読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけすけのマイル乞食

ANAマイルを貯め、パスポート1冊目がスタンプで埋まった陸マイラー兼医師のブログ

医師の勤務体系 「夜勤」と「当直」の違い

ブラックな職業「医師」

さてさて、病院には24時間入院患者がいるので、医師や看護師など様々な職種の人々が24時間交代で勤務しています。どんな勤務体系なのか紹介します。

 

夜勤

看護師さんは、日勤と夜勤に別れてシフト制で働いています。9-17時の日勤業務の人と17-9時の夜勤業務の人というイメージでいいと思います。9-17時の人は、一般企業と同じですね。17-9時の人は16時間労働しているので、2日分の勤務になります。なので、 週40時間の業務は9-17時を5日間の人もいれば、9-17時を3日と17-9時を1日の人もいます。あくまで、週に労働時間が40時間になるようなシフト体制になっております。

 

当直

それに対して、医師の夜間勤務体系は当直とよばれるものになっていることが多いです。(病院や科によっては夜勤体制のところもあります。海外では夜勤体制が多かったりします。)

まず、医療法で入院患者のいる病院には24時間医師が勤務して緊急時等に対応することが義務付けられています。この法律は当然必要ですよね。入院患者がいるのですから。

さて、労働基準法における当直勤務として許可される業務は、「常態としてほとんど労働する必要がない業務のみであり、病室の定時巡回や少数の要注意患者の検脈、検温等の軽度または短時間の業務に限る。」となっています。つまり、何かあれば対応はする必要はあるが、基本的にはのんびり過ごせて、睡眠時間も確保できるものを当直と呼びます。

なので、当直は週40時間の勤務時間にはカウントされません。ここが夜勤との違いです。つまり、月曜日~金曜日は9-17時で勤務をした上で、水曜日は病院で当直というようなケースになるのです。この場合は火曜日の朝から水曜日の夕方まで病院に居続けることになります。ただし、水曜日の夜は当直なので基本的には寝ているだけです。

気楽なのです本来当直は・・・・。

問題はここからです。

医師の当直は、たしかに寝ているだけで朝まで過ごせる病院もあります。お年寄りの方を看取ることを専門とした病院などは、夜間に救急車が来るわけでもないので、当直と呼べると思います。医師も休めます。次に日に、通常の業務をすることも問題ないでしょう。

しかし、救急車の受け入れをしているある程度大きな病院になると、当直は名ばかりです。夜間はひたすら救急車の受け入れの電話がかかってきます。患者は永遠と来ます。何人もの患者を診て、朝が来ます。

そして、朝から通常業務がまた始まります。外来があります。手術があります。

これってものすごく危ないことです。みなさんは、自分が癌の手術を受けるときに、執刀医が前日寝ていないことを知ったらどう思いますか????しっかりと寝て、手術に万全の態勢で臨んでほしですよね????

現状、医師の当直は「当直」ではなく、「夜勤」と呼ぶことがふさわしいのです。「夜勤」であれば、週の労働40時間にカウントされるので他の日に休めることになります。ただ、今の日本に制度で、医師の「当直」を「夜勤」と認めてしまうと医療の世界が回らなくなります。なので、かなりブラックな面がありますが、「当直」という形式で黙認されています。その負担は、現状ではすべて医師が受け入れています。

 

ちなみに、下記は自分の今後9日間のスケジュールです。

たまたま、ハードな週ですがブラックすぎる日程ですね笑

まあ、今週の月曜と水曜の当直は、「当直」です。ゆっくりできるものなので、そこまでハードではないですけどね。ただし、祝日の月曜日は完全に「24時間勤務」です。本来なら3日分の勤務なので火、水、木と代休があるべきな気がしますが・・・・実情は火曜日は24時間勤務後に、そのまま通常業務です。

うちには生後1か月のガキンチョいる!!!帰らせてくれ!!!

 

   月(祝)

9-17

日勤

日勤

日勤

日勤

日勤

 

勉強会

当直

日勤

17-9

当直

 

当直

       

当直