読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

【SFC修行 2017】2017年3回目の沖縄。花形のOKAタッチを経験。

SFC修行

SFC修行の花形?苦行?のOKAタッチ2日連続

f:id:bmwtatsu:20170225224539p:image

1回目:家族を連れて二泊三日の旅行を兼ねて(伊丹ITM-那覇OKA-関空KIX)

2回目:1人でOKAタッチ(関空KIX-那覇OKA-羽田HND)

3回目:2日連続の1人でOKAタッチ(羽田HND-那覇OKA-関空KIX)

と2017年は、すでに那覇空港に3度行きました。

1回は嫁と子供を2人を連れたSFC修行を兼ねた旅行。

2回は空港の外に一度も出ない完全なSFC修行です。修行の花形であり、苦行でもあるタッチ修行と呼ばれるものです。

 

SFCについては下記参照下さい。半永久的に所有できるANAの上級会員です。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

 

〇〇〇タッチとは?

SFC修行においてよく使われる言葉です。

〇〇〇のところには、空港のレターコードと呼ばれる3桁のアルファベットが入ります。羽田ならHND、伊丹ならITM、那覇ならOKAというやつですね。

タッチとは、特に目的もなくその空港に行き、そのまま引き返すという「空港に触れるだけ」のことを言います。

OKAタッチと言うのは、那覇空港に行ってそのまま折り返すというやつですね。

強者は海外版のタッチも行います。SYDタッチと言う、シドニーに行って、そのまますぐに帰るというような強烈なタッチもあります。せっかくだから、数日旅行として楽しむこともなく、そのまま帰国して来るようです。

メリットは時間効率がいいという一点に尽きます。すぐに帰れるので、短時間でPPを稼げるんですね。

ただ、デメリットもあります。せっかく行ったのに遊ばないのはもったいない。そして、けっこう疲れる。これが自分がOKAタッチをした感想です笑。

タッチ修行がSFC修行の花形であり、苦行である所以ですね。

 

出発空港に到着して、ANAラウンジに行き、飛行機に乗り、機内食をとり、また空港で折り返しという流れに沿って時系列的に、今後OKAタッチ修行をする方向けに自分の経験談的な感想を。なお、自分の搭乗は全てプレミアムクラスです。

 

ANAラウンジの利用。

f:id:bmwtatsu:20170226215420p:image

羽田、伊丹、関空、那覇の4箇所のANAラウンジに行きました。

基本的に利用は全て週末です。週末となると、ビジネスマンがいない影響なのか羽田と伊丹のANAラウンジは、元々広いということもありますが、のんびり過ごすことが可能です。

関空のANAラウンジはそこまで広くありませんが、ANA国内線の便数がそれほど多くないこともあり空いています。

問題は週末の那覇空港のANAラウンジ。2日連続で那覇のANAラウンジに入りましたが、大混雑。ラウンジも狭いんですよね、、、。空席確保困難で、トイレだけ利用して出て撤収。待ち時間をラウンジで過ごそうと予定していると予定が狂うことがあると思われます。

那覇空港でのラウンジの利用は、カードラウンジ「華」の方がいいかもしれません。ただし、カードラウンジは、手荷物検査場の外にあるので、一旦出ないと利用できません。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

機内での過ごし方。

自分が、機内で最もほしいサービスがwifiです。インターネットにさえ繋がれば、時間潰しはいくらでも可能です。

ANAの機材には、

f:id:bmwtatsu:20170225225147p:image

このマークが機内についていれば、wifiが利用できます。

現状、ついている機材とついていない機材が混在しています。USBコンセントもついている機材とついていない機材が混在しています。

 

wifiは基本的に有料です。

プランは40分プランと、フルフライトプランの2種類が用意されており、支払い方法はクレジットカード払い(現金不可)かANAマイルでの支払いのどちらになります。

料金プラン利用時間クレカ必要マイル
ANA Wi-Fi 40分プラン 40分 550円 550マイル
ANA Wi-Fi フルフライトプラン 離陸の約5分後から着陸の約5分前まで 1050円 1050マイル

が、このwifiが残念なくらいに繋がらないんですよ。

f:id:bmwtatsu:20170226214205p:image

離陸してから、着陸するまでずっとこの画面笑。一切使えませんでした。本当に残念です。

 

wifiは繋がりませんが、スマホを利用してドラマや映画等の動画を見るSKY LIVE TVは快適に見ることができますので、そちらで時間潰しはできます。

 

国内線の機内wifiは、JALの方に間違いなく軍配が上がります。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

他、プレミアムクラスでは新聞は各種類用意されています。時間潰しのために、動画をダウンロードしたタブレットや本を持ち込んでいる人が多いです。

 

プレミアムクラス機内食。

これ、タッチ修行する人は要注意です。ひたらす飯を食べることになるため、気持ち悪くなります笑。

15時発の那覇行きの便で食事を取り、18時発の羽田行きの便でも食事が出るわけですよ。

 

出る食事は時間帯により異なります。

f:id:bmwtatsu:20170226215040p:image

「GOZEN」というのが、朝食、昼食、夕食です。

f:id:bmwtatsu:20170226215438p:image

「SABO」というのが、軽食です。一箱がサンドイッチとサラダのセット、もう一箱がお菓子のセットです。

f:id:bmwtatsu:20170226215549p:image

この他にもプレミアムクラスではスープが2.3種類用意されており、これがなかなか美味しいです。いつもプレミアムクラスに搭乗する際の密かな楽しみです。

 

自分の場合は、1日目は16時頃に下のSABOを食べて、19時頃に上のGOZENを食べたわけですよ。せっかくのプレミアムクラスの食事だし、食べないという選択肢は自分の中でなかったので、食べましたよ。けっこう美味しいんですよね。

沖縄路線限定のデザートですと言われて、アイスクリームまで出されて、、。

そして、東京に着いてから友人と焼肉へ、、、久々の東京だし、贅沢にいいもの食べたかったので、、これもスキップできないし、、、。

おかげで気分が悪くなりました・・・・。

翌日も学ぶことなく、SABOをたべて、GOZENを食べる。ちょっと気持ち悪い。

 

ちなみに、SABOのお菓子の方の箱は持ち帰る人が非常に多いです。自分もこっちの箱は持ち帰りましたが、それでも食べ過ぎた感があります。タッチ修行の方は持ち帰りオススメです。

f:id:bmwtatsu:20170227000038p:image

 

タッチ修行をする人は、とにかく機内で食べさせられます。

ラウンジや、空港内では食事を取らないことを個人的にオススメします。

機内食に集中しましょう。

もちろん、機内食を食べないという選択肢もありますが、自分はそんなに大人ではありませんでした・・・。

 

那覇空港での折り返し。

OKAタッチでの、折り返しには2パターンあります。

・同一機材で、出発地に折り返し

・別機材で、別の目的地へ

別の目的地とは、伊丹-那覇-新千歳のような感じでのOKAタッチのタイプです。

同一機材の場合は、乗り遅れの心配がありません。到着が遅れたら、出発も遅れるので、安心して帰ることができます。

が、別の目的地に行く場合は、割とドキドキします。乗り換え時間あるのかな??という感じで。

今回、自分はKIX-OKA-HND、HND-OKA-KIXと別の目的地への乗り換えのOKAタッチを2日連続で行いましたが、

f:id:bmwtatsu:20170226220849p:image

f:id:bmwtatsu:20170226220852p:image

乗り換え時間は45分。少し便が遅れたりするとドキドキを味わうことになります。

自分は、それも含めて楽しんでるので万が一乗り遅れても気にしないので全然いいのですが、気になる人は気にするポイントだと思います。最低でも30分は空けておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

 

6レグでのPP単価は11.2円。トータル14708PP。

f:id:bmwtatsu:20170226221357p:image

現在、14708PPになりました。

ちなみに所有マイルは187935ANAマイル。妻と合わせたファミリーマイルとしては40万マイル強所有しています。

実は、すでに5万PPまでの便はほぼ確保しており、これ以上マイルが減る予定はありません。マイルを使わない家族旅行のビジネスクラス特典航空券も予約済なので、今年はもうマイルがそんなに減らないと思います。

ANAマイルを貯めて家族全員分のビジネスクラス特典航空券を発券しました。 - すけすけのマイル乞食

そんなにマイル持っててどうすんの??という状況になっており、使い道を考えないといけません。ちょっと贅沢な状況です。

 

さて、現在までのSFC修行経過ですが、

 利用日便名区間座種PP価格
1 1月7日 NH765 ITM-OKA プレミアム株主優待割引 2247 26200
2 1月9日 NH1734 OKA-KIX プレミアム株主優待割引 2247 26200
3 2月25日 NH1737 KIX-OKA プレミアム株主優待割引 2247 26200
4 2月25日 NH474 OKA-HND プレミアム株主優待割引 2860 30190
5 2月26日 NH475 HND-OKA プレミアム株主優待割引 2860 30190
6 2月26日 NH1738 OKA-KIX プレミアム株主優待割引 2247 26200
          14708 165180

となっています。

PP単価は11.23円。

ただし、株主優待券を取得するのに14000円支払いをしているので、それも含めるとPP単価は12.18円。

もう少しPP単価を低くするには、プレミアム旅割28を予約したいところですが、とにかく取れません、、。

 

PP単価の基本は下記参照。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

自分の場合は、大量にマイルを持っている状況からSFC修行をスタートして、マイル→スカイコインに代えて利用しています。なので、財布からお金は出ていません。

そして、マイルは使い切るのが難しいくらいになりつつあるので、単価が実はあまり気にならなくなっています、、、。いいのか、悪いのか、、、。

 

次は、3月に国際線の予約が入っているので楽しんできます!!もうタッチ修行みたいな、ザ修行はしないと思います笑。SFC修行ではなく、SFC修行を兼ねた旅行をメインにしながら、解脱したいと思ってます。