すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

スポンサーリンク

【黒い飛行機】スターフライヤーはANA・JALよりも座席も広く、安く乗ることもできる快適空の旅。

外見も黒。内部も黒。ブラックに統一されたスターフライヤーは、実は通常のANAやJALよりも座席が広く非常に快適。しかも、安くのることも可能。

スターフライヤー(SFJ)。

f:id:bmwtatsu:20170805111157p:image

ご存知ですかね、この黒い飛行機。

日本の航空会社なんです。あまり知らない方も多いかもしれませんが、北九州市に本拠地を置く航空会社で、なんと言っても全面が「」の飛行機が特徴的です。カッコいいですよね。

 

実は、自分は割とよくスターフライヤーに乗っています。関西空港から羽田行きの便も飛んでおり、その区間をちょこちょこ利用します。今回、久々にスターフライヤーに搭乗したので、その全貌を公開しておきます。

 

特にANAマイルを貯めているような、ANAマイラーには関係のある話です。というのも、スターフライヤーは、ANAと共同運航で行なっており、搭乗でANAマイルも貯まりますし、ANAマイルを貯めて特典航空券でスターフライヤーの便に搭乗することも可能です。飛行機が好きな方は是非とも知っておいてください。

 

黒い飛行機「スターフライヤー」は席が広くて快適。座席がプラス12cm。

f:id:bmwtatsu:20170805112213p:image

まず、黒い飛行機スターフライヤーは見た目がカッコいい。子供なんかも非常に喜びそうですよね。

ちなみに、内部もブラックに統一されています。

f:id:bmwtatsu:20170805112351p:image

いやー、カッコいいですね。全座席黒レザー。

そして、この座席の前後幅(シートピッチに注目してください。実は、ANAやJALより広いんです。LCCでは71cm、ANA・JALでは79cmが標準なのですが、スターフライヤーは80cm台を通り越して、なんと91cm。すごく快適です。

こちらの飛行機はA320という機材を利用しているのですが、LCCでは180座席用意されていますが、同じ機材でもスターフライヤーはなんと150席。そりゃ席も広いはずです。

 

そして、国内線にしては珍しく座席にモニターが付いてますよね。この機能がまた素晴らしい。

f:id:bmwtatsu:20170805113101j:image

フル装備ですよ。

モニターでは、20チャンネルほどの番組を見ることも可能ですし、USB電源まで全席完備。しかも、足元には通常のコンセントも完備されているんです。これは素晴らしい。

空港での待ち時間の間って、いろいろ写真を撮ったり、暇な待ち時間にスマホをピコピコいじってると、すぐに電池が減ってしまうんですよね。そんなときに、機内で充電できると本当に嬉しいんですよ。これはANAもJALも追随してほしいところです。

 

ちなみに、LCCではありせんので、ちゃんとドリンクも出てきます。

f:id:bmwtatsu:20170805113829p:image

出てくるコーヒーは「タリーズコーヒー」。紙コップはもちろん黒。

他にも、数種類のドリンクが用意されています。

 

実は、スターフライヤーってそんなに有名じゃないかもしれませんが、ANAやJALより快適なんじゃない?って思ってしまうレベルです。

 

運行路線は羽田と北九州が中心

さて、そんなスターフライヤーですが、どの路線を運航しているのか整理しておきます。運航は下記の6路線です。

羽田ー北九州(1日11往復)

羽田ー福岡(1日8往復)

羽田ー関西(1日5往復)

羽田ー山口宇部(1日3往復)

中部ー福岡(1日3往復)

北九州ー那覇(1日1往復)

基本的には、九州地方の方がメインで乗る路線が多いですが、東京と大阪を結ぶ路線にも羽田ー関空便があるので、潜在的には利用する機会がある人も多いでしょう。

スターフライヤーはANAとのコードシェア便で、どちらからも予約可能

このスターフライヤーという航空会社はANAと共同運航しています。コードシェアというやつですね。ANA/スターフライヤーどちらのサイトからでも予約できます

 

なので、こんな疑問が出てきます。

ANA/スターフライヤーどっちで予約すべき?値段は違うの???マイルはどうなるの???

 

実は、ANAからの予約と、スターフライヤーからの予約はそれぞれメリット・デメリットがあります。そのあたりを整理しておきます。

ANAサイトからの予約は、運賃もマイルもラウンジ利用もANA扱い

ANAから予約した場合は、通常のANA便の予約と何も変わりません。

羽田ー関空の便をANAのサイトから調べてみます。

f:id:bmwtatsu:20170805121934p:image

この4便のうち、赤マルの「SFJ運航」と書かれている便はスターフライヤーの黒い飛行機です。なので、黒い飛行機に乗りたい人はこれを選べば乗ることができます。

逆に、1便目と4便目は通常のANAの青い飛行機です。

ANAサイトからスターフライヤー便を選んだ場合は、ANA側のルールが適用となります。

つまり、

・貯まるマイルはANAマイル

上級会員ならANAラウンジ利用可能

そんなルールが適用されます。スターフライヤー側のルールは適用されないので、スターフライヤーのマイルを貯めることはできません。

これがルールです。

 

完全にANAの便として扱われていると思ってください。なので、ANAマイルを貯めて特典航空券で乗ることももちろん可能です。今回、自分はスターフライヤーの黒い飛行機にANAマイルを使って特典航空券で搭乗しています。

ANAマイルの貯め方は、下記も参照してください。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

ちなみに、スターフライヤー運航便では、機材は黒いスターフライヤーの飛行機ですし、搭乗員等もスターフライヤーの職員です。

また、スターフライヤー便には、ANAのプレミアムクラスといった座席は用意されていません。

スターフライヤーからの予約は、スターフライヤー扱い。が、値段は安い!

スターフライヤーから予約する場合は、完全にスターフライヤー扱いです。

つまり、ANAマイルは貯まりません。上級会員でも、ANAラウンジは使えません。

貯まるマイルはスターフライヤーの「STAR LINK」です。ANAマイルを加算することはできません。

f:id:bmwtatsu:20170805134447p:image

マイレージカードも黒でお洒落です。

 

が、実は1つだけ大きなメリットがあります。同じ便を予約するなら、ANAのサイトから予約するよりもスターフライヤーのサイトから予約する方が値段が安いんです。

 

ちょっと、見てみましょう。

まず、ANAのサイトから見てみます。

f:id:bmwtatsu:20170805123343p:image 

普通運賃が25490円。

f:id:bmwtatsu:20170805123403p:image

最安値が旅割28の11290円。

 

同じ便をスターフライヤーのサイトから予約してみます。

f:id:bmwtatsu:20170805123555p:image

普通運賃が23490円。2000円安いですね。

f:id:bmwtatsu:20170805123625p:image

最安値が9490円。1800円安いですね。

 

乗ったらまったく同じ飛行機なのに、値段が違うんですよ。

 

これは面白いですね。基本的には、スターフライヤーに搭乗する場合はスターフライヤーのサイトから予約した方が安いってことです。

ただし、ANAマイルを貯めている人に関しては、話が変わってきます。ANAから予約するとANAマイルが貯まります。ANAカードで決済すれば、ANAカードマイルプラス分も加算されます。なので、ANAのサイトから予約した方がお得なケースもあります。一度、差額がいくらなのか両方のサイトをチェックするのが無難です。複雑な感じですが、これもまたマイルの楽しさですね。

 

なお、スターフライヤーのサイトから予約をする場合には、ANAの便は出てきません。

f:id:bmwtatsu:20170805124317p:image

先ほどの、この表で言うと、1便目と4便目はスターフライヤーのサイトには出てこないのでご注意ください。ANA便は、ANAのサイトにしか出てこないんです。

 

黒い飛行機「スターフライヤー」。

非常に快適です。是非一度乗ってみて下さい。ANAマイルとの相性も非常にいいです。

東京から大阪に移動する際は、一度スターフライヤーで関西空港に行ってみるのも楽しいかもしれませんね。割とオススメです。