読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

ANAカードの選び方・決め方。年会費や還元率を考慮してコストパフォーマンス比較する。

クレジットカード

種類の多いANAカード。あなたが持つべきカードはどれ???比較検討する。

f:id:bmwtatsu:20161015225127p:image

ANAカードって、種類がめちゃくちゃ多いですよね。

VISA、Master、JCB、AMEX、ダイナース。

一般カード、ワイドカード、ゴールドカード、プレミアムカード。

ソラチカ、suica。

種類が多すぎて、どのカードを持つのか悩む人も多いと思います。年会費もそれぞれ異なるし、還元率も異なるし、付帯サービスも異なる。全貌の把握なんて不可能なほど世界が広がっています。

年会費と還元率をすべて答えられる人なんているんでしょうかね??

「目次」

  

基本的にメインの決済カードを決めるのは「年間決済額」と「年会費」と「還元率および付帯サービス」のバランス

では、みなさんはこの3つのうちどのカードにしますか?

・年会費無料のカードで、年間に100万円決済して20000マイルもらえるが、毎月2回コンビニにチャージしにいく必要があるカード。

・年会費1000円のカードで、年間に100万円決済して5000マイルもらえるカード。

・年会費15000円のカードで、年間に100万円決済して15000マイルもらえるカード。

どれが得ですかね???答えなんてないです。個人個人が持つ価値観や、マイルの価値も個人個人で異なる考え方をするので。

また、カードの決済額は個人個人で違うので、上記だけでは判断できないですよね。年間に50万円決済の人と、500万円決済の人では考え方が違います。またカードの付帯サービスも異なりますしね。 

この記事では、決済額と年会費と還元率という観点だけではなく、個人個人の性格も含めて自分に合うANAカードはどれなのか少し考察してみます。ANAカードの選び方・決め方の参考になればと思います。

ちなみの、自分のメインの決済カードはANA VISA ワイドゴールドカードです。ANA VISAはゴールドカードに限らず一般カードでもsuicaでも、マイ・ペイすリボ払いの繰り上げ返済方法利用で還元率が上昇することは知っておきましょう。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

ソラチカカードは無条件で全員必須。

f:id:bmwtatsu:20160920215343p:plain

まず、陸マイラー全員必須なのがこれ。これがないとマイルが全然貯まりません。年会費は2000円+税が必要になりますが、これだけは必要経費と割り切ってください。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

ケース①年会費は安く。めんどうなこともするから還元率は高いカードがいい。

「ソラチカカード」+「LINE Payカード+ファミマTカード」

のコンボで決まりですね。

f:id:bmwtatsu:20160914210103p:plain

以前、下記記事にしましたが還元率がとにかく高いです。年会費無料で、還元率2.12%です。年間に200万円決済の人なら40000マイル以上獲得できるの、二人で毎年香港にエコノミークラスで行くだけのマイルが貯まります。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

デメリットは、カードが増えること。すこし手間がかかることですかね。

ケース②年会費に1万円も支払いたくない。わざわざファミマにチャージするのもめんどう。

「ソラチカカード」+「ANA VISA suica」

ということになると個人的に思います。

下記に少し「ANA VISA suica」のことを書きました。死蔵向けクレジットカードとして優秀であると。これをメインカードとして考察してみましょう。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

年会費は最安値で751+税(マイ・ペイすリボ登録後に年1回利用)。

このカードのややこしいところは、5マイルコースと10マイルコースがあるです。1000円の決済でもらえるマイルを、5マイルか10マイルか自分で決めないといけません。

10マイルコースは登料料が6000円+税必要です。

年間の決済額が100万円だと、もらえるマイルは5000マイル(5マイルコース)と10000マイル(10マイルコース)で5000マイルの差が出てきます。この年間100万円以上の決済があるのかどうかあたりで、6000円支払って10マイルコースにするかどうかの分岐点になりそうですかね。

ちなみに、ANA VISA ワイドゴールドカードと同様に、「マイ・ペイすリボの利用でボーナスポイント獲得技」はこのカードでも利用できます。年間の決済額が100万円を超える人はステージV2のボーナスポイントと合わせると、10マイルコースにした場合は還元率は1.5%以上にはなります。メインカードとしてもまずまず優秀なのではないでしょうか。

ただし、10マイルコースにすると、年会費が751円+6000円=6751円+税が毎年必要です。

スポンサーリンク

ケース③年間の決済額もそこそこ多いので還元率も高いカードがいい。ただ、カードの枚数が多いのは嫌だし、コンビニまでいくのはさすがに面倒。

自分はこのタイプですかね。

「ソラチカカード」+「ANA VISA ワイドゴールドカード」

 年会費はマイ・ペイすリボ登録+WEB明細書サービスの利用で9500円+税まで下げることができます。ANA VISA suicaの10マイルコースと比べて差額は3000円ほどです。

年間の決済額が300万円を超えてステージV3となると、還元率も0.13%ほどsuicaより上がるので、300万円の決済で3900マイルほど多くもらえます。

また毎年もらえるボーナスマイルも2000マイルです。(suicaは1000マイルです。)

なので、300万円決済するような人は年会費3000円ほど上昇しても、ゴールドカードを持つほうがお得です。

このカードは最大還元率1.71%となるので、300万円の決済で獲得するマイルは5万マイルを超えます。こうなってくるとクレジットカード決済でもらえるマイルもバカになりません。

また、将来的にSFCの取得を目指す人もゴールドカードを持っておけば切り替えするだけでいいので手に入れ置くべきカードになるかもしれません。

スポンサーリンク

 

ケース④年間500万円以上は決済するし、カードもステータスがあるのがいい

「ソラチカカード」+「ANA ダイナースプレミアムカード」

f:id:bmwtatsu:20161012221151p:image

年会費155000円+税、還元率2%、継続ボーナスマイル10000マイル等々の最高のスペックを誇るカードです。

www.diners.co.jp

ホームページにはこれ以上のことは書かれていませんが、すごい付帯サービスがついているようです。

・飛行機登場時の獲得マイル50%アップ

・ANA国内線ラウンジ無料利用

・プライオリティパスの発行(世界中のビジネスラウンジが利用できるカードです)

・家族カードの発行無料

・エグゼクティブダイニング利用(指定の高級レストランで二人以上でコース予約をすると、1名が無料になるサービス)

等々のサービスを受けることができます。

ただし、ダイナースはリアルな高ステータスカードです。審査は非常に厳しいです。自分の知り合いでは、年収は1000万円以上で勤続年数5年以上で審査落ちした人が少なくとも二人います。

ケース⑤え??決済で貯まるマイルなんかどうでもいいよ

「ソラチカカード」+「キャンペーン渡り歩きカード」

実はこれは模範とするべき姿勢です。

このようなスタンスの人は陸マイラー、ポイント乞食、ネット乞食になるべくして生まれてきた天性の才能の持ち主です。めちゃくちゃマイルを稼いでいきます。

ソラチカカードは持つが、もう一枚のカードは特に決めない。いろんなカードを渡り歩くというスタンスです。

クレジットカードでマイルを稼ぐ基本は

1.ポイントサイト経由で発行

2.新規入会キャンペーンの利用

3.決済

です。このうち「3.決済」で 貯まるマイルは少ないので、

1.ポイントサイト経由で発行

2.新規入会キャンペーンの利用

を徹底して、いい条件のカードがあれば次々と発行して乗り換えていこうという戦略です。

例えば、現在では下記のようなキャンペーンやってます。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

これを徹底的に利用するために、

まずANA VISA一般カードの発行

次にANA VISA suicaの発行

次にANA TOP&ClubQ PASMO マスターカードの発行

を順にしていく。こんなスタンスです。この3枚の発行だけでも10万マイル以上獲得できます。これだけでエコノミークラス特典航空券で夫婦でハワイに行くことができます。

これはANAカードだけにこだわる必要はありません。ポイントサイトで高額ポイントがもらえるカード、入会キャンペーンでホットなカードであれば何でもOKなんです。

また、この渡り歩き戦略がどれだけ有効なのか、シュミレーションしてみる記事を書きますので、参考にしていただければと思います。

 

非常の奥の深いANAカードです。種類も多く、どれにするか悩む人も多いでしょう。この記事が決める際の一つの目安になれば幸いです。

ちなみに自分のスタンスは

メインカード「ANA VISA ワイドゴールドカード」

サブカード「ANA VISA suica」

死蔵カード「ソラチカカード」

そして「キャンペーン渡り歩きカードを複数枚」

というスタンスです。

下記記事も参照にしてみて下さい。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

■関連記事

・ポイントサイトで「クレジットカード発行」 

www.sukesuke-mile-kojiki.net 

・クレジットカード渡り歩き戦略の重要性

www.sukesuke-mile-kojiki.net