すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

スポンサーリンク

ANAマイルの貯まるAMEXはどれ?ANA AMEX・プロパーアメックス・SPG AMEXを比較検討。

あなたが探しているアメックスはどれ?ANA AMEX、プロパーアメックス、SPG AMEXのメリット・特典を比較し、徹底解説。

ステータスカードとして人気があるアメリカン・エキスプレス。通称アメックス。

ただ、アメックスってカードの種類が豊富ですよね。なかなか全貌の把握は困難です。

f:id:bmwtatsu:20170305225055p:image

自分は今までに

・ANA AMEX 

・ANA AMEX ゴールド

・アメックスグリーン

・アメックスゴールド

・SPG  AMEX

を所有したことがあります。

 

AMEXは種類が豊富すぎて、ANAマイラーに適したアメックスは一体どれなのか、わかりにくのが現実です。やはりANA AMEXがANAマイルを貯めやすいのか、AMEXのカードを比較検討してみたいと思います。それぞれのメリット・特典を整理します。

 

基本スペックの一覧比較表

まず、先ほどの5枚(ANA AMEX、ANA AMEX ゴールド、アメックスグリーン、アメックスゴールド、SPG AMEXのカードの年会費、還元率等の基本スペックを表にして比較しておきます。

  ANA AMEX ANA AMEX ゴールド アメックスグリーン アメックスゴールド SPG AMEX
年会費(税抜き) 7000 31000 12000 29000 31000
家族カード年会費 2500 15500 6000 1枚目無料、2枚目以降12000 15500
ANA移行手数料 6000 なし 5000 5000 なし
リワードプラス登録料 なし なし 3000 3000 なし
マイル還元率 1% 1% 1% 1% 1.25%
ポイント有効期限 条件付き無期限 無期限 条件付き無期限 条件付き無期限 実質無期限
ANAマイル移行上限 なし なし 8万 8万 なし
継続ボーナス 1000マイル 2000マイル なし なし 無料宿泊
フライトボーナスマイル 10%アップ 25%アップ なし なし なし
ANAでのカード利用 ポイント1.5倍 ポイント2倍 なし なし なし
特色 年会費安い 年会費高い 複数の航空会社にマイル移行 高級レストランで1名無料 ANA、JALにマイル移行。SPG上級会員。

 

アメックスの審査基準は?厳しい?易しい?

まず、世間の印象とは違い、アメックスは審査が非常に通りやすいです。収入0円の妻でも審査に通過しています。2016年に当ブログでアメックスの記事を大量に書いたのですが、専業主婦の方でも審査に通ったいうコメントを大量にいただきました。

昔とは違い、現在のアメックスは審査に非常に通過しやすいクレジットカードになっています。ここを誤解されている方が多いと思います。高い年会費さえ払えば、誰でも所有できてしまうクレジットカードになりつつあります。所有することは夢でも何でもありません。アメックスを持ちたいけど、審査無理だろうなーと思っておられる方もあきらめる必要は全然ないカードだと思います。

①「ANA AMEX」は年会費が安いアメックス

f:id:bmwtatsu:20170304224803p:image

年会費:7000円+税。

ANA AMEXはいわゆるゴールドカードではありません。ANA AMEX ゴールドというカードも別に用意されています。つまり、ANA AMEXは一般カードです。

が、付帯サービスは他のゴールドカード同等となっており、中身は実質ゴールドカードでしょう。

・空港カードラウンジ利用(同伴者1名無料)

・旅行傷害保険

という一般的にはゴールドカードに付帯するサービスがANA AMEXに付いています。それで年会費が7000円というのは、格安な部類と考えてもいいでしょう。

 

更に、ANAカードの特典として

・継続ボーナスマイル毎年1000ANAマイル

・フライトボーナスマイル10%アップ

・ANAマイル移行上限なし(プロパーアメックスは年に8万マイルの移行上限あり)

・ANAカードマイルプラス提携店でポイント2倍(100円2マイル)

・ANAでのカード利用でポイント1.5倍(航空券、機内販売等で100円1.5マイル。ANAカードマイルプラスと合わせると2.5マイル)

 

そして、アメックスの特典として

・空港クロークサービス(関西空港、中部空港で手荷物の預かり)

手荷物無料宅配(成田空港、関西空港、中部空港に海外から帰国時に、手荷物1つを空港から自宅まで無料で配達)

・ショッピング・プロテクション(カード利用で購入したものの破損・盗難などの損害

 を90日間補償)

・ミールクーポン(’羽田・伊丹空港で飲食無料クーポン)(注)公式ホームページにはANA AMEXに関してミールクーポンのことは書かれていませんが、伊丹空港で実際のクーポンをもらうことができました。

 

これだけのサービスが付帯したカードです。単なる一般カードより確実に特典が多いのが特色です。特に、手荷物無料宅配サービスは海外出張・旅行によく行く人には非常に使えるアメックスの有名なサービスです。

 

さて、肝心のポイント還元率ですが、100円決済につき1リワードポイント(アメックスのポイント制度)が付与されますが、このままだとANAマイル移行できません。

リワードポイントは、そのまま利用するとカードの利用金額の充填にあてることができますが、その場合は1リワードポイント=0.3円としてのポイント利用になり、お得度は全然ありません。

基本的には、ANAマイルに移行するのが一番お得なのですが、ANAマイルに移行するには年間6000円+税のANAマイルポイント移行コースに登録する必要があります。登録すれば、1リワードポイント=1ANAマイルとして移行できるので、100円につき1ANAマイルが付与される還元率1%のカードです。

ANAカードなのにANAマイルに移行するのにお金が必要って何それ?って気もしますが、そういうカードです。

なお、ANAマイルポイント移行コースに登録している間はリワードポイントの有効期限が無期限になります。登録していない場合は、翌々年度末日に期限が切れます。最短で2年、最長で3年ということになります。少しでも節約したい人は、ポイントの有効期限直前にANAマイルポイント移行コースに登録するとコストは抑えることができます。

 

なお、年会費とANAマイルポイント移行コースを合わせると毎年13000円+税の費用が発生します。それで還元率は1%です。

比較例として、ANA VISA ワイドゴールドカードなら、最安値年会費9500円+税、最高還元率1.71%です。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

ANA AMEXの方が有利な点は、ポイント無期限、手荷物無料宅配が代表的なポイントのなると思います。自分に必要なのは、どちらのカードなのか十分に検討してみてください。

 

②「ANA AMEX ゴールド」は年会費が高い

f:id:bmwtatsu:20170304224844p:image

年会費31000円+税。

かなり高額な年会費分のクレジットカードです。ANA AMEXに、何個か特典が追加されているのが、ANA AMEXゴールドです。

・ANAマイルポイント移行コース登録料必要なし

・リワードポイント有効期限無期限

というのが最初からついています。

 

他、ANA AMEXと比べた時の特典として

・継続ボーナスマイル毎年2000ANAマイル

・フライトボーナスマイル25%アップ

・ANAでのカード利用でポイント2倍(航空券、機内販売等で100円2マイル。ANAカードマイルプラスと合わせると3マイル)

が機能アップしています。

ANAでのカード利用がポイント最大3倍にアップするので、航空券をよく購入する方なんかは非常にいいのかもしれませんが、陸マイラーの視点からするとANA AMEXと比較して大きな特色に乏しいのが現実です。家族カードも15500円の高額年会費が必要なので、メインカードにはしにくく、なかなか年会費の元を取るのは難しい印象です。

スポンサーリンク

 

③「アメックスグリーン」は複数の航空会社にマイル移行できる

f:id:bmwtatsu:20170304224920p:image

年会費12000円+税。

アメックスのプロパーカードで入門編ともいえるカードです。通称アメックスグリーンと呼ばれます。一般カードなのですが、ゴールドカード同等のサービスが付帯しています。

代表的な特典としては、

・空港カードラウンジ利用(同伴者1名無料)

・旅行傷害保険

・ミールクーポン

・空港クロークサービス

・手荷物無料宅配

・ショッピング・プロテクション

という内容はANA AMEXと同様についています。

 

ANA AMEXとの最大の違いはポイント制度です。

ANA AMEXのリワードポイントはANAマイルにしか移行することができませんが、プロパーアメックスのリワードポイントはANA・キャセイパシフィック・ブリティッシュエアウェイズ・シンガポール航空等10以上の航空会社に移行できます。

ただし移行する場合には、まずメンバーシップリワードプラス(年間3000円+税)に登録した方がいいです。登録すると1000ポイント=1000マイルで移行できますが、登録しないと2000ポイント=1000マイルになってしまいます。

さらにANAにマイル移行する場合のみANA移行手数料が5000円+税必要です。

つまり年会費と合わせると、12000+3000+5000=20000円+税のコストのかかるカードになります。これならANA AMEXの方がお得でしょう。

つまりアメックスグリーンを所有すべきなのは、ANA以外の航空会社のマイルを貯めたいという人に限ると思います。ANA以外の海外航空会社のマイルが貯まる数少ないカードの一つです。ここに魅力を感じない人はANA AMEXでいいと思います。

更に、年間ANAマイルに移行できるのは8万マイルが上限になっています。

 

なお、海外の航空会社へのマイル還元率は1%から0.8%に2017/4/1より改悪されます。詳細は下記参照下さい。 

www.sukesuke-mile-kojiki.net 

 

④「アメックスゴールド」は付帯サービスが最強

f:id:bmwtatsu:20170304224951p:image

年会費29000円+税。

アメックスで1番有名なカードは、このアメックスゴールドではないでしょうか。

ゴールドカードの中でも、年会費はかなり高い部類に所属しています。

ポイント還元率・マイル還元率は、先ほどのアメックスグリーンとまったく同じです。マイルの移行先も複数の航空会社にできます。

 

が、アメックスゴールドにはアメックスグリーンにはない特典がついています。アメックスゴールドは付帯サービスが超一流のカードで、付帯サービスをフル活用できる人は所有する価値があると思います。

アメックスゴールドの付帯サービスはかなり幅広く、詳細は下記記事にまとめています。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

なんと言っても、最も強烈なサービスは「招待日和」でしょう。特典内容は、特定のレストランでコース予約を2名以上ですると、そのうち1名が無料になるという最強のスペックを誇ります。このサービスをフル活用できる人には、アメックスゴールドは最強だと思います。年会費の分以上のお得なサービスを受けることも可能になります。

 

ちなみに、このカードを自分は解約済で、我が家では妻が所有しています。先日、妻が解約をしようと電話したところ1年間の年会費無料が提示されて解約延期となりました笑。割と、AMEXは解約時に年会費無料期間の延長や、ポイント贈呈等を提示されることが多いと思います。

 

⑤「SPG AMEX」は年会費は高いが、万能なハイスペックカード

f:id:bmwtatsu:20170304225037p:image

年会費31000円+税。

すっかり有名になったクレジットカードです。

実は、ANAマイルをアメックスで貯めるなら最強の一枚は「SPG AMEX」かもしれません。最大マイル還元率が1.25%なんです。 

このカードは100円の決済につき1スターポイントが付与されます。アメックスのリワードポイントとは別のポイントで、SPGが付与するポイントがスターポイントです。

スターポイントは、1スターポイント=1マイルとして移行できますが、20000ポイントまとめて移行すると5000マイルがボーナスとして増量されて、25000マイルになるという特徴があります。還元率が0.25%上昇して、1.25%になります。この還元率はANA AMEXもプロパーアメックスも勝てません。

 

そして、マイルの移行先が非常に豊富で、ANAやJALを含む30以上の航空会社に移行することが可能です。ANAにもJALにもマイルが移行できるレアカードです。

しかも、プロパーアメックスのようなマイルの年間移行上限もありません

マイル関連だけを見ても魅力があるクレジットカードです。

 

そして、マイル以外の面で強烈なのが継続ボーナスです。SPG  AMEXを2年以上継続すると、継続ボーナスとして2年目以降毎年、SPGグループホテルに一泊無料宿泊できるという特典がつきます。1泊で3万~10万円ほどのホテルに宿泊できるので、年会費分の元は取れるという考え方もできると思います。

 

あとは、このカードを持っているとSPG の上級会員としてホテルの部屋の無料アップグレードを受けたりすることが可能です。

今、1番ホットなクレジットカードはこれかもしれません。

 SPG AMEXの詳細は下記参照下さい。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

ANA AMEX、プロパーアメックス、SPG AMEX。あなたが本当に欲しい一枚はわかりましたかね?意見が分かれるところだと思いますが、自分に合う一枚を探してみて下さい! 

・年会費が安いアメックスならANA AMEX

・高級レストランで1名無料サービスを受けるならアメックスゴールド

・複数の航空会社に還元率1.25%でマイル移行でき、無料宿泊特典も受けたいならSPG AMEX

個人的にはこの3つのカードにはメリットがあるのかなと考えています。

 

アメックスのお得な入会方法【紹介キャンペーン】

最後にアメックスのお得な入会方法を紹介します。

実は、アメックスは既存のアメックスホルダーから紹介を受けると、初年度年会費無料等のお得な入会キャンペーンから入会できます

紹介内容は

ANA AMEX:合計16000マイル相当(入会で1000ANAマイル、3か月以内に20万円利用で5000ボーナスポイント、3か月以内に50万円利用で10000ボーナスポイント)

ANA AMEX ゴールド:合計30000マイル相当(入会で2000ANAマイル、3か月以内に20万円利用で13000ボーナスポイント、3か月以内に50万円利用で15000ボーナスポイント)

アメックスグリーン:初年度年会費無料、10000ボーナスポイント(3か月以内に10万円利用)

アメックスゴールド:初年度年会費無料、20000ボーナスポイント(3か月以内に20万円利用)

SPG AMEX:17000ボーナスポイント(3か月以内に10万円利用)

というものです。

こちらは知人に限り紹介可能という制度ですので、紹介希望の方はこちらよりご連絡下さい

なお、メールアドレスの間違い等で返信ができないケースがあります。24時間経過しても返信がない場合は再度ご連絡ください。その際は、別のメールアドレスも併記していただけると幸いです。

(注)アメックスは同一カードでも、非常に多くのキャンペーンを行っているため、これよりもお得な入会キャンペーンもあるかもしれません。SPG AMEXに関しては、紹介キャンペーンが間違いなくお得ですが、アメックスゴールドなんかは複数のキャンペーンあるので比較して検討してみてください。先ほどのアメックスゴールドの詳細記事にキャンペーンも色々紹介しています。

 

追記:2017/5/10までアメックスでポイント5倍キャンペーン開催中

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

■関連記事

・ANA VISAカードの比較検討。大型キャンペーンも解説。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

・陸マイラーはこうやって年間30万ANAマイルを貯めています。

www.sukesuke-mile-kojiki.net