すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

スポンサーリンク

JALマイルの使い方【eJALポイント】は活用すべき!フライトマイルもFOPも貯まる。

JALマイルのうまい使い方には、「特典航空券」の他に「eJALポイント」がある。うまく使えば、非常にお得。eJALポイントのメリット・デメリットを徹底解説。

JALマイル

f:id:bmwtatsu:20170830195112p:image

最近、陸マイラーでJALマイルを貯めている人が急増中です。

さて、JALマイルを貯めたら、あとはうまく使わないともったいないですよね。もちろん、マイルは特典航空券として利用する方法がお得で人気もありますが、特典航空券にはデメリットもあります。

特典航空券の代表的なデメリットは

・予約が取りにくい(座席数が限られている)

・フライトマイル、FOPが加算されない

という2点があります。

 

この2点を解消するには、マイルの使い方として「eJALポイント」に交換して利用するという方法を知っておく必要があります。

この記事では、eJALポイントのメリット触れながら、重要事項を総整理し、ANA SKYコインとも比較しておこうと思います。

eJALポイントとは?JALマイルから交換して、JALで航空券の購入等利用できるポイント

eJALポイントは、1ポイント=1円の価値として、JALホームページ内の航空券、ツアー購入代金に利用できるポイントです。

f:id:bmwtatsu:20170830160157p:image

さて、そのeJALポイントですが、どのようにして取得するのかというと、JALマイルをeJALポイントに交換することが可能なんです(他にもJALのキャンペーンでもらえる機会もあったりします)。

注目の交換レートは、

10,000マイル=15,000eJALポイント

つまり、1マイルあたり1.5円の価値でマイルを利用することができてしまうんです(JALカード会員のみ期間限定で3,000マイル=3,000eJALポイントで交換可能な時もありますが、この場合は単価が下がってしまうので、少ないマイルでも利用できるメリットはありますが、お得度は下がります)。

これが、eJALポイントの基本です。

 

え??1マイル=1.5円なら特典航空券で利用した方が得でしょ。

っていう人もいるでしょう。マイルの価値をよく知っている人ですね。たしかにマイルはうまく活用すると、1マイル5円以上の価値になることもあります。

が、制限が多い

最大の制限は、特典航空券の割り当て数が少ないということですね。300座席の機材でも、そのうち特典航空券の枠は10席程度だったりします。10人で終わりなんですよ。

が、eJALポイントは航空券の通常購入に利用するので、300座席分どこにでも利用が可能。全席売り切れまでなら、上限数なし。これが最大のメリットです。

eJALポイントのメリット①「販売座席数に上限数がない」

 

それから、1マイル=1.5円で利用することは、実は、特典航空券よりもお得なケースもあります。

下記は、2018/3/7の羽田→那覇の最安値運賃です。

f:id:bmwtatsu:20170830153110p:image

9,890円ですね。

この区間特典航空券で予約すると、必要マイルは片道7,500マイルなんですよ。

となると、7,500マイルで特典航空券を予約するのと、7,500マイルをeJALポイントに交換して利用するのはどっちがお得かわかりますよね?

7,500マイルは、1.5倍の価値でeJALポイントに交換できるので、11,250eJALポイントに交換できてしまいます(お分かりだと思いますが、厳密には10,000マイル貯めて交換しないと1.5倍にはなりません。なので、eJALポイントが余ったら次回に利用、足りなかった残金はクレジットカードで支払う等が必要になります。)。

9,890円の支払いをすると、1,360eJALポイントのおつりが出るではありませんか。特典航空券で予約をした方が損なんですよ。このケースの場合は。

eJALポイントのメリット②「特典航空券よりも少ないマイルで利用可能なケースもある」

 

そして、eJALポイントの扱いは、通常の現金購入と同様です。つまり、フライトマイルもFOPも加算されます。これ、ひそかにすごいですよね。マイルの利用で、マイルが貯まるわけですから。特典航空券の利用時はフライトマイルも、FOPも貯まりませんからね。

ちなみに、上記の例だと738マイルが獲得できます。

つまり7,500マイルで特典航空券を確保するよりも、「1,360eJALポイント+738JALマイル」もeJALポイントの利用の方がお得ってことです。

 eJALポイントのメリット③「フライトマイルもFOPも貯まる」

FOPとは、JALマイレージ会員の中でのステータスを決めるためのポイントです。FOPを50,000以上貯めると「JALグローバルクラブ」と呼ばれる上級会員に加入することもできます。上級会員になると、ラウンジ利用や、優先チェックインなど様々な特典がついてきます。

 

あと、ひそかなメリットはJALツアー(航空券+ホテルのセット)の支払いにも利用できる点です。マイルを特典航空券に利用する場合は、航空券しか取れませんからね。

ただし、JAL海外ダイナミックパッケージにはeJALポイントは利用できないのでご注意ください。

eJALポイントのメリット④「ツアーの支払いにも利用可能」

 

以上が、eJALポイントの概要とメリットです。

eJALポイントの有効期限、払い戻し等の基本事項

eJALポイントの利用に関する重要事項を一覧表にしておきます。

マイルからの交換レート 10,000マイル=15,000eJALポイント
有効期限 最新eJALポイント取得から翌年同月末
払い戻し(キャンセル) 2017/11/16以降の発券時は可能
利用可能者 JMB会員本人、配偶者、二親等以内の親族

 

この中で注目すべき点は「払い戻し(キャンセル)」に関するルールです。

実は、最近大きなルール改善の発表がありました。このeJALポイントですが、航空券やツアーを万が一キャンセルした場合にも払い戻しは一切しないという使い勝手の悪いルールがあったんです。

が、なんと、

2017/11/16以降に発券する航空券に関しては、eJALポイントの払い戻しが行われることになりました。これは、ものすごい改善です。もちろん、払い戻し手数料等が必要な場合は、その分は差し引かれますけどね。

払い戻しあり。覚えておきましょう。

 

なお、有効期限ですが、eJALポイントを取得を追加で行うと、全eJALポイントの有効期限が伸びます。

f:id:bmwtatsu:20170830164646p:image

全eJALポイントの有効期限は、最新のeJALポイント取得日から1年後の同月末です。新たなeJALポイントの加算があれば、事実上無期限になります。これも覚えておきましょう。

eJALポイントとANA SKYコインの比較。どっちがいいの??

少し、ANAとJALで比較してみます。ANAにも、ANA SKY コインという、eJALポイントと同様の制度が存在しています。

似てるようで、少し違いもあるので比較してみたいと思います。ANA SKYコインの詳細はこちら参照ください。

 

①交換レート

eJALポイントは、10,000マイル=15,000ポイントで固定レートです。1.5倍ですね。

一方で、ANA SKY コインは、交換するマイル数、その人の持っているANAカードの種類、その人のANAにおけるステータスによって、レートが変動します。交換レートは、1倍〜1.7倍です。

f:id:bmwtatsu:20170830204330p:plain

1.7倍で交換できるのは、ANA上級会員の「ダイヤモンド」「プラチナ」「ブロンズ」の人が、50,000マイル以上交換するときのみです。条件が厳しいです。

ANAカード(ANAのクレジットカード)を所有していない、通常のANAマイレージクラブ会員が10,000マイルを交換した場合は、交換レート1.2倍なんですよ。

みんなに優しいJAL。

お得意様には優しいANA。

これは優劣がつけ難いです。ヘビーユーザーなら、ANA。ライトユーザーなら、JAL。そんな感じになりますかね。

 

②有効期限

eJALポイントの有効期限は、最新のポイント獲得時から一年後の同月末です。新たなeJALポイントを加算すれば、実質の有効期限は無期限とすることも可能ってことです。

が、ANA SKYコインの有効期限は、ポイント毎に獲得時から一年後の同月末です。獲得ポイント毎に有効期限があります。

ここは、eJALポイントの方が優れていますね。

 

eJALポイントを利用して「JGC修行」を行う

先ほどちらっと話に出てきましたが、JALの飛行機に搭乗してFOPが50,000貯まると、「JALグローバルクラブ(JGC)」というJALの上級会員になることが可能です。

f:id:bmwtatsu:20170830195249p:image

この「JALグローバルクラブ」は一度取得すると半永久的に継続できるステータスなので、陸マイラーの中で非常に人気が高いです。

ちょっと頑張って無理やり飛行機に搭乗して、FOPを貯めて、JALの上級会員になってしまう「JGC修行」と呼ばれることを行なっている人もいます。

ただし、修行には資金がいります。一般的に50,000FOPを貯めるには、50万円分ほどの航空券の購入が必要と言われています。

 

そこで、資金源として活用したのがeJALポイントです。

実は、JALマイルは下記記事の通り、年間20万マイル貯めることは十分に可能です。

www.sukesuke-mile-kojiki.netこれをeJALポイントに交換すれば、30万eJALポイントになり、資金の半分以上を補填することも可能です。マイルを2年貯めて40万マイルになれば、資金の全額を補填することと可能ですね。

なので、修行をする人はeJALポイントをうまく活用することは、資金面で非常に重要です。eJALポイントを利用しても、FOPが貯まるというのがポイントですね。

 

1つ大きな注意点は、先ほどの「JALマイルの貯め方」の記事内にも書いていますが、JALマイルの元になるのは、ポイントサイトのポイントです。ポイントサイトを活用すると、ポイントサイトのポイントは、レート52%でJALマイルに交換できます。10,000円相当のポイントが、5,200JALマイルになるってことです。ここから、1.5倍でeJALポイントにすると、7,800eJALポイントになります。

あれ???元の10,000円より減ってしまっていますよね。なので、レート52%でJALマイルに交換した場合は、そこからeJALポイントにするのは禁止です。大損ですね。

 

ただ、唯一の例外ポイントサイトが一つだけ存在します。それが「モッピー」です。モッピーで貯めたポイントは、交換レート82%でJALマイルにできます。なので、それを1.5倍でeJALポイントにすると、82%×1.5=123%となり、元の原資を23%増量させることが可能です。

モッピーで1万ポイント貯めると、それは12,300JALポイントになるってことです。JALマイラー、JGC修行を行う人にとっては「モッピー」は徹底的に利用すべきポイントサイトになりました。詳しい内容は下記の記事を参照して下さい。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

さて、JALマイルの使い方の一つである「eJALポイント」についての解説記事でした。うまく利用できるようになると非常に便利です。特に、払い戻しができるようになるというのは非常に大きな話です。今後、eJALポイントを活用する人は間違いなく増えるでしょうね。

JALグローバルクラブに関する記事も執筆中ですので、少々お待ち下さい。

 

▪️関連記事

・ANAの上級会員「スーパーフライヤーズカード」を取得する「SFC修行」の全貌

www.sukesuke-mile-kojiki.net