すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ。

スポンサーリンク

SPGとマリオットのステータスマッチでゴールド会員になったら、マリオットへの宿泊がおすすめの理由。

【ホテルラウンジとは】SPG AMEX/アメックスを発行したら、マリオットへの宿泊をオススメする理由とは。ラウンジ利用、無料朝食のメリットは計り知れなく大きい。

SPG AMEXを発行したがまだSPGやマリオットに宿泊していない人。

SPG AMEXの発行を検討している人。

是非、知っていておいてください。

マリオット系列に宿泊する価値を。

 f:id:bmwtatsu:20171120222924j:image

 

SPG AMEXを発行すると、SPGのゴールド会員になれます。

そして、SPGとのステータスマッチによりマリオットのゴールド会員になれます。

同時に2つのホテルグループのゴールドメンバーになれる。

これがSPG AMEXの大きな魅力です。

 

ゴールド会員として宿泊できるホテルは、ブランドごとに一覧にすると、

SPG マリオット
セントレジス ザ・リッツ・カールトン
ラグジュアリーコレクション JWマリオット
W エディッション
ウェスティン オートグラフコレクション
シェラトン ルネッサンス
ルメリディアン マリオット
フォーポイント コートヤード
アロフト フェアフィールド
エレメント モクシー
トリビュートフォートポリオ  
デザイン  

代表的なホテルブランドでこれだけあります(マリオットは他にも長期滞在型ホテルや、アパートに近いタイプのホテルブランドもあります)。

 

さて、どこに泊まりましょうかね。

SPG AMEXを所有しているあなたは、どこのホテルでもゴールド会員です。

 

当ブログをご覧の読者の中には気づいている人もいるかもしれませんが、自分の場合は圧倒的にマリオットに宿泊していることが多いです。

同じゴールド会員でも、マリオットの方がメリットが大きいからです。

そんな、マリオットゴールド会員がSPGゴールド会員より魅了がある理由を整理して、実際にマリオットにしかない魅力を海外の2つのホテルで再度実感したので紹介します。

 

紹介するのは、

JWマリオット・ホテル香港」と「JWマリオット・ホテル・シンガポール・サウスビーチ」です。

マリオットゴールド会員は、ラウンジ利用&無料朝食がついている

まずSPGゴールド会員とマリオットゴールド会員の比較を再度しておきます。

  SPGゴールド マリオットゴールド
レイトチェックアウト
部屋のアップグレード
ラウンジ利用(2名) -
無料朝食(2名) -
ホテル滞在時ボーナスポイント 1USDごとに3スターポイント

25%ポイントアップ

最大の違いは、

ラウンジ利用

無料朝食

の有無です(ザ・リッツ・カールトン宿泊時は、この2つの特典はつきません)。

 

ホテルの予約をする際には、朝食のあるプランとないプランがあります。

f:id:bmwtatsu:20171120183301p:plain

こちら、大阪マリオット都ホテルの最安値の部屋の料金(1名)ですが、

通常料金(朝食なし):39,586円

会員向けキャンペーン(朝食あり):42,284円

となっています。

(注)客室パッケージというのも朝食はついていますが、マリオットリワード会員になれば、ゴールド会員でなくても一般会員でも会員向けキャンペーン価格で宿泊可能です。マリオットに宿泊する際は会員に登録しておきましょう。

 

2,700円ほどの価格差がありますね。

二人で宿泊すると、朝食の有無で料金が5,000円ほどアップします。

マリオットゴールド会員なら、朝食なしのプランでの宿泊でも、毎回朝食が2名無料なんです(ちなみに幼児は、だいたいどのホテルでも人数にカウントされることなく無料です。何歳から有料なのかはホテルにより異なります。)。

毎回の宿泊を5,000円分お得にできるってことです。

 

しかもですよ、

朝食だけではありません。

ラウンジの利用の有無もマリオットに宿泊するのか、SPGに宿泊するのかで異なります。マリオットなら、ラウンジ利用も可能なんです。

ホテルのラウンジって何??

と思うかもしれません。

空港には、カードラウンジビジネスラウンジがあります。

ドリンク無料だったり、ランクの高いラウンジだとアルコールも無料、食事も無料、シャワーもついている。そんな贅沢な空間です。

 

ホテルにもラウンジがあるんです。

f:id:bmwtatsu:20171112195037j:plain

f:id:bmwtatsu:20171112195055j:plain

こちら、先日宿泊した大阪マリオット都ホテルのティータイムに利用したラウンジの様子です。

これら全部無料です。

空港のビジネスクラスラウンジよりも遥かに豪華ですね。

ホテルラウンジは時間帯により提供される内容が変わります。

・ティータイム

・ディナータイム

・カクテルタイム

こんな感じで提供されるものも変わるので、一回の宿泊で何度も楽しむことも可能です。マリオットゴールド会員なら、これが無料なんですよ。

 

もちろん、ゴールド会員でなくても、宿泊時にラウンジ利用可能なタイプの部屋を選んで宿泊することも可能です。その場合でも、部屋の広さはまったく同じでも、ラウンジの利用の有無で料金が5,000円ほど差があったりします。

 

マリオットゴールド会員なら、1回の宿泊で無料朝食・ラウンジ利用とあわせると5,000円~10,000円相当のお得度があると思います。

が、SPGゴールド会員にこの特典はありません。SPGはプラチナ会員(年間25滞在もしくは50泊以上)になると、やっとこの特典が付いてきます。

 

SPG AMEXを所有の皆さん。SPGゴールド会員です。マリオットもゴールド会員です。

SPGに宿泊しますか???

マリオットに宿泊しますか???

 

(注)ホテルによってはラウンジのついていないホテルもあります。事前に確認しておきましょう。また、マリオットブランドのモクシーホテルでは、無料朝食の特典はついていません。細かい内容はホテルごとに異なるケースがあります。

 

マリオットゴールド会員は、公式ホームページからの予約でなくても適用あり

それから、マリオットに宿泊する大きなメリットの二つ目が、公式ホームページ以外からの予約でもゴールド会員の特典が適用になるということです。

たとえば、

・楽天トラベルからホテル予約をした

・ANA旅作でツアーでホテルと航空券をセットで予約した

こんな場合もラウンジ利用や、無料朝食がついてきます。

 

SPGに関しては、公式ホームページからの予約時のみゴールド会員の扱いになります。公式ホームページからの予約以外は、ゴールド会員の特典である部屋のアップグレード等は利用できないんです。

 

マリオットゴールド会員素晴らしいですね。

(注)一部のホテルは、マリオットのゴールド会員でも公式ホームページ以外からの予約はラウンジ利用等不可能であったいう情報もあります。自分はまだそのような経験はないのですが、ホテルごとに異なるケースもあるので、事前にホテルに確認が無難です。

 

なお、公式ホームページは、他のホテル予約サイト(じゃらん、エクスペディア等)よりも値段が安いケースも多々あります。また、万が一、別のサイトのほうが料金が安い場合は、「ベストギャランティ制度」を利用して、公式ホームページからその報告をすると他のサイトの料金からさらに割引の料金で宿泊可能な制度もあります。

マリオット、SPGのお得な宿泊方法は下記も参照ください。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

JWマリオット・ホテル香港のラウンジ&朝食の全貌

マリオットの数あるホテルブランドの中でも、

最高級ステータスホテルに位置づけられているのが、JWマリオットブランドです。

年に1回の家族海外旅行でしたので、奮発してJWマリオットに宿泊しました。

これも、航空券はマイルのおかげでビジネスクラスに無料搭乗できたからなんですけどね。本当にマイルは神様です。マイル制度が崩壊したら、自分の人生、家族の人生は確実に変化します。それくらい重要です。我が家におけるマイル。

 

さて、JWマリオット・ホテル香港のラウンジと朝食を紹介します。

f:id:bmwtatsu:20171120201826j:image

こちらラウンジの様子です。

JWマリオット・ホテル香港のクラブラウンジは33階・34階のツーフロアです。

かなりクラシックホテルを意識した伝統ある格式のスタイルがJWマリオットの特徴です。ビジネス客が多く、スーツでびしっとした人たちが複数いました。

景色もいいでよー。カオルーン方面が見えます。

 

f:id:bmwtatsu:20171120201846j:image

こちらがティータイムに利用したとき。

左上の写真に注目です。

これ全部「お茶」です。鉄観音などなど10種類以上のお茶が楽しめます。

香港色全開ですね。

 

 

f:id:bmwtatsu:20171120201914j:image

こちらが、無料朝食。

さすが一流ホテルの朝食は旨そう。パンも、普通のパン屋のパンとは何か違う気がしてしまいますね。

 

 f:id:bmwtatsu:20171120201922j:image

左上が中国粥。左下が飲茶。香港って感じの朝食ですね。

そいてフレッシュフルーツも10種類ほど。

贅沢な空間で、贅沢な朝食です。

これ、家族4人無料ですからね。

 

香港のJWマリオットでは、夕食時はラウンジには行っていませんが、ティータイムと無料朝食だけでもかなり豪華です。特に、今回宿泊したようなJWマリオットホテルの場合は、贅沢な空間そのものです。マリオットゴールド会員のメリットは本当に大きいと実感します。

 

ちなみに、値段も見ずに、子供のパンツやら靴下までまとめてホテルクリーニング(しかもエクスプレス)に出したら・・・・チェックアウト時に25,000円も請求されてビックリしたことは秘密にしておいてください。。。。ラウンジ使えても大損や。値段は見てから利用しましょうね・・・。

まぁ、ゴールド会員だから割引もあったし、ポイントもいっぱい付くんだけどね、、、。25,000円は高いな。子供のパンツ新品買った方が安いし、、、。

 

JWマリオット・ホテル・シンガポール・サウスビーチのラウンジ&朝食の全貌

次はJWマリオット・ホテル・シンガポール・サウスビーチのラウンジと朝食です。

シンガポールでは、Wホテルにも宿泊しましたが、最終日は街中滞在をしようと思い、JWマリオットを選びました。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

では、JWマリオット・ホテル・シンガポール・サウスビーチの紹介ですね。 f:id:bmwtatsu:20171120202001j:image

こちらはホテルの2階にあるエグゼクティブラウンジです。

SPG AMEXを所有するまでは、ホテルラウンジなんて利用した記憶がありません。クレジットカード1枚で少し人生が変わるものですねーー。

 

 

f:id:bmwtatsu:20171120202007j:image

ラウンジの中はこんな感じ。

カフェのような雰囲気の場所もあれば、バーカウンターもあり。ソファースペースもありです。

 

 

f:id:bmwtatsu:20171120202050j:image

まず、夕方のスナックタイムです。

マリオットの夕方のラウンジタイムは、ディナータイムという名称は使われておらず、スナックタイム、イブニングカクテルのような名称のことが多いと思いますが、実質は夕食です。

サラダ、パン、ハム、他揚げ物類。

空港にある、ビジネスクラスのラウンジなんかに比べると、圧倒的にホテルのラウンジは食事内容がいいです。そして、空港のラウンジほど混んでいることも少ない印象ですす。ホテル内で贅沢な時間を使いたい方には、非常にいいとサービスだと思います。

 

 

f:id:bmwtatsu:20171120203811j:image

こちらは朝食時。

その場で作ってくれるのが2種類。

上の麺類、下のオムレツです。

麺類はチキン系のスープのものと、シンガポールの人気メニューであるラクサが選べました。しかし、ホテルの朝食って本当に贅沢ですね。

20代のときは、ホテルに宿泊しても夜中まで街中を歩き回って、朝は起きれないなんてことも多々ありましたが、今は朝食は楽しみの一つです。

何回も言いますが、これが無料だと思うと特に笑。

 

 

f:id:bmwtatsu:20171120203624j:image

シリアルも、こうやって置かれているだけでなんか美味しそうですね。

スーパーにおいてある箱を見ても全然食欲わかないのに。。。

ホテルマジックですね。

ドリンクも豊富すぎますね。

 

 みなさん、SPG AMEXを所有したら、是非マリオットに宿泊してみてくださいね。まじオススメです。

 

この贅沢な空間を味わえるのも、マリオットゴールド会員のおかげ。つまりSPG AMEXのおかげです。このクレジットカード、やはりただものではありません。使えば使うほど重みがわかりますね。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

■関連記事

・大阪マリオット都ホテルの宿泊体験記はこちら

・オキナワマリオットリゾート&スパの宿泊体験記はこちら

・南紀白浜マリオットの宿泊体験記はこちら

・コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーションの宿泊体験記はこちら