読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

医者も心配。医療崩壊が起こる???年間3000万円のがん治療薬「オプジーボ」

医師

一つの薬で、医療崩壊だけでは済まず、国家破綻まで見えてしまう高額医療。年3000万円の薬。

「オプジーボ(一般名ニボルマブ)」

という名前の最新の抗がん剤があります。

この薬の価格が、大きな論争を引き起こしています。この薬を一人の人に利用すると年間3000万円以上の費用が必要になるのです。

日本では、国民皆保険制度が導入されており、みんなが同様の治療を受けることができます。これは患者にとっては非常にありがたいことです。高額な医療も受けることが、保険制度のおかげで可能になっています。

が、これは存続可能なのか???そんな議論が巻き起こっています。

 

オプジーボとはどんな薬???

今のところ保険診療で使えるのは、切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌がん(肺がんには種類が何種類かあるのですが、そのうちの小細胞がんと言われるもの以外のがん)および、根治切除不能な悪性黒色種(いわゆる皮膚がんの一種です)という限られたものだけです。

これ、実はがん治療の世界を大きく変える可能性があります。従来の抗がん剤とは全然タイプが違う抗がん剤なんです。従来の抗がん剤はがん細胞の増殖を抑えて死滅させるのですが、オプジーボは患者自身の免疫に働きかけてがんを抑え、有効例では効果持続期間が長いという特徴を持っております。極端な話、がんになりにくい体にしてしまおうというイメージでいいと思います。

がんに対する治療薬なので抗がん剤と書きましたが、「分子標的治療薬」「免疫チェックポイント阻害薬」というような名前で呼ばれることもあります。 

夢の薬と言われており、今まで治療方法のなかったような末期がん患者にも対しても、かなりの効果を出していると学会等で報告が増えています。そして、今後も同系統の新薬はまだまだ出現してきます。

副作用なんかも、今までの抗がん剤とは違うものが出現しているという問題点はあるんですが、ここでは医学的な問題点は割愛します。

費用はなんと年間3000万円を超える。

薬の値段が、100㎎で70万円オーバーです。

体重1㎏あたり3㎎を投与するのが一般的です。60㎏の人なら180㎎ですね。

んっ????

100㎎で70万円

180㎎で126万円

です。

この薬の利用方法ですが、2週に1回。つまり月に252万円ですね。

何回投与する薬なのかってことですが、治療の終了は患者さんの容態が悪化したときです。悪化しない限り基本的にやめることはない抗がん剤になります。悪化というのは、オプジーボの強い副作用が出てこれ以上使用ができなくなるケース、患者が亡くなるケースの2つが代表的です。

治療が有効な限り、使用回数は無制限なんですね。

つまり、年間に252万×12ヵ月=3024万円。年間3000万円を超す治療費が必要になります。

 

自己負担額は???

なんかやばい雰囲気を感じないですか???年間3000万円ですよ。

日本は国民皆保険です。

基本的に多くの人は3割負担です。ただし、3000万円の3割の900万円を支払う必要はありません。

高額療養費制度というものがあり、3割負担とは別に月々の個人負担は収入にもよりますが10万円程度になることが多いです。

高額療養費制度を利用される皆さまへ |厚生労働省

個人負担は年間120万円程度に収まるってことです。患者には非常にありがたい制度です。

が、やばい雰囲気感じないですか???残りの2900万円は保険で賄れているんですよ。

患者数は???

気になりますよね。何人くらい、この薬の適応となる患者がいるのか。

皮膚がん(悪性黒色腫)の患者数は年間500人弱です。非常に少ない患者数です。適応範囲が皮膚がんとして当初の薬の値段は決められました。

が、途中で肺がん患者にも使えることになりました。肺がんでの死者数は年間7万人程度です。すべての人がオプジーボを使う適応があるるわけではありませんが、途中で一気に使用者が増えたんです。現在までに7000人ほどがオプジーボを利用しているようです。

 

仮に7000人がオプジーボを1年間利用すると、総額約2000億円の費用が保険で賄われていることになります。たった一つの薬に対してですよ???

やばい雰囲気ないですか?

この薬が劇的に効く患者もいるそうです。そのこと自体は、本当に素晴らしいことです。

が、薬が効くってことはもっと継続して利用するってことです。一年以上利用するケースも出てくる可能性があります。

現在、日本の年間医療費は40兆円です。そのうち7兆円が薬代です。そして、オプジーボが2000億円くらい利用される。たった一つの薬が日本の薬剤全体の3%を占めてしまう。同様の薬が33個あれば、医療費の薬代7兆円は埋まってしまいます。たったの33個の薬で医療費がなくなってしますとかやばいですよね。オプジーボは、今後腎癌にも適応が広がります。そして、先ほども書きましたが、同系統のがん治療薬がまだまだ開発されています。このままだと医療費が膨張するのは間違いないです。

医療崩壊?財政崩壊は??

放置しておけば、間違いなく起こるでしょうね。ただ、薬のせいで国家まで崩壊させるわけにはいきません。

考えられる方針は

①薬の値段を下げる

ます、これですよね。今回はこれが行われることが決定しました。2017/2から値段は約半額になります。もともと、国としては皮膚がんの500人を対象として薬価を決めていたんです。なので高額な価格にしていましたが、適応が肺がんへと一気に広がったため財政を圧迫し始めました。そして、値段を半額にすることを決定しました。

ちなみに、オプジーボは小野薬品という会社の商品です。半額にするという話が出始めたのが、2016の夏頃です。

小野薬品の株価です。f:id:bmwtatsu:20161127231259p:image

この話が出始めた直後くらいに、急落しています。なんか、グラフの連続性が突然なくなりましたね。ガクっと落ちている瞬間があります。オプジーボの影響だけなのか何とも言えないですが、これが現実です。

会社側としては、たまったものじゃないですね。ローソンが突然国から「全品半額にしなさい。」とか命令が出たらわけがわかりませんよね。まぁ、薬の世界ではそんなことが現実に起こっているんです。

通常はこういうことはありません。原則、新薬の価格変更は2年に一度です。が、突如この薬は値段が下げられました。このままではやばいってことを国が自覚したのでしょう。

 ②国民皆保険制度の変更

長い目でみると、起こっても全然おかしくないと思います。今後、高額な医療はどんどん出てきます。医療費が減ることは想定しにくいです。

となると、国はどっかで皆保険制度の見直しが必要になるでしょう。抜本的に。

3割負担から7割負担に。

生活保護の人も、医療費負担発生(現在、生活保護を受けている方は医療費は無料です)。

こんなことがあっても全然おかしくないと思います。少なくとも、自分が死ぬまで今の制度が持続しているとは考えにくいです。

保険制度そのものがなくなって、すべて自己負担なんて時代が来るかもしれません。

 

この問題は、非常に根が深い 。新薬の承認とも無関係ではない。

実は、日本は他の欧米の国に比べると新薬の承認が遅いと言われています。

諸外国では認められている薬が日本では認められていない。そんな話を聞いたことはないですか???

これは医療費の問題が絡んでいるんです。どんどん承認すると、医療費は爆発的に増えます。特に新薬は値段がめちゃくちゃ高いので。

なので、なかなか承認できないですよね。国も板挟みなんですよ。

患者には新薬を承認していきたい。

が、新薬を承認すると国民皆保険制度の維持が難しくなる。結果として、今までと同等の医療を受けることができなくなる。

非常に難しい舵取りなんだと思います。  

 

人の命に値段なんてつけられません。

金銭的な面だけで評価するものではないと思います。

が、野放しにしておくと自分たちに跳ね返ってきます。

自分の寿命が来る頃には、どうなっているんだろうか医療の世界。そして日本。

新しい薬が出現して、今までできなかった治療に出会うと、発見や感動とともに恐怖みたいなものも湧き出てきます。

 

一医師の独り言です。

 

■当ブログ内医療記事

www.sukesuke-mile-kojiki.net

www.sukesuke-mile-kojiki.net