すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

スポンサーリンク

【2017 SFC修行開始】プレミアム旅割28が取れない。

2017/1/7 SFC修行開始。家族を連れて沖縄へ。新たな問題点も出現。

f:id:bmwtatsu:20170106183657p:image

現在、伊丹空港におります。

本日より、いよいよSFC修行の開始です。

しかも、実はブログを書き始めてから初のANA搭乗です笑。散々ANAマイル貯まりますよ、ANAマイル使って飛行機乗りましょうというブログを書いておきながら申し訳ありません。半年以上ANAに搭乗していませんでした。

今年は、SFC修行も含めてそれなりに搭乗の予定です。予約している便が国内線7レグ、国際線4レグあります。また、そのあたりも記事にします。

さて、SFC修行の第一便は家族を連れての旅行を兼ねた修行です。はい、お金・マイルはかかります。もうここは妥協しないとSFCが取得できないので仕方ないです。

 

家族でのSFC修行を兼ねた旅行に行くとどれくらいの費用・マイルが必要?

我が家のスペックです

自分:ANAマイルを年間30万マイル貯めている、割と飛行機は乗りなれている。

妻:ANAマイルを年間30万マイル貯めている。飛行機は割と怖い。

長男:2歳児。かなりお調子者。今回で飛行機は人生10レグ。ANAとJALの区別はつく。VISAとAMEXの区別もつく。ハピタスとYahooも区別がつく。

次男:0歳児。すぐに泣く。笑顔もよく出る。今回で飛行機は人生4レグ。最近、ハイハイを開始。飛行機で大人しくできるのか不安。

こんな4人で家族旅行で沖縄に行きます。

乳幼児を連れて飛行機に乗る際は下記のことに注意してください。

乳幼児を連れて飛行機に搭乗する際の注意点。 - すけすけのマイル乞食

 

まず、自分の今回の航空券ですが

区間 運賃種別 運賃 PP PP単価
伊丹那覇 プレミアム株主優待 26200 2247 11.66
那覇関空 プレミアム株主優待 26200 2247 11.66

このような状況です。

今回はプレミアム株主優待割引運賃での搭乗です。PP単価は11円台とやや高いですが、まあ妥協の範囲内です。上記の他に1枚3500円で購入した株主優待券を2枚オークションで購入したものを利用していますので、プラス7000円です。

株主優待券をオークションで探される方は4000円以下で見つかると思います。3500円はけっこう安い方です。

なお、費用はマイル→スカイコインで確保しています。1マイル=1.6スカイコインなので、32750マイルをスカイコインにすると、往復の52400円分のスカイコインになります。つまり、今回の航空券は32750マイルを利用して確保したものです。

ANA SKY コインの有効性・価値・使い方。マイルは特典航空券にするのが得なのか。 - すけすけのマイル乞食

 

PP単価を下げるには、プレミアム株主優待割引運賃よりプレミアム旅割28を利用すべきです。取得PPは同じなのに、運賃が安いので。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

ところが新たな問題が発生しています。後述しますが、プレミアム旅割28が全然取れません。SFC修行僧が増えている影響でしょうか。とにかく取れません。自分のように3連休を狙うと、本当に取れません。

 

家族分の航空券ですが、0歳児は自分がダッコして搭乗です。座席なし。

妻と2歳児の分は特典航空券で確保しています。3連休なので、特典航空券は激戦区です。下記の裏技を使って、どうにか確保しています。 

www.sukesuke-mile-kojiki.net

ローシーズンなので、片道6000マイル。2名分の往復で24000マイルです。

自分のプレミアムクラスに利用したマイルが32750なので、合わせて56750マイルの利用で家族4人の航空券を確保しました(1席はプレミアムクラス、2席は普通席)。 

年間ファミリーマイルとして60万ANAマイルを確保しているからこそできる贅沢な使い方だと思います。「マイル様ありがとうございます」の一言につきます。

ANAマイルの貯め方は下記参照ください。

www.sukesuke-mile-kojiki.net 

プレミアム旅割28の予約が取れない。その時の対処法。

さて、先ほど少し書きましたが、SFC修行のため航空券を国内線7レグ予約しています。

が、なんと7レグすべてプレミアム旅割28を取ることができませんでした。全滅です。もともとプレミアム旅割28は割り当ての座席数が少ない上に、明らかにSFC修行僧が増えている影響なのかなと感じます。

よく知れた裏技「プレミアム旅割28を2ヶ月と14日前に確保する方法」を利用しましたが無理でした。知らない方は下記参照してご利用ください。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

さて、2017年に修行をする方はプレミアム旅割28が取れないことを考慮する必要があると思います。プレミアム旅割28が取れない時の対処法を整理しておきます。 

①少しお金はかかってもいい。修行時間を短くしたいタイプ。「プレミアム株主優待割引運賃」を利用

飛行回数を少なく、修行解脱までの時間を短くしようとすると一回に大量のPPの獲得が必要になります。となると、プレミアムクラスは外せません。そこで有効になるのが、プレミアム株主優待割引運賃です。こちらは予約が取りやすいです。PP単価はやや上がってしまいますが、チケットのキャンセル・日程変更もできるという大きなメリットもあります。

②修行時間はかかってもいい。お金を安くしたいタイプ。「旅割75」

PP単価を低く抑える、かつ取りやすいチケットで言うと普通席の旅割75があります。総額を安くするためにはプレミアム株主優待割引よりも、旅割75の方が有効になることが多いです。総額が安くなる他にも、時間はかかるけど多くの場所に行けるということはメリットにもなりえます。せっかくの修行を利用して、日本中のいろいろなところに遊び行けてしまいます。

③日程の融通がきく人。「プレミアム旅割28」

プレミアム旅割28は自分の場合場合取れなかったですが、これは3連休や週末の人気便を予約しようとしているからです。

まず、日程を平日等にズラせる人はプレミアム旅割28を確保できる確率は格段に上がります。

また、修行僧の多くは1月から動き出します。修行僧が解脱する年末に向かい基本的にはプレミアム旅割28が取りやすくなる傾向にあると思います。なので、時期を後ろにズラすというのも一つの案かもしれません。ただし、この案がうまくいくのかどうかは不明です。明らかに陸マイラーは増えています。SFC修行僧も増えています。2017年はもっと増えるかもしれません。後半になる程、修行僧の人数は増えるかもしれません。なので、後ろにズラせばプレミアム旅割28が確保しやすくなる保証はありません。

④そもそも「SFC」は必要なのか。 

最後に、原点に戻って話をします。

「スーパーフライヤーズカード(SFC)」は必要ですかね?

通常のANA VISA ワイドゴールドカードよりも年会費が1000円上がります。家族カードも3500円上がります。合わせて4500円上がります。今後30年カードを持つと仮定すると支払い額が135000増えることになります。SFC修行そのものにも、50万円程度の出費はあります。トータルで、60万円強の出費です。

それに対するリターンは何でしょうか。

自分の場合は、家族4人分の特典航空券を取りやすくすることです。ANA平会員の現状では、国際線特典航空券ビジネスクラスを4席確保することはできません。4席確保するには、どうしてもANAの上級会員になる必要があります。が、SFC修行僧が増えて、SFCホルダーが増えてしまうと、そこでまた特典航空券の取り合いになったりしないでしょうか。要は、SFCホルダーになったところで、特典航空券を取れる保証なんかないってことです。

そして、今後も半永久的に今の制度が継続される保証はありません。SFCの制度も継続される保証はないですし、マイルも今より貯めにくいルールになる可能性も十分にあります。

そして、現制度ではSFCを取得しなくても、マイルをスカイコインに交換すれば国際線ビジネスクラスは容易に予約できます。もちろん、マイルで特典航空券を取るよりも必要マイルは増えます。

が、人生通して考えると、「特典航空券が取れない時だけマイルをスカイコインに交換して航空券を取る」という方法が実は一番金銭的にお得で、航空券も確実に取れるという可能性だって十分にあります。

未来のことなんてわからないので、損得勘定は難しいのですが、実はSFC修行をしてもそんなにお得ではない可能性も十分にあるなと思っています。

 

以上のことを踏まえた上で、自分はSFC修行行います。

「スーパーフライヤーズカード」が欲しい!

それだけです。 

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

金銭的な面を除けば、持っていて得をすることはあっても損をすることはないです。

そして、修行そのものは何よりも人生の中での大きな思い出になります。こういう思い出に残るようなイベントなんて人生で数少なくと思います。そういうイベントは大切にして、「あー、そういえば30年前に飛行機ばっかり乗ってる時期あったなー。アホみたいなことしてたけど、楽しかったなー。」って思えたらオッケーです。そんな思い出が60万円程度で買えるなら安いもんです。その費用もマイルで補うわけですし。

 

ということで、今から沖縄に家族で行ってきまーす。

 

■関連記事

www.sukesuke-mile-kojiki.net

www.sukesuke-mile-kojiki.net