すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

スポンサーリンク

【緊急 9450ANAマイルが貯まるMUFGゴールドアメックス】年会費格安の2000円台のゴールドカードを紹介します。この2枚が年会費が安いゴールドカード!!

【期間限定 緊急案件】MUFGカードゴールド(アメックス)の発行で10500円(9450ANAマイル)が貯まる!

先日の記事に追記です。

年会費が格安のゴールドカードとして、「楽天ゴールドカード」「MUFGカードゴールド」を紹介しました。入門編のゴールドカードとして非常にいいと思います。

さて、そのうちの「MUFGカードゴールド(初年度年会費無料)」がポイントサイト経由での発行で、10500円相当(9450ANAマイル相当)のポイントがもらます!

かなりの好条件ですので詳細を見ておきます。

 

今回、紹介するクレジットカードは

MUFGカードゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

です。 

f:id:bmwtatsu:20170423220613p:image

なかなか券面はカッコいいですね。

ちなみにMUFGカードゴールドの別ブランド(VISA、Master、JCB)をすでに所有していても、このカードは追加発行できます。

クレジットカード発行で高ポイントを提示するポイントサイト「モバトク」経由で発行しよう。 

まず、今回利用するポイントサイトは「モバトク」です。

「どこ得」で調べると、1番ポイントをもらえるポイントサイトがモバトクだからです。

もらえるポイントから見ておきましょう。

f:id:bmwtatsu:20170623063732p:image 

モバトクは10pt=1円のポイントサイトなので、105,000ptは10500円相当=9450ANAマイル相当を一撃で確保できます。モバトクポイントはPeX経由でANAマイルにできます。

ポイントに関しては文句のないレベルです。

年会費無料で、1万円相当以上のポイントがもらえるクレジットカードは即発行を検討してもいいレベルです。

今回のカードは、年会費無料は初年度のみで、2年目以降1905円+税です。年会費が2年目以降は必要なので、1年利用してメリットがなければ解約しても全然問題ありません。

が、年会費格安のゴールドカードかつアメックスブランドで、付帯サービスもまずまずな人気のあるクレジットカードになります。カードスペックは後述します。

 

ポイント付与条件ですが、

【獲得条件】
初回クレジットカード申込み後、45日以内のカード発行+入会月の翌月末までに合計5,000円以上のカード利用
対象カード:MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
※1回5,000円の利用でなく、利用合計が5,000円以上であれば対象です。

【獲得対象外】
・申し込み後、45日以内に発行されなかった場合
・正常にカード発行されなかった場合
・発行月の翌月末日までに5,000円以上のカード利用が確認できない場合
・同一メールアドレス、同一IPアドレス、重複、虚偽、不正、いたずら、お申込み内容の不備
※カード切り替えを行っても対象とはなりません

となっています。カード発行の翌月までに5000円のカード利用が必要なことに気をつけてくださいね。5000円なら誰でも日常の生活の中で、使うことのできる金額ですね。

特に買うものないよーって人はAmazonギフト券でも、とりあえず5000円分購入しておくのもありです。

また、カードブランドはVISA・Master・JCBはダメで、アメックスのみポイント付与対象です。間違えないようにしてください。

 

モバトクは現在、当サイト限定タイアップキャンペーンを行っています。下記のリンクよりモバトクに新規登録すると、初回のポイント交換後に500円相当のポイントがもらえます

登録は下記よりどうぞ。

 

なお、MUFGカードゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを発行しなくても新規登録者は500円分(450ANAマイル相当)のポイントがもらえるので、有効に活用してみて下さい。詳細は下記記事を参照してください。

「モバトク&すけすけのマイル乞食」タイアップキャンペーン。新規入会者はもれなく450ANAマイル。 - すけすけのマイル乞食

 

こちらのカードは、当ブログで以前にも紹介したことがあるのですが一日で数百枚の発行があった人気案件です。早期終了が予想されます。

入会キャンペーンで10000円の商品券も獲得チャンス

f:id:bmwtatsu:20170423220955p:image

MUFGカード ゴールド | ゴールドアメリカンエキスプレスカード

上記の入会キャンペーンも併用されます。

最大で、2000pt=10000円相当の商品券ももらえます。50万円のカード利用が必要なので、少しハードルは高いですかね。

50万円のカード利用分のポイントも還元率1%なら5000円相当分もらえます。

なので、合計15000円。

50万円のカード利用で15000円の商品券なので、還元率3%ということになります。そこそこお得な入会キャンペーンだと思います。

 

以下、「楽天ゴールドカード」と「MUFGカードゴールド」の紹介をしています。

ゴールドカードって年会費高いよね?それは昔の話です。「楽天ゴールドカード」「MUFGカードゴールド」は共に年会費2000円台の格安ゴールドカード。そのメリットと魅力とは???

ゴールドカード

f:id:bmwtatsu:20170619215541p:image

クレジットカードにはさまざまランクが存在します。

年会費無料の一般カード。

年会費が数千円する一般カード。

年会費が1万円以上するゴールドカード。

年会費が5万円以上するプラチナカード、ブラックカード。

 

基本的には年会費が高くなるほど付帯サービスが大きくなります。

・ポイント還元率が上がる

・空港のカードラウンジが利用できる

・海外旅行保険が付帯している

・レストランで1名無料になる

こんなサービスが付帯しているクレジットカードも審査に通過して、年会費さえ払えば取得することができます。

 

ただ、年会費高いんですよね。ゴールドカードになると。

当ブログで紹介している人気クレジットカードで言うと、

「ANA VISA ワイドゴールドカード」はANAマイル還元率1.72%とハイスペックですが、年会費1万円超えです。

「SPG AMEX」はホテルの上級会員になれる特典がついていますが、年会費3万円超えです。

 

さて、実はゴールドカードと一言で言っても年会費は非常に幅広いです。

年会費無料のゴールドカードなんかも存在します。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

上記記事にて年会費無料のゴールドカードを3種類紹介していますが、これらは「インビテーション」を取得しないと申込ができないゴールドカードです。

 

実は、インビテーションなしで、自分から申込ができる年会費格安のゴールドカード年会費2000円台というものが存在するので、2つ紹介したいと思います。

この2枚は、年会費が1万円以上するようなカードに比べると、カードの付帯サービスを減らすことで格安の年会費を実現しています。少し、詳しく2枚の格安ゴールドカードを見ておきましょう。

「目次」

 

【楽天ゴールドカード】は年会費2000円+税。カードラウンジも使えて、楽天市場の還元率は5%。

f:id:bmwtatsu:20170619215324p:image

一枚目に紹介する年会費格安のゴールドカードは

楽天ゴールドカード

です。

年会費は2000円+税と格安!

楽天ゴールドカードの詳細を紹介します。

楽天ゴールドカードのメリットは?楽天カード・楽天プレミアムカードとの比較

楽天カードには複数のクレジットカードが用意されています。

・楽天カード(一般)

・楽天ゴールドカード

・楽天プレミアムカード

が代表的なカードになります。

すべてカードブランドは、VISA・Master・JCBの3つから選べます。

2016/9までは楽天ゴールドカードは存在していませんでした。

楽天カードは年会費無料、楽天プレミアムカードは年会費10000円+税なのですが、その間を埋める存在として楽天ゴールドカードが年会費2000円+税で2016/9に登場しました。

楽天ゴールドカードの売りは、ポイント還元率は楽天プレミアムカードと同じなのに、年会費が安いという点です。

カードごとの比較を表にしてまとめてみます。

  楽天カード 楽天ゴールド 楽天プレミアム
年会費(税抜き) 無料 2000円 10000円
券面 シルバー ゴールド ゴールド
楽天市場ポイント還元率 4% 5% 5%
楽天市場以外ポイント還元率 1% 1% 1%
空港カードラウンジ 不可
空港ビジネスラウンジ 不可 不可
海外旅行傷害保険 最高2000万円 最高2000万円 最高5000万円
国内旅行傷害保険 なし なし 最高5000万円

楽天カードと楽天プレミアムカードの年会費の差は10000円+税です。

それに対して、還元率の差は楽天市場でのポイント還元率が1%アップという差です。楽天プレミアムカードの年会費10000円をポイントアップ分で元を取ろうとすると、単純に年間に100万円を楽天市場で利用すれば1%相当の10000円分のポイントがもらえるので年会費分の元が取れます。

楽天プレミアムカードを所有して得するのは、楽天市場で年間100万円以上利用するスーパーヘビーユーザーのみというのが現状でした。

 

(注)ただし、楽天プレミアムカードの大きな特徴として「プライオリティ・パス」が無料で発行できるという特徴があります。このカードを所有していると、世界中の1000ヶ所以上の空港ビジネスラウンジが利用できます。

このプライオリティ・パスは本来年会費349米ドルなのですが、楽天プレミアムカード所有者は、無料で持つことができます。

プライオリティパスに魅力を感じる方には非常にいいカードだと思います。詳細は下記を。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

上記のプライオリティパスに魅力を感じない人には、楽天プレミアムカードは年会費が高すぎるんですよね、、、。楽天市場で年間100万円以上買い物をしないとお得感が出てこないというスーパーヘビーユーザー向けです。

この隙間を埋めるために登場したのが、楽天ゴールドカードです。年会費は2000円+税なのに、楽天プレミアムカードと還元率が同じというのがウリです。

年会費2000円の元を取るには、年間に20万円の買い物を楽天市場ですれば1%ポイントアップ分の2000ポイント相当が上乗せされるために元が取れることになります。月に2万の買い物を楽天市場でしている人には、楽天カードよりも楽天ゴールドカードの方がお得ということです。これくらいの金額なら、楽天市場で利用する人もいるでしょう。

楽天市場でのふるさと納税でもお得に利用できますし。

マイル・ポイントの貯まるふるさと納税。

 

そして、楽天ゴールドカードには、空港のカードラウンジが利用できるという特典もついています。国内主要空港28か所と海外空港2か所(ハワイ・ホノルル国際空港、韓国・仁川国際空港)でラウンジが利用できてしまいます。

下記が利用できるラウンジの一覧。

新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港 仙台空港
新潟空港 羽田空港 成田国際空港 富山空港 小松空港
中部国際空港 伊丹空港 関西国際空港 神戸空港 岡山空港
広島空港 米子空港 山口宇部空港 高松空港 松山空港
松山空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港 大分空港
熊本空港 鹿児島空港 那覇空港 ソウル(仁川)空港 ホノルル空港

 

カードラウンジってどんなところ?という人は下記も参照下さい。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

1枚目の年会費格安ゴールドカードの紹介は「楽天ゴールドカード」でした。

【MUFGカードゴールド】は年会費1905円+税。そして、アメックスブランドも選べる。

f:id:bmwtatsu:20170425234143p:plain

 次に紹介する年会費の安いゴールドカードと言えば、

MUFGカードゴールド

こちらは年会費が1905円+税。格安ゴールドカードですね。

MUFGカードゴールド年会費・還元率等の基本スペック

MUFGカードゴールドの年会費・還元率等の基本スペックです。

発行会社 三菱UFJニコス
国際ブランド VISA・Master・JCB・アメックス
券面 ゴールド
年会費 初年度無料
2年目以降1905円+税(割引制度あり)
基本還元率 0.50%
最大還元率 1.1%(アメックスは追加ポイントあり)
ポイント有効期限 2年
ポイント交換先 商品券等
海外旅行傷害保険 自動付帯
国内旅行傷害保険 利用付帯
国内渡航便遅延保険
カードラウンジ 国際線搭乗時利用可

 

年会費初年度無料が光っていますね。

カードブランドはVISA・Master・JCB・AMEXから選べるのですが、実は、特典の内容的にはAMEXが優遇されています

世界中で利用できるクレジットカードを所有しておきたいなら、VISAやMasterがいいかもしれませんが、アメックスブランドのみの特典も理解した上で申込するのがいいかもしれません。どちらにするのか悩みところです笑。

 

ちなみに、2年目以降の年会費は952円+税に割引となる制度も存在しています。

「楽Pay(リボ払い)」に登録して、リボ払いの手数料の支払いが発生することが条件です。リボ払いの金利発生は嬉しくないですけどね・・・・。

海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険・国内渡航便遅延保険あり

ここはゴールドカードの特色が出ています。

各種保険が非常に手厚いです。

①海外旅行傷害保険が自動付帯

下記の保険がカードを持っているだけで付いています。自動付帯です。

種類 初年度 2年目以降(カード利用額20万円以上) 2年目以降(カード利用額20万円未満)
死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高2,000万円 最高100万円
傷害治療 最高200万円 最高200万円 最高20万
疾病治療 最高200万円 最高200万円 最高20万
救援者費用 最高200万円 最高200万円 最高50万円
賠償費用 最高2,000万円 最高2,000万円 最高100万円
携行品損害 最高20万円 最高20万円 最高10万円

②国内旅行傷害保険が利用付帯

国内旅行に関しては、利用付帯です。

つまりカードで旅行代金を支払いしている場合に、最高2000万円の補償があります。

国内渡航便遅延保険が利用付帯

国内渡航便遅延保険は年会費1万円以上のクレジットカードでもついていないものが大半です。が、このカードにはついています。

旅行中の航空便もしくは航空便に預けた手荷物の遅延などにより、負担となったホテル代等客室料金や衣料品などの費用を最高2万円までの補償があります。

カードラウンジは国際線搭乗時のみ

一般的に、ゴールドカードの大半は空港の「カードラウンジ」は国内線・国際線関わらず利用できます。

が、このカードで利用できるのは国際線搭乗時のみ新千歳・成田・中部・関西・福岡・ハワイの6空港です。

年会費格安のゴールドカードは、削るところは削って、その分年会費を安くしているというのが特色です。

ポイント還元率は0.5%~

ポイントは1000円利用につきグローバルポイントが1ptもらえます。1ptは最大5円相当の価値として商品券等に交換できます(他にも楽天ポイント等に交換できるのですがレートが下がります。三菱UFJニコスギフトカードがお得です。)。

つまり、ポイント還元率は0.5%です。

基本還元率はそれほど高くないです。

ただし、還元率は何個か条件を満たすと還元率がアップします。この条件が複数あり、ちょっとややこしいです笑。少し整理しておきます。

①アニバーサリーポイントで指定月ポイント1.5倍(+0.25%)

ライフカードの誕生日月ポイントアップに似た制度ですね。自分で指定した月のポイントが1.5倍になります。

②グローバルPLUSでポイントアップ

よくある制度で、前年のカード利用額に応じてポイントがアップする制度です。

前年度カード利用額 ポイントアップ
50万円以上100万円未満

プラス0.1%

100万円以上 プラス0.25%

 

③プレミアムスタープログラムでポイントアップ

毎年、下記の条件を満たすと★がもらえます。

・年会費の支払い

・カード利用額が年間50万円以上

毎年最大で★が2つもらえるのですが、★が5個貯まるとボーナスポイントがもらえます。

ポイントは、

前年度カード利用額 ポイントアップ
50万円以上100万円未満 プラス0.05%
100万円以上 プラス0.1%

だけアップすることになります。

④アメックスブランド限定ポイントアップ

MUFGカードゴールドの中でもアメックスブランドだけポイントがアップする特典がついています。

・初年度国内カード利用ポイント1.5倍(+0.25%)

・海外カード利用ポイント2倍(+0.5%)

これはアメックスのみの特典です。

 

上記①から④のポイントアップは併用できます。

例えば、アニバーサリーポイントの指定月を5月にして、その月は初年度国内カード利用アップ分と、それぞれ+0.25%のポイントアップなので合わせて0.5%アップします。基本が0.5%なので、1%にアップするということです。 

うまく条件を満たすことができれば、最大還元率1.1%のゴールドカード(アメックスは更にプラスあり)になるので、年会費格安で、保険も付いており、人気が出ているといったところでしょうか。

アメリカン・エキスプレスとしての特典

さらに、カードブランドがアメックスであることにより、「アメリカン・エキスプレス・コネクト」のサービスが利用できます。

アメリカン・エキスプレス・コネクトとは、旅行・食事・ショッピングなどで優待サービスを受けれるアメックス会員専用のサービスです。

下記はレストランでアメリカン・エキスプレス・セレクトで割引を受けた話です。1回でも、これを利用できたら年会費はカバーできると思います。

「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」の宿泊レビュー

 

このMUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カードは券面ゴールドのアメックスブランドでは年会費が最安値のクレジットカードです。

ゴールドカードがほしい。

アメックスブランドがほしい。

そんな方に最適です。還元率もやや高いですし、アメリカン・エキスプレス・コネクトも利用できます。

 

以上、2枚の年会費が安いゴールドカードを紹介しました。

他にも、20台限定のゴールドカード等の条件付きで年会費が安いカードは存在していますが、誰でも申込できる格安ゴールドカードはこの2枚でしょう。