読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

Amazon vs ハピタス堂書店。Amazonプライムの凄さ。

最強のネット書店は?Amazonとハピタス堂書店を比較。どちらを利用するのがお得か。

最近、町中の本屋が減りました、超大型書店はまだ大都市には生存していますが、いわゆる町の本屋は減りました。実はここ15年で4割ほどの本屋が閉店に追い込まれています。

書店数の推移 1999年~2015年:【 FAX DM、FAX送信の日本著者販促センター 】

本屋の減少はネットでの本の販売が増えたことも大きく影響しています。そこで、ネット書店の代表格「Amazon」と「ハピタス堂書店」の比較をしてみたいと思います。

「目次」

 

 

ハピタス堂書店のメリット

ハピタス堂書店はポイントサイト「ハピタス」の中にあるネット販売の書店です。本、CD、DVDを販売しています。

f:id:bmwtatsu:20161001230754p:image

ハピタスに登録すると、利用できるのですが最大のメリットは還元率です。なんと、購入額の7%をポイントバックしてくれます。しかも送料は無料です。

これは全ネット書店の中で最大のポイントバックです。

Amazonの本の還元率は3%のものが多いです。還元率で言うと、ハピタス堂書店を利用しない意味はないです。

しかも、ハピタスで貯まったポイントで本を購入することもでき、ポイントで購入した場合も7%のポイント還元があります。そして、ハピタスはポイントの移行上限が月に3万ポイントと決まっていますが、ハピタス堂書店では無制限にポイント利用できます。

書籍のポイント還元率で考えるなら、ハピタス堂書店で決定です。

徹底的に利用しましょう「ハピタス堂書店」。

 ハピタスの登録は下記よりどうぞ。30ptもらえます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタスにログイン後にPCサイトでも、スマホサイトでも、一番下の方にハピタス堂書店のリンクあります。

注)

CD、DVDの購入はAmazonの方が安いです。

新品の本は基本的に定価でしか販売できないのですが、CD・DVDは割引販売が許されています。が、ハピタス堂書店ではCD・DVDも定価販売です。

例えば、B’zの松本孝弘さんの最新LIVE DVDはハピタス堂書店では、定価の7560円です。Amazonだと、

こんな感じです。ハピタス堂書店がお得なのは書籍です

Amazonのメリット

ポイント還元率以外は基本的にAmazonに軍配が上がります。

①在庫の多さ

Amazonの在庫の多さは半端ないです。めちゃくちゃ古い本なんかでも在庫があったりします。ハピタス堂書籍では、最新のマンガなんかは在庫が多いのですが、少し古い本は取り寄せにけっこう時間がかかります。在庫はAmazonの圧勝です。

ちなみに、Amazonの倉庫は見たことがありますかね?大阪だと阪神高速湾岸線を通っていると堺市内で海沿いに見えます。本当にバカデカイです。

f:id:bmwtatsu:20161001233739p:image

②CD・DVDの割引

ハピタス堂書店より確実に安いです。が、よくJoshinなんかはAmazonより安く販売したりしています。

③中古品の扱い

Amazonでは、中古品本や中古CDの扱い数もめちゃくちゃ多いです。すでに街中では見つけること不可能な本やCDも簡単に見つかって格安なのが嬉しいですよな。ハピタス堂書店には中古はないです。

④なんでも売ってるし、安い。

本当に売ってないものないいじゃないかってくらい何でも売ってますよね。一度、倉庫を見学したいです。

そして安いです。子供の誕生日プレゼントを買いました。トイザらスで4642円だったやつが、Amazonは下記です。安い。

⑤Amazonプライム 

みなさん加入してますかね?これスゴイですよね。上記の子供の誕生日プレゼントを誕生日当日にAmazonで購入したら3時間後に家に届きました。強烈なスピードでした。少しAmazonプライムの凄さをまとめます。

Amazonプライム会員のメリット

Amazonプライムを利用している人も多いと思いますが、まだ利用したことのない人も多いでしょう。これめちゃくちゃ強烈です。コストパフォーマンスが良すぎます。Amazonプライムのことだけで記事にしようと思ったくらいです。

少し???Amazonプライムの凄さを紹介します。

①そもそもAmazonプライムって何?

Amazonの有料会員です。登録しておくと、今から書くような半端ないメリットを受けれます。そして、メリットがどんどん増えていってるんですよねー。

②年会費は3900円

年3900円です。月3900円ではないです。

月額にすると325円です(ただし、月額払いにはできません。年払いです。)

おいおい。そんな金のかかるもんに登録する気なんかないよ。という人多いでしょうね。でも、最後まで読んで下さい。メリット知らずに、登録してない人は大損です。

ちなみに、他国のAmazonではプライム会員は年会費1万円ほどらしいです。日本は、先ほど書いたJoshinとかヨドバシとかライバルとの価格競争のおかげで3900円と破格の安さなんです。

yahooプレミアムとかニコニコ動画プレミアムの方が月額料金高いですからね。圧倒的にAmazonプライムの方がメリットが大きいと個人的に思いますが、、、。

③プライムビデオで映画・ドラマ見放題

プライム会員になると、2000本以上の映画・ドラマが見放題です。

f:id:bmwtatsu:20161003072306p:image

こんなやつ全部。

しかもダウンロードできる。飛行機に持ち込んで、好きなだけ映画見放題も可能ってことです。個人的に嬉しいのは先月から「007」の配信が始まったところですね。最新作の「SPECTRE」買おうかなーとか思ってたところなんですよね。

同様のサービスを提供してるHulu、Netflix、U-NEXTは月額700〜2000円ほどです。すでにAmazonプライム最強。月額325円。

プライムビデオのリンクはこちら
④プライムミュージック・ラジオで音楽聴き放題

100万曲以上の楽曲が聴き放題。

f:id:bmwtatsu:20161003072727p:image

これもダウンロードできる。ネット接続なしで聞けてしまうってことです。

もう、CDを買うって行動は世の中から徐々に消えてしまうでしょうね。好きなアーティストのCDをコレクションとして持つって感じに収束しそうです。日本はまだCD販売が多いみたいですが、どんどんAmazonプライムのようなものに代わっていくでしょうねー。

ちなみに、日本の楽曲はまだ多くないです。洋楽の方が多いです。おそらく日本の音楽はCDで売る、CDで買うという文化の影響でしょう。時間の問題で改善されると思います。

CDシングル1000円、Amazonプライム月額325円。Amazonプライム最強。

そして以外と使えるのがプライムラジオ。

f:id:bmwtatsu:20161003080117p:image

こんな感じで、年代やジャンル、シーンごとの音楽を流しっぱなしにできるですよねーー。お洒落な感じです。

プライムミュージックのリンクはこちら

⑤プライムフォトで写真を容量無制限保存

自分にはこれ最高です。自分の携帯は、すぐに写真とかでストレージ埋まってしまうんですよ。iCloudの容量追加って、200GBで月額400円です。Amazonプライム最強。

⑥Kindle、Fireタブレットが4000円引き

何言ってんの?って感じです。Amazonプライムに加入してから買った方がお得ってことです。年会費3900円で、4000円引きって。

Kindle(モデルによって値段違います。8980円〜。そこから4000円引き。)

Fireタブレット(モデルによって値段違います。8980円〜。そこから4000円引き。)

どちらも購入するなら、プライム会員に登録してからにしましょうね。

あっ、そうそう。Kindle本も月に一冊無料で読めてしまうサービスもついてます。この時点で350円超えますね。Amazonプライム最強。

⑦Amazonファミリーで買い物がお得

子供がいると、Amazonファミリー会員というものになれます。

オムツ、おしりふきが15%オフで購入できます。我が家にも、2歳と0歳の子供がいるのですが、オムツ代金とおしりふき代金って、それだけで2000円くらいしませんか?15%オフなら、300円オフです。Amazonプライム月額325円ですよ。

そして、Amazonファミリーに加入して、辞めるときには3900円のクーポンがもらえます。年会費3900円なのに、、、。

そして定期的にキャンペーンが開催。

f:id:bmwtatsu:20161003080920p:image今はこれ。

f:id:bmwtatsu:20161003080936p:image

どーーーん。何でも20%引きです。

もう、子供のいる人が加入しない理由ないです。Amazonプライム。すごいわ。

⑧Amazonパントリーで日常品を購入

まだ自分で十分に使いきれていないの「Amazonパントリー」です。ここはAmazonの中にある特殊なスーパーだと思って下さい。

Amazonプライム会員のみが利用できるスーパーなんですが、送料が有料になります。1回290円で、段ボール箱1箱(56×28×36cm)が埋まるまで買えます。

メリットは、通常のAmazonでの購入よりさらに安いこと。あと、単品で購入できることです。Amazonで買うと、ペットボトル飲料とかって6本まとめ売りとかだったりしますが、パントリーでは単品で買えます。

ダンボール一箱分がどれくらいなのかは、商品見るとわかります。

f:id:bmwtatsu:20161003214121p:image

例えば、このシャンプー。一番下に「ボックス使用率4%って書いてますよね?商品ごとに%が明記されていて、合計100%になるまでは一箱で送ってもらえます。そこまでは、送料290円ってことです。

まだ、パントリーは個人的には十分に利用できていないのですが、あのAmazonが力を入れている分野です。間違いなく伸びるところなんでしょう。 

⑨送料無料

ついに、2016/4からAmazonの送料が有料になったんですよね、、、。

今でも書籍は送料無料ですが、対象商品の合計額が2000円未満だと送料350円かかります。Amazonプライム会員は、それが、無料。月額325円で。月に一回の買い物で元が取れます。

⑩お急ぎ便、お届け日時指定便も無料

お急ぎ便 360円

当日お急ぎ便 514円

お届け日時指定便 360円

これが無料です。Amazonプライム月額325円ですよ。

当日お急ぎ便は、まじでエグいです。注文してから3時間で届くって。しかも、商品の値段も安かったし。1時間で届くところもあるらしいですからね。

⑪初月無料

30日間無料ですよAmazonプライム。一回使ってみましょう。便利すぎます。

ちなみに、無料期間終了後にAmazonプライム会員しても、また30日間無料と画面に表示されたら、再度無料期間を利用できます。どうすれば再度表示されるのか不明です。

⑫解約し忘れても、返金制度あり

一番すごいのはここかも。

クレジットカードとかで経験ないですか?解約し忘れて、年会費取られること。あれクレジットカード会社には貴重な収入源なんです。解約忘れ。「うわー、無料期間終了しちゃってるよ」ってやつ。

が、Amazonさんは、プライム会員の解約をし忘れた場合、Amazonに連絡するとちゃんと過去に遡って返金してくれます。王者の風格が漂いますね。

自分も、昔一度経験したことあるんですよねー。本当にAmazonが神に見えました。

「すみません。登録解除忘れてました・・・。」って伝えればOKです。

⑬登録方法

簡単です。

Amazonプライムをクリック。

→「Amazonプライムに登録する」をクリック。 

⑭解約方法

解約方法を知りたいってニーズは確実にあるので、書いておきます。自分も一回解約したことありますし、とりあえず無料期間は利用してみるわって人もいると思うので。

1.トップページのアカウントサービスをクリック

f:id:bmwtatsu:20161003155416p:image

2.Amazonプライム会員情報をクリック

f:id:bmwtatsu:20161003155500p:image

3.会員資格を終了するをクリック

f:id:bmwtatsu:20161003155539p:image

4.一番右にある、会員資格を終了をクリック

f:id:bmwtatsu:20161003155624p:image

簡単です。

⑮陸マイラー等のポイントサイト利用者にはAmazonギフト券もある

ポイントサイト利用者は、ポイントを何に交換してますかね???陸マイラーの人々はソラチカルートでマイルに交換している人が多いですよね。

現金派の人々は、現金ですか?Amazonギフト券ですか?

Amazonギフト券は割引で手に入れることができることが多いです。例えば、ハピタスでは500ポイント=500円で銀行振り込みできますが、490ポイント=500円でAmazonギフト券に交換できます。2%お得なんですよね。だいたいどこのポイントサイトもAmazonギフト券の割引交換やってますので、実は有効です。

 

Amazonプライムの15個の特典を紹介。30日無料で利用のチャンス。

そんな感じで、Amazonプライムの紹介しました。

Amazonプライムの登録は下記リンクよりどうぞ。30日間無料で利用できます。これは最強です。Amazonプライム。30日間いい思いしてみて下さい。

 

では、みなさん、ハピタス堂書店とAmazonをうまく使い分けましょう。

何回も言いますが、Amazonプライムは最強だと実感しています。自分、有料会員系はあまり加入しないようにしているケチくさいタイプなんですが、これは加入してます。

また、Amazonプライムに関する、もっと細かい情報を記事にするかもしれません。

 

■関連記事

www.sukesuke-mile-kojiki.net