すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

スポンサーリンク

【ANA JCBワイドゴールドカード】の最強メリットは「付帯保険」。デメリットも徹底比較解説します。

ANAゴールドカード1番人気は「ANA VISAワイドゴールド」。では、「ANA JCBワイドゴールド」のメリット・デメリットは何なのか。2枚のカードを徹底比較!

ANA JCBワイドゴールドカード

f:id:bmwtatsu:20170827221648p:image

今日は、このカードについて説明します。

ちなみに、現時点において自分はこのクレジットカードは保有していませんが、過去に保有歴はあります。カードの還元率や年会費などの内容は定期的に変更になります。なので、自分はその時その時の状況に合わせてANA VISAゴールドを所有したり、ANA JCBゴールドを保有したり、コロコロ変わってきた経歴があります。

 

現在は、下記のANA VISAワイドゴールドカードの方を所有しています。

www.sukesuke-mile-kojiki.netが、実はANA JCBワイドゴールドカードの方がメリットのある一面もあるんです。

それが「付帯保険」です。

ということで、ANA VISAワイドゴールドカードとANA JCBワイドゴールドカードの2枚のANAカードのメリット・デメリットを徹底比較したいと思います。

ANA JCBワイドゴールドカードの年会費・還元率等の基本スペック

まず、ANA JCBワイドゴールドカードの基本スペックを一覧表にして整理しておきます。

ブランド JCB
年会費(税抜き) 14000円
家族カード年会費 4000円
ETCカード 無料
10マイルコース 自動加入
還元率(ANAマイル換算) 最大1.075%
ポイント有効期限(Oki Dokiポイント) 最長3年
フライトボーナスマイル 25%
継続ボーナスマイル 2000マイル
カードラウンジ 利用可
国際線ビジネスカウンター 利用可
海外旅行傷害保険(自動付帯) 1億円
国内航空傷害保険(自動付帯) 5000万円
国内旅行傷害保険(自動付帯) 5000万円

 

ポイントはJCBのOki Dokiポイントが1000円につき1ポイント付与されます。このOki Dokiポイントは1ポイント=10ANAマイルでANAマイルに移行できるため、1000円につき10ANAマイルが還元されることになります。基本のマイル還元率が1%のクレジットカードになるます。 

 

ここに、前年度のカード利用額に応じて、ボーナスポイントが付与される「JCB STAR MEMBERS」というランク制度があります。

「JCB STAR MEMBERS」で付与されるボーナスポイントは下記です。

  前年度利用額 ボーナスポイント ANAマイル換算
スターβ 50万円以上 10%UP 1.03%
スターα 100万円以上 20%UP 1.06%
ロイヤルα 300万円以上 25%UP 1.075%

ここで注意しておくべきなのは、ボーナスポイントの価値です。例えば、スターβの場合、ボーナスポイントが10%付与されます。つまり、10万円カード決済をすると、100 Oki Dokiポイントと10 Oki Dokiボーナスポイントが付与されます。

100 Oki Dokiポイントは1000ANAマイルになります。

が、10 Oki Dokiボーナスポイントは30ANAマイルにしかならないんです。

なんでかって?

Oki Dokiポイントは1ポイント=10マイル

Oki Dokiボーナスポイントは1ポイント=3マイル

というルールが存在しているからです。なので、実際は10%分も還元率はアップせず、3%分しかアップしません。要注意ですよね。

表の右端にまとめた通り、最高還元率はロイヤルα(前年度利用額300万円以上)の1.075%というのがANA JCBワイドゴールドカードです。

 

なお、陸マイラー必須の「ソラチカカード」。

www.sukesuke-mile-kojiki.netこちらもJCBのANAカードです。以前は、ソラチカカードとANA JCBカードを併用して所有することは不可能でしたが、数年前より併用可能になっています。

 

では、ANA VISAゴールドとANA JCBゴールドの2枚を比較していきます。

ANA JCBのデメリットは「国際ブランド」「年会費」「還元率」の3点。

まず。ANA JCBゴールドのデメリットを3点あげます。

①国際ブランドが弱い

JCBがダメなブランドいうことはないですが、VISA/Masterブランドに比べると、海外旅行時に利用できないことがある可能性は少し上がります。弱点といえば、弱点ですよね。なので、ANA JCBゴールドを所有した場合は、別の何らかの形でVISAカードを1枚保有している人が多いと思います。

 

②年会費が高い 

ANA VISAゴールドも、ANA JCBゴールドも公式ホームページ上には、年会費は本会員14000円(+税)、家族会員4000円(+税)となっています。が、ANA VISAゴールドには割引制度があるんです。ANA VISAゴールドは「WEB明細」+「マイ・ペイすリボに登録し年に一回以上のカード利用」で割引があり、本会員カード9500円(+税)・家族カード2500円(+税)に割引になります。

ここは、かなりの差が出ますね。

本会員+家族カードで、ANA VISAゴールドは12000円+税。

本会員+家族カードで、ANA JCBゴールドは18000円+税。

その差は、なんと年間6000円

10年以上継続して持つことを想定したりすると、大きな差になりますね。

 

③マイル還元率が低い

ANA JCBゴールドの最高還元率は、1.075%です。決して低い還元率ではありません。JALカードなんかは、ボーナスポイントのようなものが存在しておらず還元率は1%ですしね。

が、ANA VISAゴールドの還元率が高すぎるんですよね。最高還元率は、マイ・ペイすリボでポイント2倍という技を利用すると、「1.72%」になるんです。

年間のカード利用額が300万円なら、

・ANA JCBゴールドは32250マイルの還元

・ANA VISAゴールドは51600マイルの還元

約20000マイルの差が出るんです。

 

年会費の差額、マイルの差額はなかなか大きいですよね。これが、ANA JCBゴールドのデメリットです。

ANA JCBワイドゴールドカードのメリットは「付帯保険」

では、ANA JCBゴールドではなく、絶対にANA VISAゴールドを所有すべきなのかというと、そうでもない可能性もあります。

ANA JCBゴールドには強烈なメリットも存在します。

それが、「付帯保険」です。

付帯保険に関しては、ANA JCBゴールドの圧勝なんですね。詳しく見ていきましょう。

 

①海外旅行傷害保険額が大きい

ANA JCBゴールドも、ANA VISAゴールドも、海外旅行傷害保険は自動付帯です。つまり、カードを所有しているだけ保険がついています。

が、その保険金額には差があります。

  ANA JCBゴールド ANA VISAゴールド
死亡・後遺障害 5千万円(利用付帯で更に5千万円) 5千万円
傷害治療保険 300万円 150万円
疾病治療保険 300万円 150万円
賠償責任 1億円 3千万円
携行品損害 50万円 50万円
救援者費用 400万円 100万円

実は、ANA JCBゴールドの圧勝なんですよね。

万が一、海外で傷害や疾病で治療が必要となった場合に、保険150万円で足りるのか、300万円あった方が安心なのか。そりゃ、金額が多い方が安心ですよね。ANA JCBゴールドは年会費と還元率にはデメリットもありましたが、ここは強みです。

なお、国内旅行傷害保険に関しては、ANA JCBゴールドも、ANA VISAゴールドも自動付帯で、金額に大きな差はありません。

 

②国内航空機遅延保険の額が大きい

ANA JCBゴールドのメリット2つ目は、国内航空機遅延保険の額が大きいことです。

  ANA JCBゴールド ANA VISAゴールド
乗継遅延費用保険金 2万円限度 2万円限度
出航遅延費用等保険金 2万円限度 1万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金 2万円限度 1万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金 4万円限度 2万円限度

ここも一目瞭然。ANA JCBゴールドの圧勝です。万が一、保険を利用するような機会が一度でもあるような人なら、年会費も元は取れてしまいそうですね。

 

③国外航空機遅延保険が自動付帯

そして、ANA JCBゴールドに関しては、国外の航空便遅延保険も自動付帯です。保険金額は、国内航空便遅延保険と同額です。が、ANA VISA ゴールドの方は国外の航空便遅延保険はついていません。
JCB保険に強し!!ですね。
昔は、空き巣見舞金制度なんかもついてました。自分も一度、空き巣に入られたときにJCBから5万円の見舞い金をもらったことがあります。今は空き巣見舞金制度はなくなってしまいましたが、JCBは保険に強いブランドです。

 

ANA VISAゴールド vs ANA JCBゴールド 結論は?

どっちもメリット・デメリットがあります。

f:id:bmwtatsu:20170827222143p:image

一年間の利用金額が大きい人ほど、ANA VISA ゴールドの方が魅力的ですよね。還元率も1.72%と高いですし。年間2万マイルも差が出るのは強烈ですよね。

が、メインの決済カードは別にしているような人の場合は、ANA JCBゴールドもありですね。年会費は少し高いですが、保険が分厚い。特に、飛行機に搭乗する機会の多い人ほど、JCBの素晴らしさがよくわかると思うんです。

 

なんで、この2枚のカードを比較してるのかって言うと、自分のメインカードのANA VISA ゴールドの決済額が少し減ってきているからです。現在、カード決済額の半分はSPG AMEXになってしまいました。となると、ANA VISA ゴールドの還元率が高いと言う魅力が、自分の場合少し減っています。

そして、先日SFC修行を解脱したので、「スーパーフライヤーズカード」に申込をするところなんですよ。

www.sukesuke-mile-kojiki.netんで、申込をする前に、本当にVISAでいいのかな。JCBの方が良くない?みたいな考えも出てきたので記事にして、2枚のカードを比較・整理してみました。

おそらく、自分の場合は年会費の安さに惹かれてVISAにする気がしているのですが、、、、。

 

■関連記事「ANAカード特集」

・ANA VISAカードの全貌を公開

www.sukesuke-mile-kojiki.net

・ANA AMEXとはどんなクレジットカードなのか

www.sukesuke-mile-kojiki.net