すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

スポンサーリンク

【改良 ANA VISAの還元率UP】三井住友VISAのワールドプレゼントポイントからPeXにポイント交換開始。

三井住友VISAカードのポイント移行先にPeXが追加。ANA VISAワイドゴールドカードの還元率は1.72%へ上昇し、利便性も向上。

ちょっとした嬉しいニュースです。

【改悪】ではなく、【改良】のニュースが入ってきました。

f:id:bmwtatsu:20170406171425p:image

メインカードをANA VISAカードにしている方は還元率が向上し、利便性がアップしたのです。

それほど大きな改良ではないかもしれませんが、関係する人は非常に多いと思うので記事にて整理しておきます。

 

ANA VISAを含む三井住友VISAカードのワールドプレゼントポイントの交換先にPeXが登場

ANA VISAカードは三井住友VISAカードの提携カードに属します。

その、三井住友VISAカードのワールドプレゼントポイントの交換先にPeX登場しました。

f:id:bmwtatsu:20170406171527p:image 

ANA VISAカードを利用してカード決済した場合にもらえるワールドプレゼントポイントは2種類あります。

1.通常ポイント(1ポイント10マイルでANAマイルに移行可能)

2.ボーナスポイント(1ポイント3マイルでANAマイルに移行可能)

というのが基本です。(10マイルコースに登録していないと、通常ポイントは1ポイント5マイルになります。)

が、

ボーナスポイントはソラチカルートの活用で1ポイント4.455マイルとして移行できる

という裏ルートがあることは皆さんもうご存知ですかね?

www.sukesuke-mile-kojiki.net

詳しい、方法は上記記事を参照してほしいのですが、

G pointを経由するとボーナスポイントの価値は上昇する

という裏ルートが存在しています。

 

が、G point経由以上に交換レートがよくて、かつ利便性の高いポイント交換先が新しく登場しました。それが【PeX】です。

旧ルートのG point経由と、新ルートのPeX経由で還元率がどう向上し、利便性がどう向上したのか比較してみます。

旧ルート「G point」経由

f:id:bmwtatsu:20170406115534p:imageこのルートで交換です。

レートは、

・ボーナスポイント→G pointがレート4.95倍

・G point→メトロがレート0.95倍(この5%の手数料は、G point内の広告を利用するとバックされます。)

・メトロ→ANAマイルのソラチカルートが0.9倍

となっていました。

5%の手数料バックがあれば、10000ボーナスポイントは44550ANAマイルになります。

 

新ルート「PeX」経由

f:id:bmwtatsu:20170406115519p:imageこのルートで交換です。

数字を比べると明らかな有意差がありますね。

同じ10000ボーナスポイントでもG point経由は42390ANAマイル(5%の手数料のバックがあっても、44550ANAマイル)、PeX経由は45000ANAマイル。

 

レートは、

・ボーナスポイント→PeXがレート5倍

・PeX→メトロがレート1倍(ただし、交換1回につき50円相当の手数料必要)

・メトロ→ANAマイルのソラチカルートが0.9倍

となっており、明らかな優位性がPeX経由の新ルートにあると思っていいでしょう。

 

新ルートPeX経由のメリットは2点です。

①交換レートのアップ

②G pointのように5%の手数料を取り戻すために、広告利用する手間が省ける

どちらもユーザーには大きなメリットです。個人的には、②のメリットがお気に入りです。わざわざ広告利用して5%の手数料を取り戻すというのも非常に手間ですしね。

 

一つだけデメリットをあげるとすれば、

PeX→メトロポイント移行時は50円相当の手数料がかかる

ということかもしれませんが、ここは定率ではなく定額です。なので、PeXポイントをまとめてメトロポイントに移行すれば、ほぼ無視できる手数料と考えていいのでないでしょうか。

そもそもPeXは、他にもレシポモバトク・ポイントタウンで獲得したポイントのANAマイルへの移行中継地点でもあるので、これらのポイントもまとめてPeXに貯めてから、いっしょにメトロポイントに移行するようにしましょう。もともとレシポのポイントを移行するときに必要な手数料50円です。ワールドプレゼントポイントの移行で、新たな手数料50円が必要になるわけではないという理解でいいと思います。

 

ANA VISA ワイドゴールドカードの還元率は1.72%に上昇

f:id:bmwtatsu:20170330232948p:plain

結局、ANA VISA ワイドゴールドカードの場合に還元率はどれだけ上昇するのかというと、

旧G pointルート:1.7128%

新PeXルート:1.72%

となるため、0.0072%上昇します。年間300万円の決済で216ANAマイル多く獲得できます。

なお、ANA VISA一般カードの還元率は1.585%に上昇します。

 

数字だけ見ると、たいしたことはないですけどね、、、。300万円の決済で216ANAマイルアップですからね。

ただし、利便性の向上は間違いないです。

・PeXに統一することでポイントの管理が楽に

・G pointのように5%手数料を取り戻すために広告利用をする必要がない

上記の2点もあわせて考えると、ANAマイラーにとって【改良】と言ってもいいでしょう。大げさに騒ぐほどの内容ではありませんが、皆さん是非知って置いてください。

ANA VISA ワイドゴールドカードの還元率1.72%になりました!

G pointは残念ながら陸マイラーに使われることは少なくなるでしょうね・・。

 

三井住友VISAワールドプレゼントポイントからPeXへの移行方法

PeXへの移行は2017/4から始まったのですが、早速移行してみたので方法を整理しておきます。非常に簡単です。

 

①三井住友VISAのVpassにログイン

インターネットサービスVpass(ブイパス)|クレジットカードの三井住友VISAカード

 

②ポイント交換をクリック

 

③ポイントを使う→ポイントサービス「PeX」をクリック

f:id:bmwtatsu:20170406153055p:image

上記のように移行先にPeXが出現しています。

 

④PeX口座番号と移行ポイントを入力

f:id:bmwtatsu:20170406155146p:image

移行ポイント数は最低200ptからの100pt単位です。

なお、ANAカードからのポイント移行時は、ボーナスポイントと通常ポイントとどちらから減るのかというと、必ずボーナスポイントから優先的に減ります。通常ポイントが2000、ボーナスポイントが1200あるような場合は、PeXへの移行は1200と入力すればボーナスポイントだけ移行されます。

間違っても、それ以上のポイントは移行しないで下さいね。移行してしまうと、通常ポイントが減ります。通常ポイントは、直接ANAマイルに移行すれば、1ポイント10マイルになりますので。

実際にやってみます。

f:id:bmwtatsu:20170406155222p:image

この状態から、200pt移行してみました。

f:id:bmwtatsu:20170406155245p:image

ちょうど、ボーナスポイントの方だけ200pt減っています。

 

⑤翌日PeXに移行完了

移行日数は一日だけです。

f:id:bmwtatsu:20170406170821p:image

自分も翌日にしっかりPeXに入ってきました。

ワールドプレゼントポイント200ptはPeX10000pt(PeXは10pt=1円)になりました。

あとは、これをメトロポイントに移行すればソラチカルートで0.9倍レートで、最終的には900ANAマイルになります。

200ボーナスポイントが900ANAマイルになるので、4.5マイル換算ですね。

 

まとめ

ANA VISAカードのワールドプレゼントボーナスポイントは、直接ANAマイルに移行すると1ポイント3マイルだか、PeXを経由すると1ポイント4.5マイルになります。

新規ルートが開設しました!

また、ANA VISA ワイドゴールドカードの記事を書き直さないと、、、。

 

■関連記事

・ANA VISAカードすべての還元率が上昇することになります

www.sukesuke-mile-kojiki.net