークのついた広告を、合計15,000P以上利用された方

ここが少しややこしいです。

月に15,000P以上の広告利用をしないと「エクスプレスキャンペーン」の適用がありません。

なお、この15,000P以上の広告利用というのはモッピーのJALマイル交換レート80%の「ドリームキャンペーン」の条件と同じもので、

  • エクスプレスキャンペーンの15,000Pをクリア=JALマイルのドリームキャンペーンの15,000Pをクリア

となっています。どちらも同じ条件に設定してくれているので、JALマイルのドリームキャンペーンを利用したことがある人にはわかりやすいかもしれません。

 

月内の15,000Pの利用というのは、下記のように解説されています。

通帳への「予定反映あり」のものは、

  1. ①対象広告は、「ドリームキャンペーン対象」のマークが付いた広告です。
  2. ②予定反映「あり」の場合、広告のご利用(登録・申込など)後、予定反映の項目に記載の期日までに、ポイント予定明細に反映します。
  3. ポイント予定明細の「利用日(登録・申込など)」が広告利用の対象となります。
  4. ポイント予定明細の「予定P」に反映されたポイントが、今月の広告利用分にカウントされます。

となってます。

基本的には、ほぼすべての広告に「ドリームキャンペーン対象」のマークはついています。そして、その広告を利用すると、通帳に記載されるのですが、その利用日が1月になっているものの合計予定Pが15,000以上になる必要があります。ポイントが確定しなくてもいいので、予定でもいいので1月中に15,000Pの利用が必要になります。

 

また、通帳への「予定反映なし」の広告に関しては、

  1. ①対象広告は、「ドリームキャンペーン対象」のマークが付いた広告です。
  2. ②予定反映「なし」の場合、広告のご利用(登録・申込など)後は予定明細に反映せず、確定反映の項目に記載の期日までに、ポイント確定明細に反映します。
  3. 予定反映「なし」の広告利用については、ポイント確定明細の「獲得日」が広告利用の対象となります。
  4. ④ポイント確定明細の「獲得P」に反映されたポイントが、今月の広告利用分にカウントされます。

という条件になっており、こちらは広告の利用日ではなく、ポイント獲得日が広告利用の対象日となります。

先ほどの「予定反映あり」の予定Pと、「予定反映なし」の確定Pで、合わせた合計額が15,000Pに到達すると条件クリアになります。

 

また、

予定反映がない広告で、確定明細の記帳時期が月をまたぐ場合はカウント対象外となります。

という注意点もあります。つまり、例えとして1月に広告利用して、それが通帳に記載されないタイプの広告であった場合には、1月中にポイント反映すれば、15,000Pにカウントされますが、2月以降にポイント反映した場合には1月分・2月分どちらとしても15,000Pの広告利用にはカウントされません。ここは注意がいります。

 

あと何ポイントで15,000Pが達成できるのかわからなくなったら、こちらのページで確認できます。

あと何ポイントでクリアなのか表示されるので確認してみてください。

 

条件④10,000Pをドットマネーに交換し、TOKYU POINTに交換する

あとは簡単です。

条件①~③を達成したら、あとは10,000Pをドットマネーに交換して、ドットマネーからさらにTOKYU POINTに交換してください。キャンペーン期間中の、各月末までにTOKYU POINTへのポイント交換を申請した方は、翌月の下旬までにモッピーのアカウントに1,500Pが付与されます。

注意点は、

  • 10,000P以上をドットマネー→TOKYU POINTに交換しないとダメ(3,000Pをドットマネー→TOKYU POINTと交換してもボーナスの1,500Pはもらえない)
  • 1,500Pがもらえるのは月に1回(20,000P交換しても1,500P×2回はもらえない)
  • モッピーのポイントから10,000PをTOKYU POINTまで交換したもののみ対象(モッピーからとハピタスとポイントインカムを合わせてドットマネー10,000マネーにして、TOKYU POINTに移行しても1,500Pはもらえない)

という点です。

 

以上、モッピーの「エクスプレスキャンペーン」の紹介です。

このキャンペーンを利用するとTOKYUルートのANAマイル交換レートが75%から86.25%(実は87.15%)になるというキャンペーンです。条件達成には、③の15,000Pの広告利用がなかなかハードルは高いです。

dカードゴールドなんか発行すれば、一撃20,000Pですし、人気の「ネスレ」系の広告なんかも高ポイントでかなりおススメです。

モッピーはJALマイルへの交換キャンペーンに非常に力を入れてきましたが、ANAマイルへの交換キャンペーンも開催することになりました。今後にもかなり期待しています。

まだアカウントのない方は、下記よりモッピーのアカウント作成で入会キャンペーンを開催しているので、今のうちに作成しておきましょうね。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

18 件のコメント

  • こんばんは、いつも楽しく拝見&参考にさせてもらっています。
    例として、50,000モッピーポイントをANAマイルにしたい場合、
    それをドットマネーに交換する。その50,000ポイントを10,000ポイント
    ずつ、5か月に分ければ1,500×5回、反映されると解釈でよいでしょうか?

    • ほりさん
      その理解でいいと思います。最終的には50000の75%である37500マイルになります。月に75000マイルまでドットマネーから移行が可能です。

  • いつもわかりやすい記事ありがとうございます!
    モッピーのエクスプレスキャンペーンは、TOKYU POINTに移行後、ANAマイルではなく、JALマイルには交換できないのでしょうか??(ポイントインカムのインカムルートのように)

  • 初めまして。
    LINEルートの閉鎖、ショックです。
    今、買い物にはANA VISA ゴールドを利用してGポイント→LINEポイントと移行しているのですが、このルートも閉鎖ですよね。
    今後、クレジット決済にはどのカードを使うのがANAマイルを貯めるのに一番いいのでしょうか?
    教えて頂けると幸いです。

  • ANAマイルを貯めています。LINEポイントからメトロポイントへの移行廃止と、モッピー ポイントがTOKYUルートの方がお得(期間限定)の件を知りました。クレジットカードは年会費をいくつも払えないので、ソラチカカード1本にしたばかりです。
    ですが、今後ソラチカカードは保有していても、あまりメリットは無いのでしょうか?
    TOKYUカードに乗り換えた方がいいのでしょうか?

    • くうさん
      そうですね。来年以降には、ANATOKYUの方が重要になりますので、そちらの発行をご検討ください。

  • すけすけ様
    いつも有益な情報をありがとうございます。
    そこでひとつ質問です。
    現在、JALのTOPカードを所有しておりますが、今回のキャンペーンが適用されるべく、ANA TOP PASMO マスターカードをモッピーから申し込みました。
    ただ、実際のクレジットカードが手元に来るまでタイムラグがあるので、手っ取り早く、現在手元にあるJALのTOPカードから交換しようかな?と思ったのですが、実質86.3%にするためには、やはり今回作成したANAカードの方からでないと、還元率が悪いのでしょうか?
    モッピーのHPには、「最高レートで交換するためにはこちらのカードが必須となります。対象券種を確認したい方はこちらをご確認ください。」と記載があるので、リンク先を見ると、JALカードも対象カードのような印象が見受けられます。
    とても悩ましいので、もしご存じだったら、ご回答のほど、よろしくお願い致します。

    • りっちゃさん
      JALカードからはANAマイルには移行ができないようになっております。

  • いつも大変参考にさせていただいてます。
    ポイントインカムでも同様のキャンペーンがあるようです…!!

    • はなさきこさん
      インカムの3%増量ですよね!ソラチカの還元率よりは低いですが、ソラチカを超える分には有効ですよね!

  • こんにちは
    LINEルートを活用するためにカード決済もLINEカード、LINEペイ払いも積極的に行っていたんですが、8月からポイントバックでなく実質キャッシュバックになるようで途方に暮れていました
    2%還元だったしポイントもすぐ付いたんで良かったんですけどねぇ…
    エクスプレス主流になりそうですね

    • はるさん
      LINEのポイント変更は、多くのマイラーに非常に残念ですよね・・・・

  • おはようございます。

    トップページを見たらこの記事は珍しく、アイキャッチを設定してないのですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください